goo

シリア戦争報告 - 2018年7月1日:15以上の和解中の武装勢力がシリア軍に降伏

シリア戦争報告 - 2018年7月1日:15以上の和解中の武装勢力がシリア軍に降伏

 

あなたができる場合は、私たちのコンテンツやアプローチが好きな場合は、プロジェクトをサポートしてください。私たちの仕事はできないでしょう  、あなたの助けなし:ペイパル:  southfront@list.ru  または経由:  http://southfront.org/donate/ または経由:  https://www.patreon.com/southfrontBTC: 13iYp9CDYZwgSnFXNtpEKgRRqaoxHPr2MH、BCH: 1NE49pQW8yCegnFCMvKuhLUnuxvTnxNUhf、  ETH: 0x962b312a9d41620f9aa0d286f9d7f8b1769bfae6 

シリアのアラブ軍(SAA)、タイガー軍およびその同盟国は、シリア南部のハヤト・タフリール・アル・シャムおよびその同盟国との戦いにおいて、すばらしい迅速な勝利を達成しようとしている。

ここ数日間、政府軍はダーラの東部と西部の田舎の15の集落を解放し、いくつかの武装集団に降伏協定を受けさせるよう強制している。

シリアの国営メディアによると、ティシヤ、マララバ、アル・サマキヤット、スマード、サムジ、アブ・ハチュラ、エレムタイ、アル・テーバ、アルナダ、ジャムリンの少なくとも10村がほぼ調和合意に調印し、武装勢力は降伏の準備を始めた。

Bosra al-Shamの町の武装勢力は既に武器を降伏させ始めている。それと同時に、タファスの町でいわゆる中立的な反対があり、ISIS連合のハリド・アルワリッド軍に忠誠を誓う。

イスラエル国防軍(IDF)は、シリアとの連絡線の近くにある占領されたゴラン高原に、戦闘爆弾を含む装甲砲兵を追加配備した。

イスラエルは、追加の軍は、潜在的な事件にのみ「対応」するために配備されたと主張し、「IDFはシリアで起こっていることに非関与の原則を主張し続ける」と主張した。

一方、現実には、イスラエル軍は、これらの攻撃を防衛策として記述しているシリア南部と中央部のダマスカス政府の軍隊を繰り返し標的にしている。

これらのストライキの多くは、SAAとテロリストの間の重要な戦いの間に行われたことに注目するのは興味深いことです。

シリアと地元の筋によれば、IDAはDaraaとQuneitra州で進行中のSAA反テロ活動の中でより多くのストを実施する準備を進めている。このようなストライキはシリアとイスラエルの緊張の新たな勃発を引き起こすが、武装勢力の防衛はすでに崩壊しているため、これらの州の戦略的な状況には何ら影響を及ぼさないだろう。

イスラエル軍が占領されているゴラン高原付近のハリド・アルワリッド軍を攻撃しているSAA軍を引き続き攻撃する場合、国際聴衆はイスラエルがISISを奨励しており、テロリストを使ってバッファーゾーンを作ることが容易に分かります。

 

 

サウスフロント

あなたはこのコンテンツが好きですか?私たちを助けてください!

 
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

ヨルダン、ロシア、シリア南西部で会談

ベイルート、レバノン(1日20分) - ヨルダンのエイマンサファディ外相が火曜日にモスクワを訪れ、シリア南西部の状況について話し合う予定だと、ロイター通信が午後に報じた

ロイター通信の報道によると、サファディは、モスクワを訪れて、ロシアのカウンターパートSergei Lavrovと、シリア南西部の現状について会談する予定である。

 
 
 

サファディ会長は、「できるだけ早く停戦に到着する方法を議論する率直な議論を楽しみにしている」と述べた。

ヨルダンは、シリア南西部のロシア軍と野党軍の間の中立的な媒体にしようとしている。

ヨルダン政府は、過去2回の停戦交渉にもかかわらず、シリアの野党がこれらの協定を放棄しないようにしていない。

ロシアはシリア南西部の反政府勢力と直接接触しているが、野党が政府と和解するように説得することもできなかった。

これらの和平交渉が失敗した結果、ダーラア州での戦闘は激化し、政府軍はほぼすべてのAl-Sweida Governorateの国境を掌握した。

シリアの人権天文台(SOHR)の報告によると、このシリア軍のDaraa Governorateにおける軍事攻撃の結果、16万人以上が移住した。

さらに、ヨルダンとイスラエルは、難民の窮状に加えて、彼らの国への難民認定を拒否している。

両国は、彼らが亡命者に援助を提供し続けると述べているが、現時点ではいかなるシリア人も認めないであろう。

 
 
