眺めのいい部屋から   

 窓から見える空と四季のうつろい
  そして昭和を振りかえる
 

ロシアは返還しない !?

2018-09-18 | 旅行

 2000年、私は中国の東北地方を旅していた。昔、満洲といわれた地域である。
 地図でいえば、一番上の黒河という町まで行った。ハルビンから12時間かけて。
 茫漠とした街で、一応ホテルもあり、こんなへんぴな場所にも TOYOTA の大看板があった。
 黒龍江(アムール川)沿いで、対岸はロシアのブラゴベシチェンスクである。
 河の真ん中から向こう側はロシア領。


 ロシアの軍船。上半身裸の兵士もいる。

 
 黒河から、さらに船で2時間ほど下ったところの愛輝鎮(アイホイチン)(村)を訪ねた。
 愛琿条約の結ばれたところで、愛琿歴史陳列館に入る。
 
 
 そこには大きな掲示板に、ロシアが何年何月どの条約によって中国領土を割占していったか、という地図が掲げられていた。

 17世紀後半のネルチンスク条約以来20世紀初頭までの数々の条約によって、ロシアがいかにすさまじい勢いで中国の領土を割占していったか、という図である。
 ネルチンスク、キャフタ、愛琿、イリ、北京などの条約によって160万平方キロメートルがロシアのものになっていた。
 
  (この図はネットより借用)  
 
「勿忘國恥 振興中華」の碑のある城址をあとにして、私たちは再び船に乗った。ロシアという国は、いったん手に入れた領土は絶対返さないのだなぁ、と思いながら。
 
先日も、何回目かの訪問で、わが首相が出かけて行ったが、いいようにあしらわれ、後退という目に遭ったようだ。
 よほどの転変地異か、傑物の外交官でも現れないない限り、北方領土は、まず無理だろなと、アムール川まで行ったことを思い出したしだい。

 
 中国のスルーガイドさんと。3年前も一緒だったので、すっかり仲良し。
 アムール川、黒龍江というわりに、見た感じでは少し濁った川という感じだったが、
 写真では、こんなに黒く写っている。

 
 昼食をとったレストラン。イタリアの田舎にあるような建物。

コメント (5)

夏のさかりは

2018-09-07 | 散歩道から
あっという間に9月。
 猛暑やら、台風やらで、1日じゅううつらうつらして、ますます老境に入ってきた感。
 外へも出られず、写真も、夏の緑か百日紅くらい。
 猛暑の始まったころのなら、少しある。

 このくるくる巻きちゃん、初めて見たような。上品で、左巻きなら、私にそっくり(笑



 ランタナ、覚えたよ。花びらが丸いのと角張っているのがあるのも知った。これは、丸い。


 人の通らない暗い路地に咲いていそう。


 百日草の八重咲き? 小さくて可愛い色。


 これが百日草かな?


 もう虫の声だけど、目の前の公孫樹の樹に、セミが……こんな低いところで、おかげで大きく撮れた。
 何セミか聞いたけど、もう忘れてしまった。
コメント (6)

終戦とはいえ

2018-08-16 | 満洲
終戦といっても、ほとんどの人が知らない世代になった。
 この私でさえ、4歳だった。
 写真はお祭りとある。1941年か42年か。姉の着物は濃いピンクに白いモクレンの柄で、私も着た覚えがある。内地ほど物資に困っていなかったそうである。
 

 内地では、終戦と同時に、空襲や灯火管制がなくなり「終わった、よかった」という感じだっただろう。もちろん多くの人たちが苦労しただろうが、戦いは終わっていた。
 
 しかし、満洲ではちがった。
 終戦から、戦いが始まったのである。
 
 今まで威張っていた日本が敗けたのだ。
 中国人による暴動が始まった。夜となく昼となく、小さな群れや組織だったと思える人々が日本人街を襲った。
 わが家はみんな、隣家の中国人宅にかくまわれた。母はチーパオを着せられ、私は押入れのようなところに寝かされた。そのとき見た隣家の天井は、豪華な中華料理屋で見る龍や花など色とりどりの模様が珍しかったことを覚えている。

 
 相前後してソ連軍が入ってきた。撃ち合いの流れ弾が窓ガラスを破って入ってくるのと、身を隠すため、屋根の上で2か月ほど暮らしたという。

 
 写真の左側の白い建物は、我が家から1ブロック隔てたところにある百貨店だった。
 そこにも、暴徒が押し入り、火がつけられ、火事になった。祖母と毛布にくるまり、屋根の上で炎が夜空に燃えるのを見ていた記憶もある。
 
 ソ連軍も粗暴だった。ザバイカル軍は、満洲西部の砂漠を越えてきた。奉天にきた第六戦車団は囚人たちで構成されていたという。
 とてつもなく大きな戦車に屈強な兵士たちがぶら下がり、片方しか靴がなく、布でくるんだ足を戦車に乗せているのもいたりしたと言う。
 彼らも、人家に押し入り、金目の物をかたっぱしから奪い、女と見れば強姦した。
 女性は、ほとんどが坊主頭になった。


