goo

焦点:核合意離脱で孤立する米国、今後の対イラン行動困難に

  • 2018年05月12日 09:13

焦点:核合意離脱で孤立する米国、今後の対イラン行動困難に

 

[ワシントン 9日 ロイター] - トランプ米大統領が、欧州諸国や共和党関係者らからの警告にもかかわらずイラン核合意からの離脱を選んだことで、米国の反イラン運動が孤立し、予測不能の事態に陥る可能性が強まったと専門家は指摘する。

トランプ大統領は8日、欧米とイランが結んだ核合意からの離脱を表明。合意はイランの核開発や邪悪な行為に厳しい制限を掛けず、気前よく経済制裁を解除したと主張した。

米国の合意離脱は、核問題だけでなく、イランの影響が及ぶイエメンやシリア、イラク、アフガニスタンの脅威に対する今後の行動について、欧州や他の諸国との結束を難しくするかもしれないとアナリストは分析。

また、中東地域で予測できない状況を生み出し、イランが同地域で米国の国益に公然と歯向かって影響力を強めようとするかもしれない。マーチン・デンプシー元統合参謀本部議長はツイッターに「われわれは、より危険な道で孤立し、選択肢も少ない」と投稿した。

イスラエル軍は8日、イランの友好国である隣国シリアと衝突する恐れから、警戒態勢に入り、地域の緊張が高まっていることを裏付けた。

ブッシュ政権時代に国務省高官だったニコラス・バーンズ氏は「離脱は米国の力を弱めることになる」と話す。イランの強硬派を勢いづけ、対イラン政策でロシアや中国からさらに遠ざかり、欧州諸国を困らせるという。「長い間協力してくれた欧州諸国の意欲に深いマイナスの影響を及ぼすだろう」

米政府当局者は、米国とイランの関係悪化が隣接するイラクに悪影響を与えると指摘する。

イラクでは12日に国会選挙があるが、米国が支援した過激派組織「イスラム国」掃討後の選挙で、アバディ首相が続投を目指している。マティス国防長官は選挙を巡りイランが邪魔していると非難した。

マティス氏はかつてイラン核合意の順守が必要だと公言していたが、その後見解を和らげ、議会に対して、修正が必要な不完全な軍縮合意だったと述べた。

ただ関係者によると、内々でマティス氏はイランの脅威を考えると同盟国と協力すべきだと強調してきたという。4月26日の議会証言でマティス氏は「中東の安定に何が重要かという点とイランによる脅威に集中すべきだ」と語った。脅威は核開発を超えてテロ支援やサイバー攻撃にまで広がっていると述べた。

西側のある外交官は、イランがシリアやイラクで米国に対し報復することには疑念を呈す。イスラエルの反撃が考えられるためだ。

「米国を懲らしめるため、イスラエルと戦争する危険は冒さない」と話す。イスラエルは2月からシリアでイラン軍と競り合っており、戦線拡大が懸念されている。イスラエル軍は8日、シリアでイラン軍の不規則な動きを察知したとして、ゴラン高原で防空体制を取るよう指示した。

米国はイランがイエメンで反政府組織「フーシ」にミサイルを供給し、内戦を地域紛争に拡大させているとして、イランを非難している。

米当局者は、イランのライバルであるサウジアラビアを標的にするフーシへの支援をイランが強めるとの懸念があると認めた。イエメンからのミサイル攻撃でサウジ側に多数の死者を出せば、広範な地域戦争の恐れが高まると専門家は指摘する。

イラン核合意の崩壊はまた、イランがひそかに核開発を再開するリスクを高める恐れがある。イランは核兵器の開発を否定し、平和目的の核利用だと主張している。

(Phil Stewart記者)

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

ドイツ首相、「アメリカの核合意離脱は国際体制の信用を弱める」

  • ドイツのメルケル首相ドイツのメルケル首相

ドイツのメルケル首相が、アメリカの核合意離脱は間違いで、懸念の要因であり、また国際体制の信用を弱めるものだとしました。

ロシアのタス通信によりますと、メルケル首相はドイツ・ミュンスターで、「国連安保理が全会一致で承認した取り決めの一方的な離脱は、誤った行動だ」と語りました。

ロシアのプーチン大統領とメルケル首相は、電話会談で、アメリカの離脱後においても、核合意の維持が必要だと強調しました。

ドイツのマス外務大臣は、「アメリカの核合意離脱は、ヨーロッパとアメリカの友好関係に傷をつけた。ドイツは必要であれば、これに関して、アメリカと争うことになる」としました。

