goo

シリアのクルド人武装勢力

2017年8月4日午前6時14分
PressTvユーザー

クルド人を武装している米国

報告書によると、米国が支援しているシリアのクルド人勢力は、RaqqahのDaeshテロリストに対して大幅な進歩を遂げました。シリア民主勢力は、彼らが呼んだように、都市の南部を完全に支配することに近いと信じられています。これはデエシュの首都です。しかし、もちろん、それは米国の直接的な助けなしには不可能かもしれない。これらのイメージは、アメリカ軍がシリアでの戦争にいかに関与しているかを示しています。それは、遅かれ早かれ国際社会の批判を引き出すだろう。そしてそれを超えて、それはシリアへの米軍の配備の結果であり、シリアだけでなくその隣人に対してもますます懸念材料となっています。    

<iframe src="http://presstv.com/Default/embedattached/536646" frameborder="0" width="555" height="312"></iframe>

パキスタンの政治

パキスタンの政治には大きな激動がありました。この国は一週間ほどの出来事を見ており、トップの役人は彼のポストを失っている。ナワズ・シャリフ首相は、金曜日、最高裁判所によって腐敗の疑惑について執行された。上級裁判所は、Sharifファミリーに犯罪調査を命じた。パキスタンの議員は、元石油相を選出してトップの仕事を取った。シャヒード・カハン・アッバシ、ナワズ・シャリフの長年の同盟国。彼は大多数を占めるパキスタンのイスラム教徒リーグ - ナワズによって昇格された。それは簡単にその候補者を得た。与党がシャリフの兄弟、シャハズ・シャリフが舵取りを取るまでは、ポストを握ることを望んでいるため、新首相の任期は非常に短いと予想されている。

<iframe src="http://presstv.com/Default/embedattached/536647" frameborder="0" width="555" height="312"></iframe>

 
 
 
 
コメント(1
 
ローズルージュ8時間前
アメリカはそれが望むことを行い、他の人はすべて閉ざさない。熊はうんざりし、何もしません。
コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )
« シリア戦争報... レバノンのヒ... »
 
コメント
 
 
 
北方シリア自治運動について (Hitoshi Yokoo)
2017-08-05 21:30:10
北方シリア自治運動は、シリア国家を前提にして、自治権の獲得を目指す運動である。オジャランの思想は、諸悪の根源である国家を超克する思想である。
自治運動のメインテーマは、女性の解放、多民族の共存、諸宗教の共存、持続可能な環境の維持等であり、どれもが人類に背負わされた困難な課題であるといえる。彼らは、それらの課題を自治運動内の実践を通じて実現しようと試みている。彼らの問題意識は、中東の内部問題である民族対立と宗教対立によって、地獄の様相を呈するこの現状をいかに超克するかにある。彼らは、自らの運動の成果を差し出し、中東和平に向けてのモデルケースにしたいと考えている。
西洋の左翼の中には、この自治運動と米国の「状況的提携」への無理解から、自治運動を米国の傀儡だと批判する連中がいる。自治運動の思想は、ネオコンのグローバル資本主義の対極にある。北方シリア自治運動は、アサド政権とは水面下での交渉を持ちながら、軍事的対立は回避している。アサドは、トルコによるシリア領土への越境は侵略であり、北方シリア自治運動はシリアの内部問題であると述べている。
私は、北方シリア自治運動が自らの理念を実現し、中東のみならず、世界の将来を希望へと導く起点になって欲しいと願っている。
 
 
 
Unknown (Unknown)
2017-11-07 15:25:30
しっし
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。