新しいフォルダー

蘭メインの園芸ブログ

Potinara.Free Spirit 'Tina'

2018-04-08 18:36:08 | Cattleya Alliance
Potinara.Free Spirit 'Tina'
ポチナラ フリー スピリット 'ティナ'
(Pot.Twentyfour Carat×Sc.Beaufort)
近所のホームセンターより購入。
バルブの高さ11cm、葉の長さ18cm、花茎5cm、花径80mm、8cmドイツ鉢、バークS粒植え。

以前紹介した、スイート シュガーと同様、片親がビューフォートの、黄色のミディカトレアです。

片親が同じだけあって、性質や開花特性などはスイートシュガーとほぼ同様です。

異なるのは花色で、どちらも黄花ですが、
スイートシュガーがリップ全体が赤くなる個体が多いのに対し、
このフリースピリットはリップを含む花全体が黄色1色、
もくはリップの1部に赤が入るくらいで、より黄色みが強く出ています。


↓以下、スイート シュガーのコピーです
(手抜きですが、中身はほとんど変わらないので…、)

片親のビューフォートは黄色のミニカトレアで、
交配親として実績もあり大変素晴らしい花なのですが、
根が弱く育てづらい、輪数が付かない(せいぜい1花茎に2輪止まり)、
花立ちがあまり良くない、等の欠点もあります。

その点、このフリースピリットは交配によって育てやすさ等、すべて改良され、
大量に増やされてホームセンターなどでもよく見かけます。

栽培は普通のミニカトレアに準じればよく栽培容易です。
ビューフォートの子供らしく、水が好きで、寒さにも強いです。
新芽が完成すると開花をする不定期咲きですが、1番よく咲くのは冬~春にかけてです。





Laeliocattleya.Mini Purple  

2018-02-12 17:59:36 | Cattleya Alliance
Laeliocattleya.Mini Purple  
レリオカトレア ミニパープル 
(C.walkeriana var.semi alba 'Sancha'×L.pumila var.alba 'Ojiro' BM/JOGA)
平成11年10月、根岸園芸より購入。
バルブの高さ5cm、葉の長さ10cm、花茎3cm、花径90mm、13.5cm素焼鉢、ミズゴケ植え。

ミニカトレアで有名な種類です。

購入したのは根岸園芸でしたが、白州洋蘭園のラベルも刺さっていたので、白州さんの交配かも知れません。

セミアルバの花を期待して未開花株を購入したのですが、
なかなかそうはならずピンクの花が咲きました。

ミニパープルは通常、濃赤紫の花が咲くので、これはこれでいいかもと気にいっています。

ですが最近気づいたのですが、この花は同じミニパープルの'Spring Time'にそっくり
…というより同一個体にも見えます。
ひょっとするとどこかで入れ違ったのかもしれません。

株は小柄で矮性ですが、花は大きく見応え充分です。

性質は強健で、栽培容易。

新芽が完成すると開花をする不定期咲きで、夏冬を問わず1年中生育するため
年に3回位開花をします。

よい香りもします。





Potinara.((Bc.Pink Debutante×Blc.Golden Delicious) ×Pot. Free Spirit 'Lea')

2018-01-01 22:23:56 | Cattleya Alliance
Potinara.((Bc.Pink Debutante×Blc.Golden Delicious) ×Pot. Free Spirit 'Lea')
ポチナラ ((ブラソカトレア ピンク デビュタント ×ブラソレリオカトレア ゴールデン デリシャス)
×ポチナラ フりー スピリット'レア')
近所のホームセンターより購入。
バルブの高さ15cm、葉の長さ18cm、花茎3cm、花径95mm、15cmドイツ鉢、バークL粒植え。

サーモンピンクのミディカトレアです。

あまり見かけない色彩なので、珍しさに惹かれて購入しました。

性質は強健で、Beaufortの系統らしく水が好きです。

バルブが完成すると開花する不定期咲きで、年3回位開花をします。

ちなみに母株のPink Debutante×Golden Deliciousという交配は
Prince of Orientという名前で‘Nana’という個体が
メリクロンをされて出回っていますが、
残念なことにRHSには登録されていないようです。





Sophrocattleya.Beaufort 'Elmwood' Lune Roussa BM/JOGA

2017-12-03 23:37:21 | Cattleya Alliance
Sophrocattleya.Beaufort 'Elmwood' Lune Roussa BM/JOGA
ソフロカトレア ビューフォート 'エルムウッド' ルナ ロッサ BM/JOGA
(Soph.coccinea×C.luteola)
根岸園芸より購入。
バルブの高さ6cm、葉の長さ10cm、花茎5cm、花径45mm、10cmドイツ鉢、鹿沼土+日向土小粒植え。

黄色のミニカトレアで有名なBeaufort 'Elmwood'の変異個体です。

購入時のラベルは、Beaufort 'Luna Roussa' と書いてありましたが、、
この個体の出所(?)である堂ヶ島洋らんセンターのカタログに倣い、この表記にしました。
ご了承ください。

検索してみると'Lune Roussa'、'Luna Rousse'、'Luna Roussa'等でもヒットをします。
同じ個体だと思うのですが、どれが正しいのでしょうか…
種名と違い個体名は登録されていないので、どれが正しいのかは不明です。

株や花のサイズはエルムウッド変わらないのですが、4倍体系らしく、花や葉、バルブも丸く
株を見ただけでもエルムウッドとの区別は容易です。

コクシネアの子供らしく、水が好きで、寒さにも強いです。
新芽が完成すると開花をする不定期咲きですが、1番よく咲くのは冬~春にかけてです。

郊外の我が家ではさほど暑がる様子もないのですが、
最近の都心部はかなり暑いため、育ちにくくなっているようです。

片親のコクシネアに比べればかなり丈夫ですが、根が弱いのか、
ミズゴケではまともに育ってくれませんでした。
それを、鹿沼土+日向土に変えてからは良く育つようになりました。
またバークでもよく育ちます。

あまり花立ちはよくないようで、我が家ではポツポツとしか開花をしてくれません。

以前展示会で株が花で覆われる位たくさん開花したのを見かけましたが、
ああいう風になるように栽培技術を向上させたいものです…





Brassolaeliocattleya. Waikiki Gold 'Lea' HCC/AOS

2017-08-13 23:23:48 | Cattleya Alliance
Brassolaeliocattleya. Waikiki Gold 'Lea' HCC/AOS
ブラソレリオカトレア ワイキキ ゴールド 'レア' HCC/AOS
(Blc.Pink Surprise×C.forbesii
2015年8月、国際園芸より購入。
バルブの高さ20cm、葉の長さ11cm、花茎9cm、花径100mm、15cmプラ鉢、バークM粒植え。

純黄色の2枚葉系のカトレアで、スタンダードな系統としてはやや小柄です。
バルブや花もまっすぐに伸びてくれるので、支柱を立てずに済み、置き場所も取りません。

登録は1978年、この個体も30年以上前の本にも載っているので、
ずいぶん昔の品種ですが、いまでもときおり見かけます。

開花直後は赤みが強く出て黄色も薄いのですが、
次第に赤みは薄れ黄色が濃くなり純黄色の花になります。

春に新芽を伸ばし、夏に新芽が完成するとすぐに開花をします。

カトレアは開花は年に1度でも、新芽は複数回生長することが多いのですが、
この株は年に1度しか新芽を伸ばさず、1年の大半は外観の変化がありません。

性質は強健ですが、繁殖力は弱いようです。

花保ちは大変良く夏でも1カ月以上咲き、柑橘系のよい香りがします。




↓開花直後の花


↓開花後日数が経った花