goo

ワシントン、東部Ghoutaで化学兵器を使用してシリア軍に嘘をつく

ワシントン、東部Ghoutaで化学兵器を使用してシリア軍に嘘をつく

ダマスカス外務次官は、シリアのアラブ軍のテロによる勝利によりワシントンが誘発されたことを強調し、シリアの東部で化学兵器を使用してシリア軍に関する嘘や誤解を広げているGhouta、Idlebおよび他の領域。

ミカダドは、水曜日のジャーナリスト声明で、シリア政府軍による化学兵器の使用に関する証拠はこれまでに見つかっておらず、シリア政府が提示した主張に基づいていると非難しているシリアでの出来事に関する製作されたニュースやビデオを出版している民間防衛組織の「白いヘルメット」。

 副大臣は、国連と国際社会に対し、シリアの領土保全と政治的独立を脅かす米国の行動を調査し、これらの行動が国連加盟国の主権を侵害し、シリア国民を清算することを目標とし、これが目標と直接矛盾することを確認するよう求めた国際平和と安全保障を確保するために設立された国際組織の基本的な任務である。

Al-Mikdadは、2018年1月15日から17日まで、アイドルブのテロリストは、シリア軍の進軍に対して化学兵器を2回使用したと述べました。

「私たちの兵士たちは、Hwin村の近くの塩素ガス攻撃やIdlebのSinjar町に曝されたため、兵士は治療が必要でした」と彼は付け加えて、化学兵器禁止機構(OPCW)この場合のジョブ

OPCWの職務遂行を控えるとともに、テロリストによる化学兵器の使用に対して西側諸国が何の行動も取らないことは、OPCWの活動に直接的な影響が存在するかどうかについて疑問を投げかけていると指摘した。

OPCWは、この問題について収集した情報が、インターネット上で公開された調査や他の国のいくつかの「目撃者」とのインタビューに基づいているため、シリアでの化学攻撃の調査には効果がないことが判明したとMikdadは述べている。信憑性があり、申し立てられた事件の現場で実施される。

ミクダッド大統領は、レスター・ティラーソン米国務長官が、「テロリストの撤廃を続ける」というシリア軍の存在を引き続き維持するとの見解を表明し、「テイラーソンなどに、テロリストを支援するのを止めるとシリア軍と同盟国の共同努力の結果、「シリアのテロリストは消滅した」と強調した。

シリア軍のテロ組織に対する統制は、テベェッシュに対する米国主導の連合の設立から2年後には、シリアの領土に対する支配がほぼ70%に達すると述べたことを詳述した。「ここで、なぜシリアで米軍が存在するのか国のテロを強化した "と述べた。

 ハムダ・ムスタファ

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« シリア空軍、Q... ボグダノフ:... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。