言呉智英夫子の誤り

呉智英の研究をしてみたいので共同でOCRソフト等でテキストデータにしてみたいのですが協力してくださる方はありますか?

http://ayamari-tomohusa.seesaa.net/に

2007年07月16日 13時39分01秒 | Weblog
http://ayamari-tomohusa.seesaa.net/に引越しました。ブックマークにあります。

「にしむくさむらい」ってのを太陽暦採用以後だって決めつけてたけど、

2007年06月06日 14時53分03秒 | Weblog
49 名前: 若社長 投稿日: 01/11/01 10:41

「にしむくさむらい」ってのを太陽暦採用以後だって決めつけてたけど、
あれ、江戸時代にも何回かあったんだよね。

こういう間違い、けっこうあるよ、呉さん。

あ、おれ、ここ初めてだけど、もうこんな話題出てる?

TITLE:呉智英について パート2
DATE:2007/06/06 14:51
URL:http://natto.2ch.net/books/kako/1003/10030/1003053943.html

「思想的エンターテイナー」か。

2007年06月05日 17時03分20秒 | 『読書家の新技術』


788 名前: 大月カヴレ 投稿日: 2001/08/03(金) 09:07

ゆうべはくたびれて寝ちまったい。スマソ。>>783
結論から言うと、「あるべき封建主義社会」ってのはどういう手続きによって
可能となるのか、呉さんの著作からは、自動的には出てこないんじゃないか、と。
橋本治じゃないけど、「社会変革への意志」を育む土壌にはなりにくいんじゃないか。
だから現実的には、呉さんの書いたものは、なんか社会に対してルサンチマンをもつ人の
ガス抜きとして消費されて終わり、てな事態に陥る可能性が高い。サラリーマンに
とっての佐高信みたいにね。それでいいじゃないか、呉智英は思想的エンターテイナー
なんだ、て言い切る立場もアリだとは思うんだけど、それだけじゃ可哀想だよなあ。



789 名前: 無名草子さん 投稿日: 2001/08/03(金) 10:27

>>788
そこまでも、もはや一般的に言われてる事だから。
その次だね、重要なのは。



790 名前: 無名草子さん 投稿日: 2001/08/03(金) 13:48

>>788
「思想的エンターテイナー」か。
呉が、論語の私塾では、漢字の読み書きにこだわり、少しづつ孔子の思想に近づい
ていく、という授業を行ったというのは、啓蒙主義を否定する呉らしいだろう。
工業高校の古文教師が授業で、難しい文法の話など一切せず、古典に関するエピソ
ードみたいなことを面白おかしく話してお茶を濁すようなことは、呉が最も嫌うこ
とだろう。
その呉が、初期の著作(イン戦、封情、読技)では、「寒いギャグ」満載の、代ゼ
ミの人気講師まがいの「エンターテイナー」をしていたのはなぜだろう。
しかも、この初期3部作で、もっともふざけた、脱線だらけの作品が、啓蒙主義の
根底にある民主主義を否定した「封建主義、その論理と情熱」なのである。



TITLE:呉智英について。
DATE:2007/06/05 17:02
URL:http://natto.2ch.net/books/kako/975/975487451.html

インチキ大戦争、もといインテリ大戦争だね。

2007年06月05日 16時58分40秒 | 『インテリ大戦争』
153 名前: 無名草子さん 投稿日: 2001/01/19(金) 16:27

>>151
トロノ君とは懐かしい話しだな。
インチキ大戦争、もといインテリ大戦争だね。

TITLE:呉智英について。
DATE:2007/06/05 16:58
URL:http://natto.2ch.net/books/kako/975/975487451.html