ドイツの経済・財務大臣もドイツ企業がイランで活動を続けられるよう努力すると強調しました。

フランスのルドリアン外務大臣も、フランスの新聞ル・パリジャンのインタビューで、イランと取引を行う外国企業に対するアメリカの制裁行使は受け入れがたいものだとして、ヨーロッパ諸国はアメリカの核合意離脱の代償を支払うべきではないとしました。

フランスのルメール経済財務大臣も、11日金曜、核合意の離脱に関して、アメリカに対し、ヨーロッパ諸国が断固とした態度を示すよう求めました。

フランスは、同国の企業に対する制裁の脅迫により、WTO・世界貿易機関に対して、アメリカを訴えることを決めているといわれています。

 

アメリカのトランプ大統領

 

アメリカのトランプ大統領は、今月8日、アメリカは核合意を離脱し、3ヵ月後、半年後の2段階で制裁を復活すると発表しました。

2018年05月12日18時50分
         
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

アメリカの制裁を否定するヨーロッパ

  • フランスのルドリアン外務大臣フランスのルドリアン外務大臣

フランスのルドリアン外務大臣が、イランと取引をする外国企業に制裁を行使するアメリカの行動は受け入れがたいとしました。

ルドリアン外相は、「ヨーロッパ諸国は、アメリカの核合意離脱による代償を支払うべきではない」と語り、イランと業務を行うヨーロッパ企業に対するアメリカの立場を批判して、ヨーロッパ諸国はアメリカ政府の対イラン制裁に対抗する中で、自国の企業の利益を守るべきだとしました。

アメリカの反イランの行動に対するフランスの強い立場は、ヨーロッパは以前のようにアメリカのイラン政策に全面的に従うことを望んでおらず、核合意が国際合意として効果を発揮したことから、真剣に核合意を守ろうとしているということを示しています。一方で、核合意の維持は、イランの遵守にかかっています。イランはイランの利益が保証されるまで、核合意にとどまるとしました。当然、アメリカがイランと経済的な関係を持つ国外の銀行や企業、団体に対する2段階目の制裁を行使して、イランに対する圧力を強め、ヨーロッパの大国の政府やEUがこれに対策を取らない場合、イランに核合意にとどまることを期待してはなりません。もしヨーロッパ諸国が、このような期待を抱いているのであれば、イランはこれを承諾することはないでしょう。

現在、核合意から離脱したアメリカのトランプ大統領に対して断固とした形で真剣な態度を取るか、またはアメリカの制裁に関する要請に適切な対応を取らず、行動における独立を奪われるだけでなく、アメリカの要請に消極的な態度を取ることで、経済的な利益を失うことになるかについて、先に決めるのはヨーロッパ諸国です。

核合意が破棄された場合、国際社会におけるヨーロッパの立場が損なわれるだけでなく、核合意とその監視の原動力としての信用も、疑問視されることになります。

 

EUのモゲリーニ外務安全保障政策上級代表

 

EUのモゲリーニ外務安全保障政策上級代表は、次のように強調しました。

「核合意は効果的だった。EUは核合意の維持を決意している。どの国も、一方的に核合意を破棄することはできない。なぜなら、これは2国間の合意ではなく、世界的な財産だからだ」

EUは、トランプ大統領の核合意離脱に否定的な反応を示し、核合意はヨーロッパ、地域、世界全体の安全保障に必須だと強調しています。ヨーロッパは、自国の安全保障的な利益のために行動しています。おそらく、このために、フランスのルメール経済財務大臣は、アメリカの核合意離脱に対して強い立場をとることを望んでいます。ここから、ヨーロッパ諸国の政府はアメリカの脅迫や要請に断固とした立場を取ることが期待されるのです。

2018年05月12日17時11分
         
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

イランの最高指導者たちは、同盟国に電子メールを漏らして

イランの最高指導者たちは、同盟国に電子メールを漏らして、米国は「屈辱的な奴隷を所有したい」と述べ、

  43 寄付する

 

イランの最高指導者、アヤトラ・カメネイ氏は、ワシントンが「屈辱的な奴隷を望んでいる」と言って、ペルシャ湾岸諸国への電子メールの漏洩についてドナルド・トランプ大統領を嘲笑した。

ハメネイ氏によると、トランプ氏は電子メールで次のように書いています。「私は7兆ドルを費やしました。

ニューヨーク・タイムズ紙は、中東の同盟国を支援し、同盟国にイランに反対するための努力をするよう過度の金を費やしているとの2件の電子メールを、トランプが2人の米国勢力に送ったことを確認した。

さらに、トランプはシリア紛争に関してより積極的に行動するよう同盟国に呼びかけられたと言われている。

Khamenei.ir@khamenei_ir
 
 

A few days ago Trump wrote a letter to leaders of states, which was revealed to us. He wrote: "I spent $7 trillion and you must do something in return." The U.S. wants to own humiliated slaves.