また、  OPCWはシリアの化学兵器検査でセッションを開始する(ビデオ)
 
 
 
準東 アジアと経済を専門とする編集長
 
 
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

米軍は防衛を目的として日本に駐留しているわけではない

2018.07.02
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類

 言うまでもないことだが、アメリカ軍は防衛を目的として日本に駐留しているわけではない。最大の目的は中国やロシアに軍事的な圧力を加え、あわよくば侵略することにある。1991年12月にソ連が消滅した後、アメリカは東アジアを重視するようになるが、これはロシアを属国化した次は中国ということ。朝鮮半島の問題も本質は米中問題だ。

 

 ジャーナリストのF・ウィリアム・イングダールによると、ジョージ・H・W・ブッシュと同じようにエール大学でCIAにリクルートされ、韓国や中国で駐在大使を務めたジェームズ・リリーは彼に対し、もし「北朝鮮」が存在しなかったなら、(東アジアに)第7艦隊を展開させる言い訳を作る必要があったと語ったという。アメリカは朝鮮を軍隊配備の口実として利用してきたということだ。朝鮮半島の緊張が緩和されたなら、新たな火種をアメリカは作るということでもある。

 

 それに対し、ロシアは東アジアの経済交流を盛んにし、安定化させようとしてきた。そのため、天然ガスや石油のパイプライン、そしてシベリア横断鉄道を中国や朝鮮半島へ延ばし、そのまま半島を南下させたいと計画している。

 

 この計画に賛成してもらうため、ロシアは朝鮮の金正日に対し、110億ドル近くあったソ連時代の負債の90%を棒引きにし、鉱物資源の開発などに10億ドルを投資すると2011年夏に提案した。金正日は受け入れたのだが、その年の12月に急死してしまう。それでも計画は生きているようだが、アメリカ主導で行われている「制裁」が現在の障害。その「制裁」を解除するためには、朝鮮に核兵器やミサイルの開発を断念させる必要があった。

 

 ロシアの計画には中国や韓国も賛成、この3カ国は朝鮮を引き込むことに成功、アメリカと朝鮮の首脳会談にこぎ着けたが、アメリカ支配層の内部にはこうした流れを断ち切ろうとする人たちがいる。ドナルド・トランプ大統領も制裁の継続を口にしている。

 

 アメリカが相手にしているのは朝鮮でなく中国だということは安倍晋三首相も理解しているようだ。2015年6月1日には赤坂の「赤坂飯店」で開かれた官邸記者クラブのキャップによる懇親会で、「安保法制は、南シナ海の中国が相手なの」と口にしたと報道されている。南シナ海は中国が計画している一帯一路のうち、海のシルクロードの東端。この海域を支配しようとしているアメリカは現在、台湾海峡の軍事的緊張を高めている。アメリカ軍や自衛隊にとって先島諸島の重要度は高まりそうだ。

 

 今年(2018年)5月30日、アメリカの太平洋軍はインド・太平洋軍へ名称が変更された。担当海域を太平洋とインド洋に拡大するということ。太平洋の拠点は日本、インド洋の拠点はインド、ふたつをつなぐ役割をインドネシアが担うという。ディエゴ・ガルシア島も重要な役割を果たすことになる。1992年にネオコンが作成した世界制覇プランに基づいてアメリカの戦争マシーンに組み込まれてきた日本も影響を受ける。

 