「ホルモンの語源は「放るもん」」が

2007年06月05日 16時57分06秒 | 『読書家の新技術』
「ホルモンの語源は「放るもん」」が
「トリビアの泉」でガセ扱い。
398 :名無しさん@社会人:2006/04/03(月) 01:58:05
昔、呉本で読んだ
「ホルモンの語源は「放るもん」」が
「トリビアの泉」でガセ扱い。
TITLE:呉智英
DATE:2007/05/31 13:20
URL:http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/sociology/976027173/
これは1982年12月『読書家の新技術』だろう。
現在ホルモンという言葉は、モツ、贓物(ぞうぶつ)の代わりとして用いられている。モツは今でも使われているが、そもそもホルモンという言葉はどこからきたのであろうか。少し調べてみた。
ホルモンの語源は、関西弁の「放るもん」からきているという説とドイツ語の医学用語で、「栄養が高く、精がつく」という意味のhormoneからきているという二つの説があり、現在はまだどちらが正しい説かは明らかにされていない。しかし、前者の「放るもの」は、焼肉店屋、ホルモン屋を経営されている方や、ホルモン関係者方々に対して、彼らは捨てたものを拾って客に食べさせているという見解になる。大変失礼な解釈ではないだろうか。ホルモンに栄養価値があるというのは周知の事実であった筈だろうから、この説は不適切であると思う。だから私は後者が有力な説と考えている。
TITLE:焼肉を愛するすべてのものへ ホルモンの語源
DATE:2007/05/27 14:17
URL:http://www.geocities.jp/untyou090/gogen.htm

miyakawa99@hotmail.com

2007年06月05日 16時55分42秒 |  『現代人の論語』
miyakawa99@hotmail.com
にもメールしましたが反論無しです。

猫を償うに猫をもってせよ<前の日 | 次の日>

2007年06月05日 16時49分26秒 | 復讐は道徳的には正しいのだ。
猫を償うに猫をもってせよ<前の日 | 次の日>
2006-11-26 呉智英先生、質問です!
話題になっているらしい。

 イジメ自殺が社会問題となっている。新聞でもテレビでも識者と称する恥知らずたちが、おためごかしの助言を垂れ流して小銭を稼いでいる。イジメに苦しむ少年少女よ、あんなものが何の役にも立たないことは、君たち自身が一番良く知っている。唯一最良のイジメ対処法は報復に決まっているではないか。
実はイジメ自殺は何年かごとに社会問題となり、そのたびに真実の声が良識という名の愚論によって圧殺されてきたのだ。十一年前にもイジメ自殺が相次ぎ「少年ジャンプ」が悲痛な叫びを特集連載した。それをまとめた『いじめレポート』(集英社)にこんな声がある。「徹底的に体を鍛えた。復讐のために…。やられる前にやれ!」(A男)。A君は拳法、柔道で「歩く凶器」となり、イジメを粉砕した。睡眠薬自殺未遂のC子さんは、死を思う気持ちよりも「憎しみの方が強くなった」「私もガンガン殴り返す」「女でもやるときはやるんだ!」。別の女児もこう言う。「どうしても死ぬっていうんなら、いじめた奴に復讐してからにしなよ」
学校では報復・復讐は道徳的な悪だと教える。しかし、それは嘘だ。人間が本来的に持っている復讐権を近代国家が独占したに過ぎない。大学で法制史を学べばすぐわかる。復讐は道徳的には正しいのだ。現に、ロシヤに抑圧され続けたチェチェン人は果敢に復讐をしているではないか。
被害者が自ら死を選ぶなんてバカなことがあるか。死ぬべきは加害者の方だ。いじめられている諸君、自殺するぐらいなら復讐せよ。死刑にはならないぞ。少年法が君たちを守ってくれるから。(評論家・呉智英)
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/books/breview/29130/
呉智英先生、質問です。大人がイジメにあったら、どうしたらいいのでしょう。私も復讐したいやつがいるんですけど。デスノートを入手してまっさきに名前を書きたいくらいの・・・。
なお「信用できないウィキペディア」に、私と呉さんは直接の交流はないとあったが、信書のやりとりは何度か、また電話で何度か話しているし、交流あるけど。
TITLE:猫を償うに猫をもってせよ - 呉智英先生、質問です!
DATE:2007/05/31 13:21
URL:http://d.hatena.ne.jp/jun-jun1965/20061126
学校では報復・復讐は道徳的な悪だと教える。しかし、それは嘘だ。人間が本来的に持っている復讐権を近代国家が独占したに過ぎない。大学で法制史を学べばすぐわかる。復讐は道徳的には正しいのだ。現に、ロシヤに抑圧され続けたチェチェン人は果敢に復讐をしているではないか。
と一見学術的な話をしているが
学校では報復・復讐は道徳的な悪だと教える。しかし、それは嘘だ。人間が本来的に持っている復讐権を近代国家が独占したに過ぎない。大学で法制史を学べばすぐわかる。復讐は道徳的には正しいのだ。現に、ロシヤに抑圧され続けたチェチェン人は果敢に復讐をしているではないか。
>人間が本来的に持っている復讐権
>復讐は道徳的には正しいのだ。と何故断言出来るのか?
>近代国家が独占したに過ぎない。
と言ってもそれだからこそ社会が近代的に発展出来ると判断されたからこそではないか?まだ日本人同士の事件ならまだしも外国人を相手に復讐を正当化すれば国際紛争になりかねない。
>唯一最良のイジメ対処法は報復に決まっているではないか。
ってどういう判断の結果いうのか?裁判所に訴えるとかもっと別の方法はないのか?
呉智英先生、質問です。大人がイジメにあったら、どうしたらいいのでしょう。私も復讐したいやつがいるんですけど。デスノートを入手してまっさきに名前を書きたいくらいの・・・。
猫を償うに猫をもってせよ
TITLE:猫を償うに猫をもってせよ - 呉智英先生、質問です!
DATE:2007/05/31 13:21
URL:http://d.hatena.ne.jp/jun-jun1965/20061126
と言ったすぐに破綻する程度の論法だ。

