外苑茶房

神宮外苑エリアの空気を共有し、早稲田スポーツを勝手に応援するブログです。

東京ボーリング場

2015-03-17 22:04:00 | 社会全般
神宮球場と秩父宮ラグビー場との間、都立青山高校の向かい側に、かつて東京ボウリング場がありました。


1952年(昭和27年)に、日本で初めてのボーリング場として開業。
施設内には、ボーリング場の他に、レストラン、ビリヤード、ピンボールマシンなどが揃い、まさに時代の最先端をゆく娯楽施設でした。

こんな楽しい施設が身近にあるのですから、ずっこけ青高生たちが たむろするようになるのは自然な流れ。
(*^^*)
施設の2階に並んでいたピンボールマシンが私たちの遊び場となりました。

マシンで覚えているのは「King Cole」と「Flying Carpet」

フライング・カーペットの盤面は、こんな感じ。


キング・コールの動画もありました。
ピンボールの映像


青高生の中では「ガンタレ」ことSくん(後に早大に進学)が最も巧いピンボーラーでした。
無駄話をせず、盤面に集中して確実に点数を上げていくSくんの周りには、人だかりができたものです。

ずっこけ高校生は、青山高校だけではありません。
地下鉄で2駅離れた赤坂見附からは、都立日比谷高校のずっこけ連中が東京ボウリング場にやって来ました。
時には、青山vs.日比谷のピンボール対抗戦もやりました。
ちなみに、青山も日比谷も私服通学OKでした。

ピンボールで ひとしきり遊んでから学校に戻ったり、あるいは人数を集めて雀荘に移動したり。
思えば、ずいぶん気ままな生活を送っていましたけれど、そんなピンボール仲間たちも、私立医大や早慶など、それなりのところへ進学していったのですから、もっと真面目に勉強していたならば‥
(^^;

東京ボウリング場は、1987年に吉祥寺第一ホテルがオープンした時、そこに移転してしまいました。
現在は、ボウリング場発祥の地であることを示す記念碑が、控え目に建っているのみです。
Comment   この記事についてブログを書く
« 青木宣親選手の守備位置 | TOP | 早稲田学報4月号 »
最近の画像もっと見る

post a comment

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Recent Entries | 社会全般

Similar Entries