 

 

   43 寄付する

 

サウスフロント

あなたはこのコンテンツが好きですか?私たちを助けてください!

 
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

イラン、核計画の再開準備、シリアにおけるイスラエルと米国の爆発

イラン、核計画の再開準備、シリアにおけるイスラエルと米国の爆発

 
 

イラン政府は、米国の論争に端を発した中で、多国間の核協定が崩壊すれば、核開発計画を再開することを計画していると述べた。

イランは、オバマ大統領の政権下で達成された2015年の核協定を解体するドナルド・トランプ大統領の努力を非難した。同協定の条件のもと、イランは制裁救済のために数十億ドルと引き換えに核活動を大幅に抑制した。トランプ氏は、この取り引きが十分に行かず、ワシントンとテヘランの間の他の外交争いについては触れていないと感じた。火曜日、彼は正式に制裁を復活させ、欧州同盟国を怒らせ、イランを怒らせた。

イラン政府は、中国、フランス、ドイツ、ロシア、英国が覚書を締結するために奮闘したことで、イラン原子力機関(IAEA)の大統領は、次のように準備を進めている。イランの勇敢な核科学者の最新の研究と開発の成果を利用して、何の制限もなく工業規模での濃縮を追求する」と述べた。

「イランの人々は静かで自信を持って進歩と発展への道を歩み、イランの政府はいかなる状況下でもこれを促進するために必要なすべての措置を予見している」と声明は付け加えた。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

過去24時間のシリア

過去24時間のシリア:軍隊はアルハジール・アル・アスワドのテロリストで、ヤルモク・キャンプとアル・タダモンから隔離している

アル・ハジャール・アル・アスワドで反テロ活動を続けている

2018年5月11日
ダマスカス田園地帯、サナ

シリアのアラブ軍ユニットは、金曜日、アル・ハジャール・アルシュワド地区での軍事作戦を続け、中部ダマスカスのイエルダ、バビラ、ベイト・サヘムの町に治安部隊が進入した。

サアの報道官は、シリアのアラブ軍ユニットが、アルハハル・アル=アスワドの北部でテロリストの勢力に対して正確な操作を行い、複数の方向から攻撃を開始し、テロリストに大きな損失を与えたと報じた。

シリア空軍はまた、テロリストが保有する残りの地域の深さにテロリストの要塞地点とポケットを対象とした空爆を実施した。

陸軍部隊は現在、アル・ハジャール・アル・アスワドの北部に位置するテロリストを取り囲んでおり、ヤルモック・キャンプとアル・タダモン地区に位置するテロリストとは隔離されている。

人民の歓迎の中で、内部の治安部隊はイルダ、バビラ、ベイト・サマを入力


2018年5月11日
ダマスカスの田舎、SANA

治安部隊は、ダマスカス南部のイエルダ、バビラ、ベイト・サヘムの町に入り、シラリアの旗をバビラの自治体の建物に上げた。

警察当局は、金曜日の治安部隊が、和解合意を拒否したテロリストとその家族の最後の一団のシリア北部への避難プロセスを終えた後、そこに安全と安定を高めるために、

バビラの町の家族は、彼らの故郷の安全と安定を回復し、地域内の秩序を維持するため警察や治安部隊の参入に幸福を表明した。

ダマスカスの田舎警察署長イサム・アル=ハラジは、三都市への治安と安定の回復が、テロ組織上のシリアのアラブ軍のヒーローにとって新たな成果であるとSANAに語った。

テロリストは中東と重い武器を渡し、南ダマスカスをシリア北部に残す

2018年5月11日
ダマスカスの田舎、SANA

ダマスカス南部のイエルダ、バビラ、ベイト・サヘムの町のテロリストたちは、ダマスカス南部にテロリズムがないと宣言する過程の中で、シリア北部への避難の前に、中型重機を手渡した。

