A-感想ブログ

アニメや漫画、特撮、ゲームなどの感想を気の向くままに書いています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ガンダムSEED DESTINY PHASE-35「混沌の先に」その1

2005年06月18日 | 種デス
●夕方6時半に放送された話を、その日のうちに鑑賞することができる―――。
なんて素晴らしいコトなんでしょう!!!
約4ヶ月間、この日を待ち続けていました。
油断してまた感想が遅れてしまわないように、今週は早くアップしたいと思います。


ところで、前回うっかり書き忘れていましたが、追悼ブログを終了して再びデザインを変更しました。
中身がアレなので、せめてデザインだけでも可愛く爽やかにしてみようかと。
「外見に騙された!」と思われた方、すみません。


ではでは、35話感想、いってみましょう!



●アバンタイトル早々、普通にキラの生存が確認され拍子抜け。
「だってみんな、キラが生きてるってわかってたでしょ?」と制作者サイドが思ったのかどうかはわかりませんが、あえてキラの生死を濁さずにあっさりと判明させたことは、逆に意外性が感じられたので懸命な判断だった思います。

キラ&アークエンジェルについては、また後ほど・・・。



●サモンナイト エクステーゼのCMにうっかり気を取られていたら、Aパートが始まり、あれよあれよと言う間にシン・アスラン・レイの修羅場に突入。
ここは、おそらく鬼気迫る場面だったのでしょうか、なかなかの笑い所でもありました。
彼らの台詞に沿って感想を述べていきましょー。


シン「仇はとりましたよ。・・・アナタのもね」

暴言王たるもの、こうでなければ!!!
アスランが言われて一番カチンとくるであろう台詞を、よく理解していらっしゃる。
「不敵な笑み」のオプションもバッチリです。
人の神経を逆撫ですることにかけては、シンの右に出る者はいないのではないでしょうか。

この台詞の直後、突然、キラvs初代仮面さんの戦闘決着シーンが映ったことに驚きました。
おそらくレイの回想(?)だと思われます。
・・・どうやらレイにとっても、キラは仇だったらしい。


アスラン「キラは・・・お前を殺そうとはしていなかった!!いつだってあいつは、そんなこと・・・!!それをお前は!!!何が仇だ!!!!!」

アスラン以外はキラのことを良く知っている人間が皆無のはずのあの場所で、大声で堂々とキラへの想いをぶつけてくるアスランは「本物」だと思いました。
それでこそアスランだ。


シン「何ワケがわかんないこと言ってんです。やめてくださいよ」

前作とスーツCDを聞けば、どうしてアスランがこれほど激昂してるのかがよくわかるよ。


アスラン「アイツを討てたのがそんなに嬉しいか?!得意か?!」

そりゃ嬉しいだろ。
今までシンがキラによって受けてきた被害(出番・台詞・主役の座・ヒロイン)を考えれば、今回の勝利で得意にならなきゃウソです。


シン「嬉しかったら悪いんですか?強敵をやっと倒せて、喜んじゃいけないんですか?」

強敵(前作主人公)を倒せて、やっぱり嬉しいらしい。
喜んでも良いけど、好感度を考えるならそこは抑えた方が良いんじゃないかな。


シン「じゃあどうしろって言うんです?泣いて悲しめってんですか?祈れってんですか?」

シンのキャラでそんな大人しい態度は不可能です。


シン「それとも、俺が討たれりゃ良かったとでも言いたいんですか、アンタは!」

アスランが素直に頷いたらどうしようかと思いました。
(上記絵参照)


アスラン「シン!!!!」(バキッ)

シンに対しては、ほんとに手が出るのが早いな、アスラン。


レイ「アスラン、シンの態度に問題があったことは認めますが、いかに上官といえど、今の叱責は理不尽と私も思います」

アスラン(上官)に対するシンのこれまでの態度も十分理不尽だったと思うのですが。


アスラン「アイツに・・・討たれなければならないワケなどない!!!」

言い切りやがった!!!


シン「はああ???」

シンの「ああ?」とか「はあ??」という台詞は、心の底から「何言ってんだ、コイツ。バっカじゃねぇの?」的なニュアンスを醸し出しているのでとても好きです。
とくに今回の「はああ???」は、今までの中で一番「何言って(以下略)」的なものが感じられました。


アスラン「キラもアークエンジェルも、敵じゃないんだ!!」

さっきからキラ・キラって個人名を出してますけど、周りのみんなのために、わかりやすく「フリーダム」と言ってあげた方が良いのに。


レイ「我々はザフトですから」

このレイの一言が、アスランの心のトラウマを呼び覚ましてしました。
「ザフトのアスラン・ザラ」で有名な、ラクスさまの伝説のお説教・プレイバック!
アスランにとっては二度と思い出したくないであろうあのお説教と似たような状況に追い込まれ、大ピンチです。
・・・・・・・てことはアスラン、君はあの頃から何一つ成長していないということか。


