A-感想ブログ

アニメや漫画、特撮、ゲームなどの感想を気の向くままに書いています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

舞-乙HINE 第21話「白き姫、目覚めるとき」

2006年03月08日 | その他アニメ
え?21話って、いずれ実行されるであろうシズルとナツキの赤ちゃんプレイを妄想するための話じゃないんですか?
(※マシロが真の女王になるための話です)


難民の救出からミミの死亡を経て、マシロが女王としての自覚に目覚めて行くまでの流れは、相変わらず「うまいなぁ」と感じさせるものでした。
マシロ&アリカ復活で、さらに死んだと思われていたアオイも、どうやら一命をとりとめていたようですし(違う人だったらどうしよう)、今後は鬱展開が少しずつ晴れて行くのではないでしょうか。
ただ一つ不安要素があるとすれば、あの御方の存在ですね。
ついに次週、初登場なさるようです。
楽しみなような、恐ろしいような。
アリカのことですからおそらく大丈夫だとは思いますが、セルゲイとニナとの三角関係にモゴモゴしている間に、あの御方においしい所を喰われてしまう可能性もありますので、十分気をつけることをオススメします。


アンケートにご協力お願いします。

コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 綾辻行人・有栖川有栖からの... | トップ | 灼眼のシャナ 第21話「遠ざ... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
きっと予行練習 (フブキ)
2006-03-09 00:18:15
 トモエと赤ちゃんプレイに興じながら「ナツキはこうも簡単に(プレイに)乗ってくれへんやろうし、どう言いくるめたらええやろな~」とか考えていたに違いありません(笑)

 囚われライフを満喫している、そんな貴方が大好きです。

 お久しぶりですフブキです。こんばんは~。



 また綾菜さんの舞乙感想が読めて幸せですv

 マシロが真の女王となる流れは、本当に「うまい」の一言ですよね。一度徹底的に突き落とされたからこその盛り上がりがあって。某アスカ君にもこんな機会があれば…いやいやもう終った話です、ね……。この二つの作品が同じサン○イズ制作という事実を考えるとやたらと切なくなるのは何故でしょうか……。



 ひたすら心配していたアオイちゃんも、あれが別人でなければ(汗)チエちゃんに保護されているようですし、マシロ&アリカも復活してもうクライマックスにかけての展開が楽しみで仕方ありません。

 そしてどうやらあの御方がご登場の兆しですが、綾菜さんの仰るとおりある意味アリカの真のライバルは彼女だと思いますのでアリカには頑張って欲しいです。本当に、楽しみだけど恐ろしい。

 前作主人公の出現にこうも戦慄を覚えるなんて珍しいような気もします(笑)

 それでは失礼致しました。
お返事>フブキさん (綾菜)
2006-03-11 01:17:51
フブキさんこんばんわー!

先日はアンケートへのコメントありがとうございました。

「その他のアニメ感想」の票が多いので、こちらを強化しようかと考えているのですが、どうにも私は感想が冗長になりすぎるクセがあるため、それを打開する方法を現在模索しながら感想を書いています。

今回の絵付き簡易感想もその打開方法の一つなのですが、いかがでしたでしょうか?



>「ナツキはこうも簡単に(プレイに)乗ってくれへんやろうし、どう言いくるめたらええやろな~」



(笑)

ほんとですね、あのナツキをプレイに乗らせようと思ったら、何らかの策を講じる必要がありますね!

シズルお姉さまなら、きっと素敵な方法でナツキにおしゃぶりを吸わさせることができると信じております。



>一度徹底的に突き落とされたからこその盛り上がりがあって。



「落として浮かせる」という手法は、簡単なようで実は難しい展開の運びだと思います。

それを見事にやってのけた今作品は本当に素晴らしいですね!

・・・某アスカ君の場合は、突き落とされた挙句、上から砂を被せられてしまったため「浮ぶ」ことができなくなっていましたが。



>この二つの作品が同じサン○イズ制作という事実を考えるとやたらと切なくなる



アレもきっと、脚本を黒田さんや吉野さんに任せておけば(以下虚しくなるだけなので省略)



>前作主人公の出現にこうも戦慄を覚えるなんて珍しいような気もします(笑)



一昨年までは、「前作主人公」という属性にときめきすら感じていましたが、ある作品を境にその認識が変化してしまいました。

今では、「前作主人公」と聞くだけで、即座に「現主人公が危ない!!」と恐怖に慄くような体質になってしまい、まさにパブロフの犬状態です。(エサ→唾液=前作主人公→恐怖)

果たしてアリカは、無事主人公の座を守り抜くことができるのでしょうか?

コメントを投稿

その他アニメ」カテゴリの最新記事