イギリスのDS Gavin Williamson
©Quartz 
イギリス国防長官Gavin Williamson
テレーズ氏のコメントは、資金調達の増加を背景に英国の役割が「段階的」な軍事力として正当化されることを閣僚が尋ねた後、MoDを通じて「衝撃波」を送った可能性がある。 

最初に報告されたフィナンシャル・タイムズ伝えられるところで国防長官ギャビン・ウィリアムソンへの挑戦を投げたかもしれ国庫フィリップ・ハモンドの首相が出席し、会議中に火曜日に。 

ある防衛当局者は、閣僚の介入が、英国の未来を軍事指導者として疑問視していたことを知った上で、一部のスタッフが「彼らの頭を手にした」と述べた 

会談では、ウィリアムソンに、現代軍に必要な能力の再考と、FTによると、英国のサイバー戦闘能力とロシアを含む新たな脅威に対抗する能力に焦点を当てるように指示した。 

一方、ダウニング・ストリート(The Downing Street)は、MoDから出てくる物語を却下した。これは、5月が英国の軍隊を引き下げようとしていることを示唆した。しかし、ウィリアムソン氏の将来の国防支出計画に挑戦したことが確認された。 

首相のスポークスマンは、「5月は英国の軍隊に強くコミットし、強さと能力を維持することに変わりはない」と述べた私たちが直面する脅威を抑止し、必要に応じて敗北させる」 

「PMは単に、これが進める正しい方法だと確信していますか?」と会議に出席した当局者は言った。 

明確に定義されていないが、「第1段階」の権力は、独立国家の核抑止力と世界のどこにでも展開できる海軍、軍隊、空軍を維持する国家とみなされている。 

ウィリアムソンは、現在、部隊に200億ポンド(262億ドル)の資金援助ギャップを埋める努力の一環として、軍隊のミニ防衛費の見直しを準備中です。 

彼は7月のブリュッセルのNATO大サミットに先立ち、彼の「近代化防衛プログラム」についての暫定声明を発表する予定だったが、ハモンドと5月のさらなる調査の要請はそれを疑うものであった。ウィリアムソンの近代化遅れの審査は、今秋に終了する予定です。 

ドナルド・トランプ米大統領は、同盟メンバーがGDPの少なくとも2%に軍事費を増加させるという彼の要求を強化することが期待されるNATO会議に出席する予定だ。 

英国は現在、少なくとも2%の防衛費を費やしている29ヶ国同盟のうち5ヶ国のみであるが、コモンズ防衛セレクト委員会の最近の報告では、防衛費を3%に引き上げるか、170億ポンド(225億ドル) )、脅威の増大に対応するための「唯一の解決策」 呼んでいます。

それは今、発生する可能性は低いと思われる首相は、借入に君臨に付託し、木曜日に彼の年次マンションハウスのスピーチを使用することが予想されるとして、税上げながら、「ビット」」として記載されたNHS、のための資金を増加させるために、今週首相が政府の支出を優先した。