ロシア軍は、シリアの難民約27万人が、ここ数カ月間に帰還したと述べ、7年間の紛争を逃れた世界中の人口560万人のシリア人の数分の1に相当すると述べた。

 
 
 
 
 
 
 

モスクワとダマスカスの政府は、暴力が沈静化したと主張して、難民の送還を奨励している。ロシアは、2015年にシリアのバシャール・アサド大統領の軍事作戦を開始し、戦争の流れを変えた。

 

しかし、西側諸国政府は、返還を促すのは早すぎると主張している。権利団体とUN恐怖避難民は、包括的な政治合意がなければ、政府管理区域に戻る迫害に直面するだろう。

 

ロシア国防総省のミハイル・ミジンツフ大佐は、ロシアが収集したデータによると、先週だけで約6,000人がシリアに戻ったと記者団に語った。

 

彼は、大規模な難民が家に帰ってくるのを見ていると言いました。

 

この紛争により、シリアの人口のほぼ半数が移住し、600万人が国内避難民となり、560万人が近隣諸国やヨーロッパに逃げ、国連難民局に登録した。

 

ロシアは戦闘を大幅に削減した地方の停戦を交渉したが、紛争の原因は取り上げられていない。シリア政府はシリア領の60%近くを支配した。しかし、トルコに支えられた者やイスラム過激派の武装勢力は、南北の地域で黙っている。

 

暴力は完全に止まっていない。

 

UNICEFのユニセフ(UNICEF)は、2018年の最初の9カ月間に、2011年に紛争が始まってから死亡した子供の数が最も多く、9月までに870人に達したと発表した。

 

ユニセフ(UNICEF)は、「これは実証された事例であり、実際の数値ははるかに高い可能性が高い」と述べた。

 

同局は、シリア東部の最後のIS保有ポケットに最大30人の子供たちが殺害されたという最近の報道に警戒していると語った。シリア軍は、シリア民主共和国2ヶ月。

 

ユニセフは、子供たちがどう殺されたかは言いませんでしたが、戦争を監視している英国の人権団体シリア天文台の報告によると、先週の過激派のShafaa村で30人以上の子供が連立空爆で殺害されたという。連立派は、民間人犠牲者の報告を確認し、その空爆については主にIS施設や狙いを対象としていると述べていると述べている。