「放るもん」の方が俗説らしいね。

2007年06月05日 16時48分10秒 | 『読書家の新技術』
「放るもん」の方が俗説らしいね。
「男性ホルモン」のホルモンが語源ということでほぼ決着。
呉さんは過去の自分の間違いを一度検証してほしいなぁ。
確か相対性理論の双子のパラドクスについても、デタラメ書いてたよな。
でも「自分からは絶対間違いは自己申告しない」とも言ってたようなw

TITLE:呉智英
DATE:2007/06/05 16:47
URL:http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/sociology/976027173/

教条主義的にアタマの固い相手にのみ有効ってね。

2007年06月05日 16時46分05秒 | 『インテリ大戦争』
100 名前: 無名草子さん 投稿日: 2000/12/26(火) 07:28

>>99
それって>、>>41で書かれたことでしょ。
あと、この人、『太平洋戦争』という呼称は、やっぱり『大東亜戦争』
と呼んだほうがいい。教科書もそう記載すべきじゃないか…っていう
論もぶっていたな。



101 名前: 無名草子さん 投稿日: 2000/12/26(火) 16:51

>100
まあ、ゴチエイのこだわりってのは、しょせんその程度。

教条主義的にアタマの固い相手にのみ有効ってね。
左右をばっさばさ切るとか、そんなタイソウなもんじゃない。

コップの中のインテリ大戦争。


TITLE:呉智英について。
DATE:2007/06/02 14:33
URL:http://natto.2ch.net/books/kako/975/975487451.html

他人の批判だけで成り立っている本という感じが。

2007年06月05日 16時45分30秒 | 『インテリ大戦争』
132 名前: 無名草子さん 投稿日: 2001/01/10(水) 03:23

「危険な思想家」夢中で読んだけど、読み終わってみると
他人の批判だけで成り立っている本という感じが。
結局どうしたいんだかわからないよー



133 名前: 無名草子さん 投稿日: 2001/01/10(水) 18:59

>132

初期の「インテリ大妄想」とか「ハゲにつける薬の頃」から、それしかないって
ひとでしょ。

教条左翼と低レベル保守に対する批判を除いたら、本が3分の1半分以下の分厚さ
になるだろうな。たまに見当違いの相手を図式にあてはめた誤爆で恥かいてたりす
るのは愛嬌だね。

TITLE:呉智英について。
DATE:2007/06/05 16:45
URL:http://natto.2ch.net/books/kako/975/975487451.html