岳時々鉄

山と鉄道をこよなく愛すオッサン。

帰りの足は、埼玉県民号(謎)。

2008-05-01 | 2008真冬の旅「夜行列車に乗って日本海

石打駅に戻ると既にホームに停車していた埼玉県民号もといシーハイル上越号。どうせ始発だし自由席も楽勝で座れるかと思い余裕でホームに上がってみたら長蛇でも無いものの列が出来ていたので少し焦りましたが、指定席完売だし冷静に人数数えて座れる事を確認してドアーが開くのを待ちました。

座席を確保してから使われている形跡の無い1番ホームに移動して撮影会開始。61041













考える事は皆同じ。写真では判りませんが、凡そ20名前後で寄って集って激写ちうでした。61042













新幹線が開通する以前の上越線ってこんな感じで特急「とき」が停車していただろう雰囲気。
私の頭の中では、181系>183系ですが・・・。61043













最後尾のクハには、シンボルマークが無かったので必然的に先頭車に写真撮る人が絶えず集まり、
発車間際に漸く撮れた1枚。車内では、録音まにやもいました。61044













石打を発車した時点で自由席の空席が6席程。お隣の越後湯沢では、ホームに沢山の人影。岩原スキー場前では、乗り切れずに後続の水上行き救済列車を選択せざる負えない盛況ぶりで、それもそのはず特急列車を使った快速列車で大宮まで楽ちんポンのお得な列車ですから。お陰で車内は暖房の熱気以上に暑苦しく終点の大宮まで乗る気が失せてしまい宮原で下車。日進まで寒空の下を歩きましたが寒さが心地良かった程でした。
西瓜をチャージちうの「彼」は、誰だっ♂    お終い。61045

コメント (2)

こちらも2連

2008-04-30 | 2008真冬の旅「夜行列車に乗って日本海

越後中里行きの115系が通過。改めて2連だったとは。クモハ115+クモハ114の強力編成。

MT54サウンド炸裂です。61038













後続の「はくたか13号」がやって来ました♪(謎)。61039













ケツ撃ち61040 。最後に何とか〆る事が出来ました。これにて撤収です。

コメント

HK100型爆走中!

2008-04-29 | 2008真冬の旅「夜行列車に乗って日本海

HK100型もやって来ました。2連の115系も走っているので違和感少ないです。

昔ながらの民宿が姿を消してペンション風民宿が目立つ様です。61035













引いて激写♪ でも単行でも良い位な乗車率でした。61036













ケツ撃ち。61037_2

コメント

予想外の積雪に唖然♂

2008-04-28 | 2008真冬の旅「夜行列車に乗って日本海

沿線で撮るつもりで越後湯沢を後にして石打方面に歩き出すも、商店・温泉街を過ぎた途端に足元が軽装では無謀な程の積雪である事が判明し歩行を断念。越後湯沢に戻り石打には電車で向う事にしました。

歩行断念した場所付近の道路脇から意地の1枚(爆)。61030













石打駅から越後湯沢寄りに歩いて15分位。足場を固めながらガード脇の築堤の上に這い上り場所決め。
積雪期の山登りの技術は、こんな時に役に立ちます(爆)。最初にやって来たのは、水上行きの115系。
吠えられるかと思いましたが、吠えずに通り過ぎました。これでも線路までの距離は凡そ3m残しています。61031













次にやって来たのが「はくたか14号」です。後方のゲレンデが石打丸山スキー場ですが人が少ないです。
老舗のスキー場と言う事もあって、昔はうんざりする程の人で(私も含め)溢れていましたが・・・。61032













連写♪61033













「はくたか14号」連写の最後のショット♪61034

コメント

次第に雪・・・。とうとう雪。

2008-04-27 | 2008真冬の旅「夜行列車に乗って日本海

十日町、六日町辺りまでは薄曇りだったので、上越線沿線で撮るのも楽勝かと思ったのも束の間。
越後湯沢に到着する頃には、雪が降り出して来ました。折角訪れたのでとりあえず駅撮りでもして・・・。

直ぐにやって来た「はくたか9号」61027













ズームを広角にしてケツ撃ち。61028













ホームの積雪は、凡そ40センチ。駅の看板の彼方に直江津から乗って来たHK100型が停車中。61029

コメント (2)