最終更新日  2018.07.02 10:06:48 
 
 
2018.07.01
カテゴリ:カテゴリ未分類

 ドナルド・トランプ米大統領の義理の息子で大統領上級顧問を務めるジャレッド・クシュナーと国際交渉に関する特別代表のジェーソン・グリーンブラットはサウジアラビア、エジプト、ヨルダン、カタールを訪問したが、このふたりの主導でヨルダン、エジプト、サウジアラビア、イスラエル、そしてパレスチナの情報機関のトップが秘密裏に会談したとフランスのニュースレター、インテリジェンス・オンラインが伝えている。パレスチナ側はこうした会談へ代表を派遣していないと主張しているので、報道が事実なら個人的に参加したことになるだろう。

 

 トランプ大統領は昨年(2017年)12月6日の演説でエルサレムをイスラエルの首都だと認め、アメリカ大使館をそのエルサレムに建設する方針を示したが、それをきっかけにしてサウジアラビアの操り人形と見られているパレスチナ自治政府のマフムード・アッバス大統領も反発、アメリカ政府は大統領をパレスチナで情報機関のトップであるマジェド・ファラジュへすげ替えようと考えているとも主張されている。

 
<iframe class="hatena-bookmark-button-frame" title="このエントリーをはてなブックマークに追加" frameborder="0" scrolling="no" width="115" height="20"></iframe>

最終更新日  2018.07.01 09:00:09 
2018.07.01
カテゴリ:カテゴリ未分類

 ドナルド・トランプ米大統領とウラジミル・プーチン露大統領は7月16日にフィンランドのヘルシンキで会談すると伝えられている。アメリカの大統領である以上、トランプも圧力団体の意向には逆らえず、会うことは時間の無駄だと考える人もいるが、軍事的な緊張のエスカレートにブレーキがかかると期待する人もいる。

 

 ソ連を消滅させたのはジョージ・H・W・ブッシュを中心とするCIA人脈とフィリップ・ボブコフなどKGBの中枢だと言われているが、その後、アメリカが唯一の超大国になったと認識して世界制覇計画を作成、侵略戦争へと突き進んだのはネオコン。その計画を実現しようと1990年代は有力メディアは必死に宣伝、ユーゴスラビアをアメリカ/NATO軍が先制攻撃したのは1999年だった。2000年の大統領選挙でネオコンは強引に大統領の座を獲得、01年9月11日の出来事をきっかけにしてアメリカは世界侵略を本格化させる。

 

 しかし、2008年にはジョージア軍を使って南オセチアを奇襲攻撃したが、ロシア軍の反撃で粉砕されてしまう。正規軍による侵略に失敗したこともあり、バラク・オバマ大統領は2010年8月にPSD11を出し、ムスリム同胞団を使った体制転覆計画を作り上げる。そして「アラブの春」が引き起こされた。この軍事作戦にはサウジアラビアの支配下にあるサラフィ主義者(ワッハーブ派、タクフィール主義者)も使われた。

 

 ウクライナでは2014年2月にネオコンがクーデターで合法政権を転覆させる。ウォール街やシティによる略奪に抵抗したからだが、このクーデターの実行部隊になったのがネオ・ナチ。この勢力は今でもウクライナで猛威を振るっている。このクーデターの黒幕もネオコンだった。ただ、このクーデターではクリミアを制圧してロシア海軍に決定的な打撃を与えるという目的は達成できなかった。

 

 こうしたネオコンの計画は予定通りに進んでいない。ソ連を消滅させ、ロシアを属国化して食い物にしたが、21世紀に入るとウラジミル・プーチンがロシアの再独立に成功、アラブの春でターゲット国のひとつになったシリアでは戦乱が長引き、アメリカなどが手先にしていたサラフィ主義者やムスリム同胞団を主力とする武装集団は壊滅状態。そこでクルドを新たな手先にし、ジハード傭兵の残党を合流させているのだが、それに対するシリア政府軍の反撃が始まった。シリア国民も侵略軍に対して立ち上がり始めたと伝えられている。

 

 アメリカは経済的にも厳しい状況にあるが、それでも時間稼ぎする必要があると考える勢力が支配層の内部にいるようだ。ネオコンは反発しているだろうが、かつてのような勢いは感じられない。

<iframe class="hatena-bookmark-button-frame" title="このエントリーをはてなブックマークに追加" frameborder="0" scrolling="no" width="115" height="20"></iframe>

最終更新日  2018.07.01 01:42:15 
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