 写真右手が奉天駅、左に行くとヤマト広場。茶色の建物の右から2軒目、1階から3階がわが家である。
 
 奉天駅から3ブロック目のところにあったから、汽笛の音がよく聞こえた。
 列車が着くと、大勢の避難民がぞろぞろと家の前を通っていくのを3階の窓から見ていた記憶がある。北から南を目指して来た人たちである。
 身ぐるみ剥がされ、穀物を入れる麻袋(マータイ)から頭と腕を出すという格好をしている人たちもいた。

 大抵は、学校に収容されたが、食べる物もなく、コレラに罹って死んでいく人が多かった。
 死んでいく人の体からは、シラミが這い出し、生きてるほうに引っ越すという描写もあった。
 
 中学生だった兄は、学校へ行き、トイレへ行ったら死体の山だったと。思いだしたくもないと、語りたがらない。


 ここで、酷なことを言わなければならない。
 いわゆる開拓団といわれる人たちの名称は試験農民のちに農業移民といわれていたが、開拓の父と言われた東宮鉄男の書いたものでは「武装移民団」となっている。
 軍部が対ソ連戦に向けての要員として募集したのである。
 そして、与えられた耕地は、中国人たちの既耕地を二束三文あるいは無料で買収して、開拓民に与えたのである。
 

 新しい天地を目指してやってきた開拓団の人たちは、なにも悪くない。軍部が悪かったのであるが、中国人たちには、屯匪、日匪と思われ、ずっと怨まれていたのである。



 わが家は5月の根こそぎ動員で父は召集されており、混乱のなか食べるため、母たちの一大奮闘があった。それでも奉天市の第一陣で引き揚げることができたのは、幸運なほうだろう。
 終戦時は、1階は倉庫、2階が事務所、3階が住まいだった。
 八路軍(共産党軍)が入ってきたとき、兵士たちが1階の倉庫に寝泊まりしていたこともあった。

 
 近所の人が朝鮮半島めぐりで日本へ帰ろうとしたが、酷い目に遭い、戻って来たと母から聞いた。
 その凄惨な行軍は、藤原てい「流れる星は生きている」に詳しい。
 また新京では、遠藤誉(最近テレビでよく見かける)の「チャーズ」がある。

 これは、すべて、戦争が終わってからの話である。
 語るべきことが多すぎるし、私の記憶は断片的で、まとまらないが、疲れた~

 カラー写真は、1995年に訪れたときのもの。

 ← ツイートはプロフ窓下の鳩マーク
コメント (26)

ソ連軍満洲へ侵攻 8月9日!

2018-08-11 | 昭和とともに
 1945年8月6日広島に、
 9日長崎に原爆は落とされた。

 2013年、日本を訪れたオリバー・ストーン監督は言う。
「原爆は戦争を終わらせるためだったとアメリカは言うが、それは嘘である。
 ソ連への牽制のためだった。原爆を落とさなくても戦争は終わっていた」と。
 
 そう、アメリカが広島へ原爆投下したあと、
 8月9日午前零時にソ連は満州へ侵攻。
 同日、午前11時、長崎に原爆が落とされた。
  時系列で考えれば、よくわかる。
 そして、ソ連は満州を、アメリカは日本を取った。
 この日付は、大国の思惑どおり、取り合いのあげくなのだ。

 

 満洲にも空襲はあった。ばかでかいB29の編隊に、
 蚊のように小さな黒いものが、体当たりしていったという。
 満洲国軍の機銃もない蘭花航空隊の特攻だった。

 このあと、満洲でソ連軍がなにをしていったか。
 まずは、関東軍や満洲国軍の兵士たち60万人がシベリアへ抑留された。
 私の父もそうだった。   
 
 戦争というと、太平洋戦争のことしか思い浮かべない人が多い。
 もてはやされるのは、ゼロ戦や特攻隊の話ばかり。
 ソ連侵攻と敗戦で、満洲でどんな目に遭ったかも、せいぜい帰国婦女子のことくらい。
 それも、もう風化してきている。
 終戦時4歳だった私は、親兄姉から聞いた話を繰り返し話していくつもりだ。

コメント (2)

『明日が来なかった子どもたち』

2018-08-09 | 読書
 8月は、怒りの月かもしれない。
 私にとっては、戦争惨禍を思い出さずにいられないからだ。
 今日は、長崎に原爆を落とされた日。

 
 鶴 文乃 サンパウロ出版
 
 『明日が来なかった子どもたち』は、長崎生れの友人が書いた絵本である。
 その日のことを語るのを、そう言えば、私は聞いたことがない。
 お兄さまが亡くなり、お父さまが亡くなったことは話のはしばしから知った。
 彼女の口から出るのは、いつも、原爆を落とされた怒りばかりだった。
 ずっーと、アメリカが悪い、あんな非道なものを落としたアメリカが悪いと思って生きてきたと。
 
 何十年後かに、タイに住むことになり、そこで初めて知った。
 日本がしてきたことを。

 彼女の怒りは、原爆もだが、戦争にも向けられていった。
 今も、訴え続けている。
 そして、寺を尋ねては、原爆を落とされたその時刻に、
 「鐘のひとふり運動」を頼みに歩いている。
 承諾を得たのは、日本の寺だけではない。
 外国の寺院も鳴らしてくれるという。

 8月9日、午前11時02分
 あなたの近くで、鐘の音が聞えたら、
 明日が来なかった子どもたちのことを……。
 
コメント (3)