goo

アラブ首長国連邦、トルコの支援を受けた暴動

<iframe id="aswift_1" name="aswift_1" frameborder="0" marginwidth="0" marginheight="0" scrolling="no" width="728" height="90"></iframe>

ベラルーシ、レバノン(8:49 AM) - シリアのアレッポ州でアフリカのクルド人都市アフリンに全面的に暴行を起こした週の後、トルコの支援を受けている軍隊は、今でも小さくても戦略的な解決策をとらえる作業を開始した。

この襲撃は、アル・マスダール・ニュースと接触している現地のシリア軍の準軍事戦闘機(国防軍に所属)によって確認されている。

 
 
 

プロアンカラ武装勢力によるアフリンへの地上攻撃は、最終的に数百人を殺すのに役立ったトルコのジェット機と砲兵による都市の執拗な砲撃から1週間後に始まる。

確認されていない存在は、シリアのクルド人戦闘機が実際にアフリン戦争を試みることはなく、残りの居住者、アフリン地域の事実上すべてをトルコ連合軍の支配下に放棄したことを報告している。

 
この記事を共有する:
 
また読んだ  シリア軍は、最近捕獲されたイースト・グホタの町内の60人の民間人を救出する(ビデオ)
 
 
 
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« アレッポの帰... シリア軍は南... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。