goo

先に国連投票の東アレッポから避難何千人

先に国連投票の東アレッポから避難何千人

約3,500過激派とその家族の合計は、アレッポの四面楚歌のシリア市の東部から避難してきました。

家族と一緒に過激派は、月曜日の早い時間以来、市内の西半分に65のバスでアレッポの東側から転送されてきました。

一方、人権のためのいわゆる英国ベースのシリア天文台は、推定500人が近隣のイドリブ県のアル・Fou'aとKafaryaの2包囲シーア派の村の外にとられていたことを明らかにしました。

最近、ロシアとトルコはアレッポから閉じ込められた民間人と武装勢力の数千人の避難を可能にする契約に達しました。

過激派が停戦協定に違反し、アル・Fou'aとKefrayaから民間人の移動を阻止した後の処理は、しかし、停止しました。

土曜日には、それが政府と武装勢力が村から避難だけでなく、レバノンの国境近くの2つの町を再開するために新たな契約に取り組んでいたことが報告されました。

過激派が攻撃され、約20二つの村の外に人々を輸送するために到着したバスの焼成した後、最初に日曜日に早く開始するように設定された避難は、延期されました。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
«  ヒズボラ公式... 開放した東モ... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。