イラクは、Daesh入国を阻止するためにシリアとの国境フェンス建設を開始

  • イラクは、Daesh入国を阻止するためにシリアとの国境フェンス建設を開始

イラクは、シリアとの国境に沿ってフェンスを建てるプロジェクトに着手した。それは、デセ・タクフィリの過激派による国入りの試みを阻止しようとしているからだ。

国境警備隊のスポークスマンは、6メートル幅の塹壕を含み、国境をスキャンする熱カメラと無人機を含む新しい柵は、アンバー州のアル=カイムの町から約600キロメートルの範囲をカバーすると発表した。

「10日前、シリアとの国境沿いの監視塔を備えた有線式のセキュリティフェンスを設置し始めた」とアンワル・ハミドNayef氏は付け加えた。フェンスの約20キロメートルは既にアルカイムの北側に設置されていたと付け加えた。

当局者は、イラクの国防省の専門家と外交連合の関係者がフェンスとその仕様を承認すれば、フロンティアの障壁はイラクとシリアを隔てる国境全体にまで広がると語った。

「彼らが施設を承認すれば、私たちはシリアとの国境を越えて継続する」とNayefは語った。専門家は「フェンスの有効性を評価する」と述べる。

SS

2018年7月2日05:29 UTC
         
  •  
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

武装勢力はシリア南西部で重武器を手渡す

  • 武装勢力はシリア南西部で重武器を手渡す

シリアの南西ダーラアのテロリスト団体は、武器を政府軍に引き渡すようになった。

ボスラ・アル・シャム(Bosra al-Sham)のヘスボラ軍事メディア部隊によると、武装勢力は政府と和解することに合意し、軍の進入に備えて重機を引き渡すようになった。

その日の早い段階で、外務省のタクフィリテロリストは、政府軍と人気のある国防グループの同盟国の戦闘員が領土の利益を上げているため、シリア南西部の停戦に向けて、ロシア軍との和平交渉を再開した。

一方、シリア軍は南部で軍事作戦を拡大し、ダラアで数十の町や村が解放され、武装勢力に対して大きな利益をもたらした。

シリア軍はまた、ダーラア市の東部および南東部の武装勢力に攻撃を行った。

Dara'a市の南東部とAl-Naima町の東方にあるAl-Jumrok al-Qadimの戦闘用ルートと補給線に対する一連の集中砲撃が、私の政府軍に成功裏に行なわれました。  

攻撃の間にいくつかのテロリストの隠れ家が破壊され、大きな損失が彼らの階級に課された。

シリアの南西は、ヨルダンとイスラエルが占領していたゴラン高原との国境に近いため戦略的に敏感です。

ダーラアの再捕獲は、イスラエルが長年にわたり負傷した武装勢力を治療するために使用していた占領されたゴラン高原と接しているため、非常に重要です。

また、イスラエルの首相、ベンジャミン・ネタニヤフ(Benjamin Netanyahu)は、シリアでの戦争から逃れた一般市民は、イスラエルへの入国を許可されないと発表した。

「南シリアについては、引き続き国境を守るつもりだ」と述べた。

「我々の能力の範囲で人道援助を拡大し、私たちの領土への参入は認めない」と付け加えた。

SS

2018年7月2日08:29 UTC
         
  •  
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

先月、英国のジェット機がタフでシリア軍を爆撃

  • 先月、英国のジェット機がタフでシリア軍を爆撃

イラクとヨルダン国境付近のシリア軍は、英国戦闘機が直接攻撃を受け、陸軍将校を殺害し、7人が負傷したと日曜日に報じられている。

英国と米国の特殊部隊が武装勢力を訓練しているアル・タンフ基地付近で、タリファイのテロリストと戦っていたシリア軍に、台風のジェット機が500ポンド(226キロ)の爆弾を落としたという。

