四阿(あずまや)雑記帳

四阿(あずまや)にて、ひねもす愛づるものに囲まるる泡沫(うたかた)の日々

イギリスのイラストレーター

2011-01-29 | たまにはUKおたく

19世紀後半~20世紀初頭は著名なイラストレーターが大勢輩出された時代です。
印刷技術が飛躍的に発達し、書籍が大量に流通するようになったという時代背景あってのことですが。

心惹かれるイラストレーターにはなぜかイギリス出身者が圧倒的。
一番のごひいきはアーサー・ラッカム。
でも人に話すと「それだれ?」と言われてしまいます。
素敵な絵を描く人なんですけどね。

自分の趣味にこだわってないで、知名度の高いイラストレーターを紹介しましょう。
まずはピアトリクス・ポター
ご存知ピーター・ラビットの作者です。

シシリー・メアリー・バーカー
名前は知らなくても、花の妖精の絵を見たことのある人は多いでしょう。

何だか少女趣味?
いえいえ。
イラストにも、
ほのぼの系、グロ系、リアル系、いろいろあります。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
« 冬は漬物 | トップ | 恵方巻き作ってみたけど »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (coral)
2011-01-29 13:12:25
ピーター・ラビットの絵なんかを単純なもを
トレースして先ずペンツールを使えるよう慣れれば
良いですね、そして色を付ける勉強をしていけば
面白いのでは?

コメントを投稿

たまにはUKおたく」カテゴリの最新記事