サンパウロ記者は、テロリストは大量の武器、弾薬、地雷を渡したが、そのうちのいくつかは周辺地域や軍事的地点の民間人を標的にするためにイスラエルがテロ組織によって使用されたものだと語った。

記者は、60,80,120mmのモルタル発射機、様々な種類の現地製武器、14.5および23mmのPKC機関銃、狙撃ライフル、RBG、ライフル、自家製モルタル・シェル、ロケット・シェル、IEDおよびイスラエル製地雷が武器に含まれていると指摘したを手渡した。

また、盗難車、23、14mmの機関銃を備えた貨物、肥料、火薬、硝酸アンモニウムなどのIEDや自家製モルタルのテロ組織で使用されていた武器の中には、シェルは、記者が追加されました。

Deir Ezzurの戦略地域における軍隊の拡大バッファーゾーン

テヘラン(FNA) - 政府軍隊は、軍事作戦でアル・マヤディーンの戦略的町の近くの地域で進んで、Deir Ezzur南東部からISILテロリストを浄化した。

陸軍部隊は、イスルテロリストから1500sq / kmの土地管理を取り戻して、De-Ezzur南東部のal-Feyzeh、Feyzeh Mawina'a、al-Tamahのテロリストを完全に掃討した後、木曜日Badiyeh Deir Ezzurに進出を続けた。

その間、シリア軍は過去24時間にわたってシリアの他の地域で軍事的進歩を続けた。

シリア全土の州では、数十人のテロリストが死亡し、数十人が負傷した。

デアエズール

シリア軍は、イラク南部Deir EzzurからISILテロリストを浄化するため、軍事作戦でアル・マヤディーンの戦略的町の近くの地域で進軍した。

陸軍部隊は、イスルテロリストから1500sq / kmの土地管理を取り戻して、De-Ezzur南東部のal-Feyzeh、Feyzeh Mawina'a、al-Tamahのテロリストを完全に掃討した後、木曜日Badiyeh Deir Ezzurに進出を続けた。

現地筋によると、シリアの軍隊は、バディエア地方の60kmを越して、アル・マヤディーンの双方向道路のISILとの戦闘で進軍しているという。

彼は、近年のこの地域の進歩と戦略的街アル・マヤディーンでの強化を通じ、バディエのテロリストの重要な道路を軍隊が切断したと付け加えた。

トルコ軍は、シリア北部のハマム県に新鮮な軍隊と軍備を派遣した、との情報筋によると、

情報源によると、トルコの監視チームは、ハマム西部のカラアット・アル・マジク近くのアル・カラカット地域に入ったという。

また、カフル・ナボウデの町に西や北の浜の地域に軍用護衛が配備された。

情報筋によると、護送隊は、Idlib-Sheikhoun道からAl-Karakat地方、Qala'at al-Maziq西部のHama、村落の北部の町や町からKafr Naboudehに移動したことを指摘した。

一方、テロリスト団体関係者は、トルコ軍が北シリアで第11番目の停戦監視点を設けるつもりであると主張した。

トルコ軍の長距離車両が10日、西アレッポに到着し、10番目の停戦監視地点が設定された。

トルコ軍は、カフル・ルシーンの通路を通って、西アレッポのアル=ラシェーデン戦略地域に軍用装甲車60機を含む護送隊を送った。

武装勢力の関係筋によると、トルコ軍は新護衛隊の到着後に10番目の停戦監視点を設ける計画だという。

Homs

北部ホムスの4村の武装勢力が武器を関係当局に渡し、シリア軍との戦闘を終了した、とメディア筋が木曜日に報じた。

シリアのアラブ語アル・ワタン紙は、サラミエの町の南西にある北部ホムスのエッザディン、ディール・ファウル、アイン・ホセイン、アル・アメリエの村に駐留するテロリストは、北部のホムスと南の浜のシリア軍の平和計画に加わった。

また、4つの村が平和計画に加わった後、サラミエは武装勢力のミサイルと砲撃から守られると付け加えた。

その間に、数多くのバスがアルラスタンの町に入り、第3のテロ集団が北のホムスと南の浜を離れる準備をしています。

ダラア

QuneitraとDara'aのテロリストグループは、シリアに対するイスラエルのミサイル攻撃の後、QuneitraとDara'aでシリア軍の位置を攻撃した。

武装勢力は、クズニタ北部に駐留しているテロリストが、ハザールの町にあるシリア軍に対して攻撃を仕掛けたことを木曜日に報じた。

報道によると、シリア軍ユニットは、テロリストや砲撃、Jabata al-Khashab、Oufania、Asmadaniyeh Qarbiyeh、al-Hamidiyeh、al-Horiyeh、Masharehでの地位に対するミサイル攻撃で反撃した。

