goo

ロシア、ソチ議会に派遣されなかった米国、フランスの「悪意のある」主張を爆発

2018年2月14日水曜日1:37
 
ロシア、ソチ議会に派遣されなかった米国、フランスの「悪意のある」主張を爆発
 
ロシアのセルゲイ・ラブロフ外務大臣は、ベルギーのディディエ・ライデンダーズ大統領と会談し、ワシントンとパリは、ソチで開催されたシリアの国家対話会議に代表者を派遣しなかったと主張していたことを否定した。

オブザーバーとしてのソチの議会への招待状は、国連安全保障理事会(米国、英国、フランス、中国)の常任理事国、ヨルダン、レバノン、イラク、サウジアラビア、エジプト、タス報告。

ロシア最高外交官は、「我々の西側諸国を除くすべての招待国(国)は、このイベントに出席するために高官を派遣した」と述べた。

それと同時に、ラヴロフの言葉では、「米国、フランス、英国は、代表者を送っていないと主張したときに不誠実だった」

ロシア外相は、「3カ国はすべて、大使館から外交官を派遣したが、オブザーバーとしては行かず、傍観するだけだ」と述べた。

「ソチには、合同の選手団が集まっていたことから、このイベントが我々の仲間を奨励したことを意味している」さらに進展は、「シリアの国連特使」Staffan de Misturaによるものであり、彼は努力を続けるために勢いを得ているようだ」とラヴロフは強調した。

1月下旬にソチのロシア黒海リゾートで開催されたシリア国家対話会議の参加者は、自国の将来に関する立場を概説する12項目の声明を採択した。この文書は、シリア国民がシリアの選挙で国の将来を決定する特権を保持していることを指摘すると同時に、シリアが主権と領土の完全性を維持すべきであると規定している

シリア人はまた、国連事務総長アントニオ・グテレスに、司法委員会の設置を手助けするよう要請した。委任はジュネーブの会談で明記される。

主催者によると、ソチ・シリア議会は、シリア社会のすべての地層を代表する1,511名の代表者を集めました。参加者の大半(94.5%)はアラブ人であったが、クルド族、ヤジディス族、アッシリア人、アルメニア人、チェコ人、チェチェン人、ダゲスタニ族、アブハズ人、トルコ人、ドルーゼ人もいた。主要な地域および世界の選手たちがオブザーバーとしてイベントに参加するよう呼びかけられました。




2018年2月12日3:31
 
イラン司令官:米国の司法認定によって引き起こされた新しいインティファダ
 
テヘラン(FNA) - イラン空軍司令官のハッサン・シャウ・サフィ(Hassan Shah Safi)司法長官は、エルサレム・アル=クーズをイスラエルの首都と認定し、米国とシオニスト政権に対するイスラム教徒の新しいインティファダを警告して国際法を無視したことに対してワシントンを爆破した。

米国の動きは「クッド市の状況の違法性を強調した国連安全保障理事会の決議242と271を含む国際法と世界社会のルールにとって大きな災害だった」とShah Safi将軍は述べた。日曜日の夜、テヘランに駐留する外国人軍との会談。

「米国は、この地域の混乱に対する措置が深刻な反応に直面するとは考えていないが、ワシントンの支配者は、イスラム世界全体と同様に、第1および第2のインティファダよりも広範囲のインティファダを待つべきだ、と彼は付け加えた。

Shah Safi将軍は、イスラエルとの関係を正常化しようとする一部のアラブ諸国の裏切りにもかかわらず、Qudsの問題はイスラムのウンマの名誉の尺度と主な原則としての役割を果たすと強調した。

イランのセイエド・アッバス・アラクチ政務官は、1月の関連記事で、エルサレム・アル=クッド氏は永遠にパレスチナ人の首位を維持すると強調し、イランは反対の動き

「Qudsはムスリム世界とパレスチナの変わらぬ首都だ」とアラクチ氏はテヘランのフォーラムに取り組んだ。

ブッシュ大統領は、イランのパレスチナ首都としてのベイト・アル=モッカダス(アル=クアズ)に対する永久的な支援を強調し、「この現実を変えるいかなる試みにも直面する」と述べた。

アラクチ国防相はまた、ドナルド・トランプ大統領の声明に対するイスラエルの首都宣言を非難し、イスラム世界と国際社会までもこの決定に怒りを表明したと付け加えた。

 

 

 

 


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« テロリスト、... 米国情報機関... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。