goo

誰がホワイトハウスに住んでいても、世界は支配的である:学者

金2018年8月17日08:45 PM
 
2007年8月14日、太平洋のグアムの海岸で、米海軍が発表したこの写真は、USSカウペンズが練習中に形成されたことを示しています。
 
 
 
00:00
 
02:40
 
HD
クローズドキャプション字幕なし
2007年8月14日、太平洋のグアムの海岸で、米海軍が発表したこの写真は、USSカウペンズが練習中に形成されたことを示しています。

ホワイトハウスに誰が座っても、米国は世界の支配に屈していないと、国際問題に数十年の関心を抱いているアメリカの政治アナリスト、デニス・エトラー氏は言う。

カリフォルニア州アプトスのカブリヨ大学の人類学教授エトラーは、金曜日にプレステレビとのインタビューで、中国が爆撃作戦を拡大したと主張している米軍の声明についてコメントし、米国に対する「ストライキの可能性のある訓練」

中国の爆撃機は、可能な限り中国から遠く離れた目標を打つ能力を開発していると、木曜日に発表されたペンタゴンの報告書によると、

「PLA(人民解放軍)は、過去3年間、水域の爆撃機の操業範囲を急速に拡大し、海洋危機地域での経験を積んでおり、米国や同盟国の目標に対するストを訓練する可能性が高い」と述べた。

ペンタゴンの報告書は、中国の宇宙計画も進展していると付け加えた。

「PLAは、宇宙の軍事化に対する公的スタンスにもかかわらず、軍事力の能力を強化し続けている」と述べた。

貿易拡大の中で米国と中国の緊張が高まっていることを受けて、中国は国際的な影響力を急速に高めようとしていると主張した。国防総省の見積もりは2017年に190億ドルを超えた。

「米国は、誰がホワイトハウスに座っているのか、議会を議決するのに関係なく、世界の支配には屈していない。最近まで、彼らは「テロとの戦争」を口実とし、それに反対する政権を侵略し破壊するために、野党なしで世界覇権を握った」とエトラーは報道TVに語った。

「米国が軍事攻撃や経済制裁によって不安定化したり破壊したりした国々は、世界に広がっている。米海軍は、「航空艦隊の艦隊による7つの海」を展開しており、その空軍はヨーロッパ、中東、アジア太平洋に拠点を持ち、軍隊は世界中に何百もの拠点と施設を展開しており、他のすべての国のそれを組み合わせたものよりも。米軍の強盗は、世界の国々や人々を脅かすために使われている」と付け加えた。

しかしペンタゴンは、軍事支出を増やすための新しい言い伝えを常に求めている。新しい敵は毎日作成する必要があります。米国帝国主義の挫折から自分たちを守るために努力する国家は、米国が彼らを脅かすのではなく、「脅威」として選別されている」と述べた。  

「中国は事実である。米国は、韓国とベトナムで、中国の国境を越えて、彼女を収容し隔離するという表明された意図で2回の戦争を戦った。米軍は近隣諸国に駐留し、米国艦隊は海岸に帆走する。米国の航空機は定期的に中国の海岸線を飛行し、海軍は中国の主権に挑戦するために南シナ海を通じて船舶を送っている」とアナリストは語った。

「米軍が中国に対する打撃戦闘機を訓練し、爆撃機には米国からできるだけ遠いところに標的を当てる能力がある」という疑いはない。米国は数十年にわたり、海上爆撃機の操業範囲を拡大し、重要な海洋地域での経験を積んでおり、確かに中国や同盟国に対する「暴力訓練」を受けている」と述べた。

"まあ、折り返しは公正なプレーです。他国に自分を守り、米国の侵略を抑止する能力を育てるよう呼びかけている米国の大胆さは笑われるだけである。誰も彼らの宣伝的忠告を真剣に受け止めることはできない」と同学者は結論づけた。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« シリア陸軍は... 制裁に対抗す... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。