goo

イラン、ロシア、シリアとのイラクの安全保障協力を強調しているハシュド・アル・シャビ首相

2018年2月14日水曜日5:46
 
イラン、ロシア、シリアとのイラクの安全保障協力を強調しているハシュド・アル・シャビ首相
 
テヘラン(FNA) - ハシュト・アル・シャビ(イラクの人気軍)委員会委員ファリー・アル・ファイヤード氏は、同国が安全保障上の問題でイラン、ロシア、シリアと協力していると発表した。

イラクの記者会見で、「イラクはイラン、ロシア、シリアとの治安協力を調整している」と話した。

「4カ国間の情報機関と治安分野の協力と安全保障の構築を調整している」と付け加えた。

イラン、ロシア、イラク、シリアの4カ国情報センターが、テロとの戦いの協力を拡大するためにバグダッドで会議を開いた後、

今月の首都での会合では、4カ国の安全保障情報分野における活動について話し合い、テロ対策のための安全保障報告を発表した。

テヘラン、モスクワ、バグダッド、ダマスカスはまた、ISILテロリストや他のテロ組織との戦いにおいて、4カ国間の協力を拡大する必要性を強調した。

会談では、イラクの軍事情報機関長であるSaad Mezher Al-Alaqは、ISILテロリスト集団との戦いにおけるこのセンターの役割を効果的に説明した。

一方、Al-Alaq将軍は、新しいテロ集団の枠組みの中で、ISILテロリスト集団や他のテロ集団の新しい措置について警告した。

一方、イスラエル軍兵のモスタファ・モラディアンは、イラクとイスラエルのイスラエルと他のテロリストの基地に関する情報をイラク軍に提示していることを明らかにした。

イラン、ロシア、イラク、シリアの軍事関係者を擁する4カ国情報センターは、2015年の設立以来、イラク軍事情報機関を率いている。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 東と西の軍事... 米国大統領弁... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。