米国とその同盟国がダマスカスを非難した疑いのある化学攻撃に続いて、4月に英国軍がシリアで一連の空爆に参加して以来の最初の爆撃である。 

シリア軍は反政府勢力のマハウィール・アル・トウラ武装勢力が訓練され指揮されているアル・タンフ基地に近づくと考えていたことから、英国は先月、爆弾を落とした。 

米国は、シリア、イラク、ヨルダンの国境が合流するアル・タフ砂漠で大きく強化された基地を建設した。 

米国と同盟国は、この地域に34マイル(54キロ)の地域を指定し、シリア軍に自国の領土内で接近することを警告した。

国防総省は、外交部のロシア軍事専門家によると、シリア内の19カ所の軍事キャンプで数十人のタクフィリテロリストを訓練している。 

先月、イラクの有力なハシュド・アル=シャアビー戦闘機が、この地域の近くで空爆を受け、ミサイルの破片が米国の攻撃であることを示したとのグループがあった。  

戦闘員が復讐を誓うと、ワシントンはイスラエルが空襲の後ろにいると疑ったが、シリア政府とイラク関係者は米国の航空機がストライキを実施したと述べた。

準軍組織は、6月17日の夜間襲撃に続いて、ダール・アル・ザウラー州のシリア村のアルハリで22人の戦闘機を失ったと述べた。 

ハシュト戦闘員は、シエリア政府の要請を受けて、ダエシュテロリストに対抗し、イラクの国境から離れさせるために、この地域で活動している。

米国は過去に何度かシリア国内の政府軍とその同盟国を攻撃してきた。

4月には、米国、フランス、英国が100以上の巡航ミサイルを使用して、シリアの目標に対する協調攻撃を開始した。  

シリアの指導者らは、米国とその同盟国がアラブ諸国を破壊し、そこでの武力衝突を延ばそうとしていると述べた。

先月、シリアの国営通信社のSANAは、トワイミン地域のデシュ・テロリスト・グループの高官2人を、ハサカ州のアル・シャダディ(Al-Shaddadi)のアメリカ拠点に空輸したと語った。

一般に武装勢力に同情しているいわゆるシリア人権天文台は、これまでも同様の主張をしており、デシュのメンバーの米国空輸について報じている。 

米国とその同盟国は、ダマスカス政府の承認を得ずに、2014年9月以来、シエラの中でデシェスと呼んでいるものを爆撃している。

ダマスカスは、米国とその西側および地域同盟国がタクフィリテロリストを支援している一方で、イスラエルはシリア政府軍に対して散発的な攻撃を行っていると述べている。

礼儀:プレスTV

SS

2018年7月2日09:50 UTC
         
  •  
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

Hudaydahに対する攻撃の停止のアラブ首長国連邦の主張は真ではない:イエメンのAnsarullah

  • Hudaydahに対する攻撃の停止のアラブ首長国連邦の主張は真ではない:イエメンのAnsarullah

イエメンのアンサララ運動は、アラブ首長国連邦(アラブ首長国連邦)が武装闘争の停戦を主張していることが「世論を欺く」ために行われたことを強調し、

ムハンマド・アブドゥル・サラム(ムハンマド・アブドゥル・サラム)スポークスマンは、イエメンのアラブ言語のアンサララのニュースポータルで、声明を発表した。彼は、イエメンの都市に対するアラブ首長国連邦の攻撃は止められていないと述べた。

アブドゥル・サラム氏の発言は、アラブ首長国連邦外務省のアンワル・ガガシュ外務大臣が、紛争の解決を目指す国連の努力の機会を与えることを目的とした、同市に対する攻撃の中断を発表した直後の日であった。

6月13日、エメリッティ軍と元イエメン大統領Abd Rabbuh Mansur Hadiを支持する武装勢力は、密集した人口の多い都市であるフダイダと戦争で崩壊した国の最も重要な港を侵略するために大きな攻撃を開始した。これは貧困層の70%国の輸入。

しかし、攻撃はイエメンの軍隊とHouthi戦闘機が街を守るために強固な抵抗力を持っているため、今のところ目標を達成できていない。この襲撃は、貧困国の人道的危機を和らげるという警告にもかかわらず、開始された。 

アブドゥル・サラム氏は、UAEの停戦宣言は、実際にフダイダ占領の失敗を白くしようとしていると述べた。ハウダイ運動は国連のフダイダでの技術的役割と管理的役割を受け入れたが、同市での世界遺産の観測所の役割は受け入れられないだろう、と彼は述べた。

