休日は○○を楽しもう!

遊びは全力で!
仕事は程々に(・∀・)

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

4000km

2013年08月25日 09時24分40秒 | Weblog

になりました。
セローのODOメーターです。

3月の始めからなので、約半年。
暑さで最近は遠乗りしてないので、距離は延びてません。

チェーンにも注油してメンテしました。

チェーンの伸びも、ほとんどありません。
通勤&釣りで、近場へ大人しい走行のみですから。
燃費も35~36km/ℓ以上です。

経済的&使い勝手の良いバイクです。

コメント

中筋川 その5

2013年08月09日 08時27分18秒 | Weblog

一週間に渡り引っ張って来た釣行記も、いよいよ最後です。


ボートを降ろした位置から、上流へ1.5~2km程でしょうか。
前回、おかっぱりから足元を狙って、最大40cmが出た場所へ到着。
立て続けに2匹出たから、たぶんバスが居付いているのだろう。

下から見ると、予想以上に大きく張出したカバーで、2mくらいの影が出来てます。
息子がドライブシュリンプを投げ入れます。

一投目、少し巻くとドラグが「ジーーー」
「キターッ。」
最初の魚よりも竿が大きく曲がって、竿先が水面まで引き込まれます。
「ヤバイ。めっちゃ重い。助けて~」
「絶対竿を放すなよ。何とか頑張れ~」
アンカーを下ろす前だったので、ボートの下に潜られてくるくる回り、流されます。
そして、水面で首振りジャーンプ。
チラッと見えた口が、めっちゃデカイ。

浮いては潜られてを2~3回繰り返し、何とか寄って来た。
ボート際で魚体をシッカリつかみました。
「よっしゃ~。デカイぞ~」
「ヤッターッ。でっか。コイツ、超引いたで~」

コンベックスで測ると、48cmでした。
今まで持ったバスの中で一番歯が鋭くて、親指がキザギザに。

こんなのが釣れるなら、撮影用にフィッシングメジャーを用意しておけば良かったなぁ。
またもや、息子に記録を更新されてしまった・・・。

勢い付いた息子は、その後もバスを2匹追加。



30cm弱くらいでした。

娘のバスケ応援のため、手漕ぎボートで下る事も考慮して、11時過ぎには終了。
下りは流れ&風に乗って、割と楽に到着。
田舎の静かな川面を、風に乗ってぷかぷか流れるのは、結構気持ち良いです。


今回、サイズもトータル数でも、息子に完敗でした。
ボートを風に逆らって上流に向かって漕ぐのは、かなりの運動になりました。
でも、良いサイズも出て、初ボート釣りを楽しめました。

時間に追われずに、朝から夕方までやれば、もっと数もサイズも出るかも。
次回は、もっとのんびりやりたいです。
そのためには、エレキってヤツが欲しいなぁ・・・。
ゴムボートにも付くヤツがあるのかな?
お手頃なセットが無いか、調べてみます。

コメント

中筋川 その4

2013年08月08日 08時13分30秒 | Weblog

上流に少しずつ進みながら、良さげなカバーを狙います。
自分も朝一に反応があったテキサスリグを投げてると、「グンッ」とひったくる当りが。
結構な引きで、右へ左へ暴れます。
これは大物かも

少しずつボートに寄せて来て、魚体が見えました。
んっ何か銀色に輝いてます。

35cmくらいのキビレでした。
まぁ、元気な引きを味わえたので、良しとしましょう。

その後もカバー下で2回ヒットがありましたが、フッキングが甘かったのかバラシ・・・。
息子の竿にも反応なし。

上流へ漕いで漕いで、お目当てのポイントが近付いて来ました。

つづく
(次回予告:遂に出た~。大物か)

コメント

中筋川 その3

2013年08月07日 07時46分22秒 | Weblog

朝食後、軽トラにボートを積んで出発。
昨日膨らませたまま置いてたので、今日は楽チン。
一番水辺に近い堤防下まで軽トラで運んで、直ぐに出航。

何とか息子に釣らせるために、自分は漕ぎ手に専念せねば。
朝一のバスがエビを吐き出したので、エビっぽいドライブシュリンプを付けて岸際を狙わせます。

ボートを降ろした近くで3投目くらいに、着水後のラインが走った。
「キターッ!」
念のため、追い合わせも入れさせます。
「ウォー、めっちゃ引く」
ドラグもジージー鳴って、ミディアムライトの竿も良く曲がってます。
慎重にボートに寄せて来て、自分がキャッチ。

35cmの中筋川バス。

息子にとっては、生涯3匹目のバス。
自己記録も更新で満面の笑み。

「もう釣れたき、満足したで。」
まだボートを降ろしたばかりで、自分は一投もしてないんですけど・・・。

昨日時間切れで行けなかった上流のポイント目指して、流れと風に抵抗しながら漕ぎます。

つづく

コメント

中筋川 その2

2013年08月06日 07時57分13秒 | Weblog

日曜日、早朝5時起床。
最近、日の出が遅くなって来てるので、辺りはまだ暗い。

朝一は、朝飯前までおかっぱりでやる事に。
ポッパー・クランク・スピナベ・シャッド・ワームと試すが、反応なし・・・。

4インチグラブのテキサスが、対岸カバー下の岸際にうまくキャストが決まった瞬間、バイト。
が、フッキングせず・・・。
2~3回投げ直してうまく決まると、「ココンッ」と反応が。
大きく合わせると、今度は乗った。
30cmくらいのバスでした。


寄せて来て抜き上げた瞬間、「ペッ」と何かを吐いたぞ。
見てみると、テナガエビの小さいヤツでした。
この濁った川にも、テナガエビが居るんだ。

息子の竿には、反応なし。
少々、ご機嫌ななめ・・・。
朝飯を食べに帰って、今度はボートで出直しだ。

つづく

コメント

中筋川 その1

2013年08月05日 22時44分22秒 | Weblog

娘のバスケ遠征で、実家へ帰省。
今回は息子とバス釣りへ。
前回、おかっぱりでは行けなかった場所を釣りたかったので、会社のゴムボートを借りて。

土曜の夕方、ボートの準備をして出航。

流れはゆっくりなんですが風も少し吹いて、手漕ぎで操船しての釣りは中々大変。
移動中のカバーは息子に釣らせて、良さげな場所ではアンカーを下ろして自分も。
アンカーも、会社にあった5kgの重りとトラロープにて。

やはり、おかっぱりから見るのと水面から見るのでは、全然感じが違うなぁ。
おまけに、この前よりも減水しているし・・・。

息子のフリックシェイクのネコリグに早速反応が。

でも、小さいギルさんでした。

自分もアクショントレーラーのライトテキサスを何度も投げていると、カバーの岸際でヒット。
痩せているけど、35cmの元気でキレイなバス。
息子がカメラマンで一枚。


その後、息子にもヒット。
が、残念ながらバラシ。
30cmくらいだったかな。
かなり悔しい様子。

少し移動して、またまた息子にヒット。
さっきよりも大物だ。
今度はしっかり合わせた様に見えたので、大丈夫だろう。
ボートの前まで寄せて来たところで、盛大な首振りジャーンプ。
バスさんは帰って行きました・・・。
サイズは40cmくらいだったかな。
泣きそうになっている息子。

もう日没なんでUターンして帰らないと、真っ暗で見えなくなってしまう。
「また明日、早朝からやる。絶対一匹は釣るまで!」
と約束して、何とか帰る事に。

つづく
コメント