また、Dara'a al-Baladの武装勢力もDara'aの北部Al-Khat地区とAl-Kashef地区のロケット攻撃を開始したと報じた。

シリア軍は、テロリストの地位に対する砲撃で攻撃に反応した。

ハマとホムスの田舎からシリア北部へテロリスト3発目

2018年5月11日
浜、サナ

ホムスと浜の田舎からシリア北部への家族と共に、地位を決めるのをやめようとしている第三のテロリストを避難させるための準備は、金曜日にテロからこの地域を明白にする準備に入った。

何百人ものテロリストを乗せたバスが、ホムスの北部の田舎とハマの南の田舎を出る準備ができていると、サラのアル・ラスタン地区の記者は語った。

彼は、バスがアルラスタン橋の指定された地点に集まってから、シリア北部に輸送されると付け加えた。

テロリストが圧力や脅威にさらされて市民を強制的に退去させることを防ぐために、バスは完全に検査されている、と記者は述べた。

テロ集団は、外部当事者との関係を隠すために、アル・ラスタン市の中で彼らのサイトを燃やしている。

ダマスカスとアレッポで爆発的なラウンド、砲弾、IEDで負傷した市民

2018年5月11日
ダマスカス/アレッポ、サナ

数多くの市民が殉教し、他はダマスカスのアル・タダモン地区に落ちた砲弾によって怪我をしたが、アル・ザヘラ地区の爆発的ラウンドでテロ攻撃でさらに3人の市民が負傷した。

ダマスカス警察当局によると、アル=ハジャール・アル=アスワド周辺の北部に位置するテロリストによるアル=ザヘラ・アル=カディマ近郊では、数多くの爆発物が発射され、3人の市民が負傷したという。

その後、金曜日の午後には、アル・タジャモン周辺にテロリストと衝突したアル・ハジャール・アル・アスワド周辺の砲弾が墜落した際に、数多くの人々が殉教し、ダマスカスの南のタダモン。

サナの特派員は、シリアのアラブ軍とアル・ハジャール・アル・アスワドと周辺地域に位置するテロリストの間で激しい衝突が発生したため、シェルがアル=タダモンのアル=ジャラア通りに上陸したと報じた。

アル・タダモン地区のセレクトマン、アフマド・イスカンダールは、近隣の住宅がテロリストが配置されているヤルモク・キャンプに隣接していることをSANAに伝えた。

テロリストによる毎日の攻撃は、一般市民の命を奪い、数十万人が負傷し、住宅に重大な被害をもたらしたが、地元住民は自宅にいることを主張している。

一方、アレッポ市では、2人の市民が殉教者になり、9人が負傷した。アル・マアディ地区のテロリストによるIEDの爆発の結果である。

アレッポ警察司令部の元報道官は、IEDがテロリストによって倒壊前に家に植えられ、金曜日に離陸し、2人の市民を殉教し、3人が負傷したと話した。

その後、6人が負傷し、Jami'et al-Zahra'a地区にあるテロリストによって、アレッポ市のアル=カリニエ地区に発砲された5殻が重傷を負った。

シリア北西部のロシア戦闘機ジェット機のポンドテロリスト標的

【テヘラン(FNA)】ロシア空軍は、イスリブ州のテロリスト保有地域に新たな戦闘飛行を行い、武装勢力に大きな損害を与えた。

ロシアの戦闘機はテロリストの地位を強く爆破した。具体的には、Idlib南部のNaqirとMaar Zitaの町に近いTahrir al-Sham Hay'at(Levant解放委員会またはAl-Nusra Front)の地位を爆破した。

反対派の声明によると、戦闘機はバンカー・バスター高爆爆弾を使ってタフリール・アル・シャムの基地を標的にしていた。

現地筋によると、先週、ロシアのジェット機は、トルコとの国境近くのイーストリブ西部のジスル・アル・シュトゥール地域の武装した町と、一部過激派の支配下にある近くのアル=ガハブ・プレインを爆破したと伝えられた。

近くのLattakiaの軍事筋によると、戦闘機は、IdlibとHamaの州のTahrir al-Sham Hay'atとTurkestan Islamic Party(TIP)の支配下にある地域を大きく標的にしていた。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

