goo

パルミラ居住者は米軍の存在のために帰宅することを恐れている

 

Thu Aug 20、2018 3:36
 
パルミラ居住者は米軍の存在のために帰宅する恐れがある
 
テヘラン(FNA) - シリアの難民は、シリアのホムス州のパルミラの古代都市に帰還することを恐れている。近隣の砂漠のISILテロリストだけでなく、 。

「200人の家族だけが戻ってきた人はほとんどいない」と話した。人々は、アル・タフの米国拠点に近いため、パルミラやスカーナへの帰還を恐れている。 "砂漠でさまよっているいくつかのISIL部隊が、ホムス州総督タラル・バラジーが木曜日に言った。

彼は、ISILが廃止され、米国の兵士がアル・タンフを離れると、シリア人は安全を感じるだろうと付け加えた。

一方、アル・バラジィ大統領は、ホムス州で和解プロセス中に武器を降伏させ、Idlibに向かうことを拒否した650人以上の人々が、平和な生活のために州に戻った、とタル・アル・バラジ知事は記者団に対し、

彼は、ロシアの戦争当事者和解センターが調整している間に、アル・ラスタン、アル・ダル・アル・カビラ、タルダウ、アル・ガントゥ、テルビサ、ホウラの人口の80%が滞在していると述べた20%は武器を降伏させるのを拒否し、Idlibに連れて行った。

ダマスカスとクレムリンは、2017年3月初めに、ロシア空軍に支持されたシリア軍が、ISILテロリスト集団からパルミラ(タドマール)の重要都市を取り戻したと宣言した。

ドミトリー・プスコフ大統領は、ロシアの国防相から、プーチン大統領に、ホムス州のパルミラの歴史都市が解放されたことを報告したと述べた。

モスクワがホムス県のユネスコ世界遺産の解放を宣言した数時間後、シリア軍の総司令官もこの報告を確認した。

 

 

 

 

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« シリア - ペン... シリア戦争報... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。