イエメン軍が侵略軍に対して防衛するためのイエメン軍の重要な援助であるアンサララ運動は、過去3年間に効果的な政権が存在しなければ国政運営を続けてきた。

一方、政治局政治局のメンバーであるDhaifallah al-Shamiは、リヤド政権が率いるいわゆる軍事連合におけるサウジアラビアの最も重要な味方であるアラブ首長国連邦(UAE)は、それはHudaydahと西海岸で作成された沼地。

彼は、エミレーツ軍はこの地域では苦労しており、アブダビはイエメン地方の崩壊の道を切望していると付け加えた。

SS

2018年7月2日05:36 UTC
         
  •  
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

FSAはシリア陸軍に降伏を開始 - アサドに近い勝利

FSAはシリア陸軍に降伏を開始 - アサドに近い勝利
FSAは歴史的な都市Busra Al-Shamのシリア陸軍に降伏し始めた - 歴史的都市Busra Al-Sham

の中にあるFree Syrian Army(FSA)の派閥は、シリアの陸軍(SAA)部隊に降伏を開始することに合意したダラア県の南東の田舎で、現地筋が今朝、アル・マスダル・ニュースに語った。

現地筋によると、シリア軍が提供した条件に合意し、重機と中型の武器を手渡すことに同意した、フリー・シリア派勢力の指揮官、アフマド・アオダが率いられた。

今後24時間以内に、2015年3月に旧市街から撤退して以来、シリアのアラブ軍はBusra Al-Shamに初めて入る予定です。

シリアのアラブ軍にとっては、Busra Al-Shamは戦略的にAl-Sweida Governorateの州境の西に位置しているため、これは大きな勝利です。
__________________
"私の敵は私の敵です"とは、論理的な誤りです。WNとWNのイデオロギーの自己宣言相手であるトミー・ロビンソンのようなシオニストを支持することは、論理的な誤りではありません。それは反逆です。

https://www.counter-currents.com/201...nd-tommytards/

https://www.standard.co.uk/news/uk/e...t-8653809.html

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

Daraaのデモネーターはイスラエルを守るよう呼びかけている(ビデオ)

ベラルーシ、レバノン(12:40 PM) - Daraaのいくつかの住民は、最近、州のシリアのアラブ軍(SAA)による継続的な攻撃に対して抗議した。 

住民はイスラエルに対し、今一週間以上続いている政府の攻撃から彼らを守るよう呼びかけた。

 
 
 

以下はデモからのビデオです。それはSTEP News Agencyによってリリースされました:

 
 
Daraaのデモネーターはイスラエルを守るよう呼びかけている(ビデオ)
 
almasdarnews.com

イスラエルとヨルダンの双方は、12万人以上の移住にもかかわらず、シリア難民の国への逃走を拒否している。

イスラエルとヨルダンは、被災国に人道援助を行っているが、両国は国境を閉鎖し、国境を越えて安全保障を強化している。

 
 
 
また  、東南アジアのDaraaで新たな攻撃を開始
 
 
 
準東 アジアと経済を専門とする編集長
 
 
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

ヒズボラは「世界のすべての災害の背後にあるシオニスト主体」

  • 2018年7月2日(月曜日)
  • ジヨン長老
 


イランの報道機関 からちょうど楽しいもの
レバノンのヒズボライスラム抵抗運動の副議長のシェイク・ネイム・カッセム(Sheikh Naim Qassem)は、次のように述べています。「奪取するイスラエル人を忘れないでください。地域と世界の災害はすべてイスラエルから来たものですが、この政権は傭兵、サポーター、スパイサービスを動かして使います。この政権は、「世紀の取り引き」(パレスチナ問題のアメリカの提案)を準備しているが、イスラーム抵抗とパレスチナ国家のため、イスラエルは前進できない何でも我々は、イスラム抵抗が地域に存在する限り、アメリカとイスラエルのプロジェクトは実施されないと確信している」
ヘスボラやイランが平和への障害になっているとJ-
 
それから、Jストリートはイランとその代理のテログループであるヘズボラと合意し、米国の平和提案はそれほど恐ろしいものであり、すべての軍がそれと戦うために奮闘しなければならないということを認めている。
 
はい、Jストリートには、ネイム・カッセムは同盟国であり、イスラエル政府は敵です。
 
 


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