地図、ビデオ:南部ダマスカスでISISに対する政府軍の進展

地図、ビデオ:南部ダマスカスでISISに対する政府軍の進展

  4 寄付する

 

地図、ビデオ:南部ダマスカスでISISに対する政府軍の進展

クリックするとフルサイズの画像が表示されます

シリアのアラブ軍、国防軍、リワ・アル・クドゥス、パレスチナ解放軍およびその他の政治勢力は、ダマスカス南部での進展を続けた。

親政府の情報筋によると、兵士たちはISIS保有ポケットの北部と南部のいくつかの建物を奪取したが、そこでISISの防衛を破ることはできなかった。

激しい衝突が進行中です。

ビデオ:

   4 寄付する

 

サウスフロント

あなたはこのコンテンツが好きですか?私たちを助けてください!

 
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

選挙で最大の勝者は誰ですか?

 

「Libanon Devaltへ」 -タマラShakir 

議会選挙戦争は終わった、と炎症レトリックの戦いではなく、すぐに攻撃する別の種類のラムを、もたらしたとの紛争で、再び前面を通りやソーシャルネットワーキングサイトを通じて、およびAlantarhのための政治を通じて、最も顕著なプラットフォーム疲れを知りません。議会選挙が終わり、政治勢力はまだ苦戦しており、その選挙から「ベー」の戦いまでの戦いはベックよりも強い。

今日、党首指導者たちは「選挙のヒーロー」の称号を争い、支持者を見て、達成された大きな勝利を発表している。時には、ヘッドの自由愛国運動は 、 ゲブラン・バシル氏は述べています後の最初の会議圏「レバノンの強い」 『人気の私たちの表現比が増加したことが、2009年の数のTktlnaがいる私たちの代表者29に上昇していることをされている18の10から上昇し、コミットして私たちの存在はしている12以上の5つの地区から展開』 。
 

主要な政治勢力は、記録中に存在が目立ち、新たな協議会、および任意のヒズボラとシーア派の二国間受け取った上アマル運動で46議席その同盟国、彼の同盟国と29の無料愛国運動、および19の未来運動、そして、16日レバノン軍団党に他の当事者との電流に加え少なくともカウントされ、独立した人たちはまだブロック圏に参加することについて話している。

そこでそこにいることは間違いないです勝者の中に最初に行われた選挙なしで指定された憲法の時間第四延長の家の代表が、しかしする政党について話、そしていくつかとのそれら彼らは皆、上の勝利信じての最初の2018サイクル、およびことができるかどうかの勝者得配慮最大の投票数ですか?

レバノン勢力党(レバノン勢力党)は、レバノン大学2校の情報学部の所長によると、16席のジュニア・クラブから大人に移った後、衆議院議席を獲得し、衆議院議席を獲得した。Hani Safi。同議員は、選挙が行われていない9年後に政界にその存在を証明し、議員数を倍増させて「勢力の津波」を形成したと指摘する。

上の候補者「部隊」を手に入れた各界における得票数が多いいくつかのそれらとで解決するようにBaabdaでKesrouanでMP Shawki Daccache(10032票)、そして北MetnでMPマジッドエディアビLamah(8922票)、およびMPピエール・ボウアッシとして初段( 13498票)。これらのサークルの当事者は、選挙結果を確保するために政治的勢力と同盟しなかったことに注意してください。これとは対照的に、自由愛国運動をした中のソリューションにできないことなく、そもそもそれとの提携自身のメリットの数字と、このような環境の体重、などの恵みのアヴラム。Safi氏によると、投票数を上げたのは主流候補ではなく、同盟国だった。

場合は 、それがことが明らかに見えた向きのキリスト教の有権者がされるに向かって移動主権とレバノン軍団の党連合サポート願望と原則、および目標の構築を離れて、金融の利益からの状態を。

比較では2009年と2018年の選挙、ネットは言うあるので難しい選挙法があることを指摘し、反対公平な比較が収集しなければならない数のことで得票1つの回路では、特定の政党をと比較し 、それをして2009年に党率
と引き合いに出して、開発の中で自由愛国運動を北Metnは言います数の票がで現在の議員をクロップMetnであるよりも少ない量の2009年の投票、それがあることを確認しないで議席の多数を受けたにも関わらず、「強い傾向」協議会があり、もはやのような「強い」の過去。