レイ「何が敵であるかそうでないかなど、陣営によって違います。人によっても違う。相対的なものです。ご存知でしょう?そこに絶対などない」

今のアスランのボキャブラリーでは、このレイの理路整然とした言い分に対抗することはできないでしょう。
今週も言いくるめられたままで終わりそうです。


レイ「あなたの言っていることは、個人的な感傷だ」

確かに、これ以上にないくらい個人(キラ)に対する個人(アスラン)の感傷だと思います。
それを言えばシンも同じなのですが、彼の場合はタリアさん風に言うと「大義」に守られているので今は問題無いらしい。


レイ「正直、困ります」

今週の、ベスト・オブ・暴言!!!
「おかしいです」でも「間違ってます」でもなく、「困ります」
今回のアスランの叱責を、見事一言で適確に表していると思います。
今までは暴言といえばシンがお決まりでしたが、思わぬところに伏兵が・・・。
口調が冷静な分、ある意味レイのほうが殺傷能力は高いかもしれません。
そんなレイやシンを敵に回しつつあるアスランの胃や髪の毛がとても心配です(そのうち、穴が開いたりハゲたりしてもおかしくない)


はい、以上です。
まぁ・・・なんと言いますか・・・
以前、キラやカガリに対してザフト(ミネルバ)陣を擁護したときのアスランと、今回キラ(アークエンジェル)を擁護していた彼とでは、天と地ほどのテンションの差があるような気がして仕方ありません。
言いくるめられている点ではどちらも同じですが。


このひと悶着で、アスランとシン(とレイ)の間に、決定的な溝が生まれました。
頭の中がハツカネズミ状態になっていたアスランにとっては良い機会かと思いましたが、結局はすっきりしないまま終わってしまい残念。
レッサーパンダだって一人で立てる時代なのですから、アスランも早くそのハツカネズミを奮い立たせて、へたれ状態から脱すれば良いと思います。



●ここで感想一端切りまーす。
絵で力尽きた・・・。

続きはその2にて!
コメント (4)   この記事についてブログを書く
« ガンダムSEED DESTINY PHASE-... | トップ | ガンダムSEED DESTINY PHASE-... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (忍々丸)
2005-06-19 04:00:28
綾菜さんの感想がこんなに早く読めるなんて。来週には本編を追い抜きそうですね(違



>シン「仇はとりましたよ。・・・アナタのもね」

レイ「我々はザフトですから」



シンの暴言+レイの正論=最強の精神攻撃ですね。これに対抗できるのは、ラクス様しかいないのでは?是非対決させてみたいものです。(第○○話「かみ合わない主張」とか)



>アスラン「キラもアークエンジェルも、敵じゃないんだ!!」



ミネルバのクルーを前に言うなら、せめて「本当の」とかつけて欲しかったです。

完全に冷静さを失ったアスラン。やはりミーアじゃダメだ、「ラクスさまの伝説のお説教」パート2が必要です。宇宙でかくれんぼしてる場合じゃないですよ。
本当におめでとうございます!! (バルカン・レイブン)
2005-06-20 00:55:44
綾菜さん本当におめでとうございます!!

本当に楽しみで待っていました。



前作の主人公を倒し、新型の機体まで…

これで今まで以上に大暴れ出来ますねシン

立派に(ラスボスに)なったな…。



しかしアスラン。

キラの心配ばかりでカガリの名前が出てこなかったような?

お返事>忍々丸さん (綾菜)
2005-06-24 00:51:37
自分でも、自分の感想がこんなに早くアップできるようになるなんて思っていませんでした(笑)

気持ち的には本編を追い抜くくらいの勢いです!





>シンの暴言+レイの正論=最強の精神攻撃ですね。これに対抗できるのは、ラクス様しかいないのでは?是非対決させてみたいものです。(第○○話「かみ合わない主張」とか)



み、見たい・・・!!!

それはぜひとも拝見したいです!!!

ラクス相手では、タイプ的にシンはちょっと不利そうな感じですね。

けれどレイなら、なかなか良い勝負をしてくれるんじゃないでしょうか。

30分間ずっと、ラクス様とレイの主張のキャッチボール(ただしお互いキャッチできてない)が続いたりしたら、かなりおもしろいことになりそうですね。





>やはりミーアじゃダメだ、「ラクスさまの伝説のお説教」パート2が必要です。



ラクス様にガツンとやってもらいたいという気持ちがある反面、あのトラウマを再び経験させるのはアスランにとってあまりに酷だとも思います(笑)

いや、でも、今のへたれアスランには、そのくらいのお灸が必要なのかも・・・
お返事>バルカン・レイブンさん (綾菜)
2005-06-24 00:58:27
ありがとうございますー!!!

皆さんが応援してくださったから、ここまで辿り着くことができました!

本当にありがとうございますv





>立派に(ラスボスに)なったな…。



ほんとに立派になられました・・・。

初期の頃は、シンを「立派」と誉めるときは、彼が主人公らしいことを行ったときだとずっと信じていたのですが、とんだ思い違いだったようです。

シン・・・(涙)





>キラの心配ばかりでカガリの名前が出てこなかったような?



ええ、もう本当に。

確かにフリーダムも全壊しましたけど、アークエンジェルだって表面では沈んだことになってるんですから、1ミリくらいカガリのことも思い出してあげてほしいものです。

素直すぎるぞ、アスラン・・・。

コメントを投稿

種デス」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事