goo

ベラヤティ、マクロンにイランの内政に干渉しないよう警告

ベラヤティ、マクロンにイランの内政に干渉しないよう警告

<iframe id="aswift_2" name="aswift_2" frameborder="0" marginwidth="0" marginheight="0" scrolling="no" width="728" height="90"></iframe>

イランのミサイル計画への干渉がフランスとマククロンの関心ではないことをIRIBとのインタビューで語った。

イランの首席首席首席補佐官、アリ・アクバル・ヴェラヤティ氏は、「フランスとフランス大統領が、イランのミサイルや戦略的事務などのイランへの敏感な問題に干渉することはない」と述べ、イランイスラム共和国の国家の問題に干渉しないように言います。

「このような干渉は、イランのイスラム共和国の目にフランス政府の評判を汚すこと以外には何の効果もない」と、イランの指導者であるアヤトゥラ・セイエド・アリ・カメネイのアドバイザーである元外相は、最近の反論を非難し、フランス大統領エマニュエル・マクロン(Emmanuel Macron)の先週のペルシャ湾岸観光ツアーでの批判。

「フランスの問題とこの国の外交政策に精通しているイラン人として、フランス大統領の外交政策をフランスの元大統領の道に踏み、比較的独立した行動をとるよう、フランス大統領に忠告する」とベラヤティはマククロンに助言した。

当局者は、イランのミサイル計画をめぐって交渉する機会は断然拒否された。「我々は、守備問題や、ミサイルが必要な範囲であれば、他の人の許可を求めない。

ヴェラヤティ氏は、「マクロン氏は何の事業もせず、この問題に干渉する権利もない」と強調した。「イランとフランスの関係が拡大したい場合は、これらの問題に干渉しないようにするべきだ。フランスの利益 "

 

イランのベテラン外交官は16年連続の外相を務めたことを明らかにした。「要求に対する我々の反応は否定的であり、なぜ拒否され、後に外交政策の敗北のために批判されるのか。

"氏。Macron!私のアドバイスに留意してください。私たちの内政問題について1%のチャンスでも交渉する機会はありません」とスウェーデンのマクロンの反イラン演説を引用した。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« イラク軍、最... ロシア、30年... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。