政治的に、ヒズボラ 、 最大の受益結果の選挙は、彼がためだっ維持することができに従い、コヒーレント固体議会圏を、そしてクリスチャンの仲間は、大きなブロックを取得する可能性に国際関係の研究者博士Hussamマタル。しかしで同じ時間には、ヒズボラがあることを示しています見ていないラジカルシフトが、その数ままのことを追加し、彼の議員を3月8日の力が面で著しいOazna構成されたの数の選出議員。

しかし、それは考慮からそれを防ぐことはできませんレバノン軍団党 、 1の面で最初の受益者のそれが目立つ提供していますように、数字と上げるその可能にしながら、50%で議会でのプレゼンスをによると、その存在を維持するために自由愛国運動をし、地理的Pettmddhに成功した雨。

選挙の結果は、スンニ派の多元性の中で、スンニ派のポーランドの出現の代償として、将来の流れに弱いアクセスを許すような、ある種の多様性を挙げている。
 
タマラShqair レバノン討論 
2018年 - 5月〜 12

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

ジャーナリスト:イスラエルは嘘つき!シリアにはイランの軍事基地はない

ジャーナリスト:イスラエルは嘘つき!シリアにはイランの軍事基地はない

<iframe id="aswift_0" name="aswift_0" frameborder="0" marginwidth="0" marginheight="0" scrolling="no" width="620" height="60"></iframe>

DAMASCUS - 5月10日に数時間のためにシリア空軍イスラエルの空爆、彼らはおそらく、彼はシリアに駐在イラン軍を攻撃したと主張。ダマスカスはこの訴えを否定し、シリア軍の一部を殺した攻撃を非難した。

イスラエル軍によって攻撃された目標の中には、ダマスカスとレーダー施設の近くにある倉庫弾薬があります。この攻撃は、シリア軍の数人の犠牲者をもたらしたと報告された。Sputnik Mundoは、シリアの最新のイスラエルの空爆を、シリアのジャーナリストや特派員とともにダマスカスのPrensa Latinaのメディア、Fady Maroufと話し合った。彼は、イスラエル軍によって攻撃されたすべての標的が「シリア」であり、イランは「それは何の関係もない」と述べた。

読む:リベンジシリア、抵抗に対するイスラエルの新ラウンドを

テルアビブ大統領は、イランの革命警備隊によるアル・クッド軍が、シリアのゴラン高原で20発のミサイルを発射したと主張している。Maroufは、それがイスラエルとシリアの戦いだと考え、シリアでの7年間の戦争中に起こったように、テルアビブは「最初に攻撃した」と述べた。

「[爆撃のための]口実は、イランの基地を攻撃していると言われている。しかし、シリアにはイラン拠点は存在しない。シリア軍がテロ集団と戦うのを助ける、イランの軍事顧問がいる。だからシリア軍の兵士だけが殺されて負傷したのです」とマロフ氏は言いました。

読む:イスラエルの攻撃的な「挑発」は、

また、シリアは1973年のアラブ・イスラエル戦争以来、イスラエルに対して空爆を実施していないと警告したが、イスラエルは常に強力な力を持って隣人を望んでいないため、アラブ諸国を攻撃している。「イスラエルはそれを恐れている」とマロフ氏は付け加えた。

彼はまた、イスラエル人がバンカーに隠れながら、ダマスカスの住民が実際に、ダマスカスの郊外にイスラエルインターセプトシリアの防空ミサイルを見て攻撃中に自分の家のバルコニーに上昇したと指摘しました。

"シリアは平和を望んでいるが、今日7年間の戦争の後、シリアの人々と軍はずっと弾力的になっている。我々はあきらめないだろう」とマロフ氏は結論づけた。(ARN)

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

ハリリの後退

 
 

ハリリの後退

サードハリリ
 
 
ハリリは大きな打撃を受けている。政治的なプロジェクトやリーダーシップのために災害になる前に、その影響を取り上げなければならない
 

 

将来の運動を含むすべての人は、2018年5月6日の選挙で何が起こったのかは、過去数年間、サード・ハリリ大統領と彼の政治プロジェクトの大きな失敗であると言います。

ハリリ氏は議員約34人の議会議長を務めていたが、現在はわずか21人の議会議長を務めている。

特にベイルートで、その上に構築し、ハリリで何が起こったかを評価するために一定の標準を置くが、唯一の定数は、男性が大きな痛手を被った彼らは大惨事になる前に、それが結果に対処しなければならないということであることはできません。

ベイルートのスンニ派のハリリの気分は彼の反対者を処罰したかったし、人気の不満やギャップ相対的法則を利用することができた、と彼に、彼は唯一のベイルートで11議席のうち5つの議席を得ることができなかった響き損失を渡したことが明らかになりました。

彼の元同盟国、Walid Jumblattは、Druzeの座を獲得した。

この損失はベイルート、ベイルートの第1、第2 Fbalosasは、キリスト教の力の未来運動を残しハリリベイルートでのシーア派の二国間及びこの敗戦によって与えた第二との自由愛国運動の奇妙な同盟関係をサポートすることを決めました。

そして、何が起こったのかにリンクされ、男性の損失に貢献したいくつかの要因があり、未来運動が主催する最も重要な宣伝と選挙キャンペーンが一般的でレバノン地域を席巻貧困と失業で、レバノン人の舌に嘲笑に転じた「ビーズ・ブルー」のロゴを採用しました。

 

続きを読む:  未来の未来

 

 

ハリリにとって最も重要な質問は、いつもShawのZarqaビードという人々のツアーにあったのです。

ポスト、ハリリはTdmayorことを「Alselva」ことができなかったことは疑いハリリ自然に近いと人を愛する、人とru'asaの挙動と類似して西を模倣しようとしたが、人々の痛みやそれらを負傷します。

人々の巧妙な所であることを、いくつかのふりでハリリを試してみて、「ペルシャ」と「アラブ」スタイルは選挙の目的のために、それらにトリックを通過しなかったと同時に、彼は投票の北にスンニ派のために呼んでいた、大臣ゲブラン・バシル、キリスト教の味方というスキャンダラスだった間ベイルートでスローガンの主権や部門の規制を導入パーティー。

彼はハリリSantlaの人々が考えているが、人々はどこか別の場所だった演説の中で、この矛盾は、彼らがこれらのスローガンから充填し、彼らは今、サービス開発や失業の解消を望んでいます。

それは少将アシュラフ・リフィー選出されて人のための優先順位だったが、今回の選挙ではスンニ派の有権者が開発交換の懸念だった。この場合、音声主権は、とてもシーア派とドルーズの有権者の優先順位とは対照的に、ビジネスマンである候補のFouad Makhzoumiと首相ナジーブ・ミーカーティーと大臣アブドゥル・ラヒムムラドの人を、投票しました。

これらの要因のすべては、法律の相対的なギャップと将来の規制や投票の割合が減少し、ハリリが織り込ま貧しい選挙提携でノミネート名の弱さのストリームのための奇妙な競争の多重に加えて、彼は非常に多くの議員を失いました。

これにより、将来圏の最大はハリリ、レバノン議会に残り、年の最初のリーダーであり、ここで素晴らしいスピーチ残りました。

一部は2005年と2009年のセッションで将来のブロックが、それはむしろ例外だったという意味で、サイズの点で非正規の塊だったことを信じて、Vtdkhmhaは、政治権力や弱さ、そして2018年したがって、現在のブロックの強さにそれらを標準ことはありません。そのフォームに合理的な範囲内にあります理事会で最大のものであり、スンニ派のリーダーシップの中で最大のものです。

 

続きを読む:  扇動以外の選挙談話には何が残っていますか?

 

 

このビューに対して、そこハリリの基本的な損失は、スンニ派の席にいたと言う人たちが戦いが狭い内のホームとなっているという意味で、(27議席のうち10の議席を失った)であり、ここでは何が起こったかの重要性があります。

これは、ハリリの指導部が惨事ではなく、挫折したことを意味し、この挫折は、レバノンのスンニ派の第一人者によって維持されたが、唯一のものではない。

ハリリは過去にあった未来の傾向のための代替は、政治的な絹のプロジェクトでスンニ派過激主義と節度の還元剤であるが、5月6日の結果の後にハリリこのマージン、軍とスンニ派個性が勝利、それは他の中等度および二国間での優れた関係であるという事実があることを、二国間のシーア派に言います。

これは、次期政権を率いるために候補者の身元のオッズの扉を開き、そのラウンドを勝つために自由愛国運動と十分なハリリ今回の提携ではありません、力がそれに保守的とジュンブラット、彼と怒っているとスピーカーナビ・ベリが彼のバスケット条件ではないかもしれシーア派株式の財務省であることを始める準備します聖約とバジルからのハリリの出発時に終わる。

 

 

 

 
 
 
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