外苑茶房

神宮外苑エリアの空気を共有し、早稲田スポーツを勝手に応援するブログです。

継続性

2009-09-11 08:24:21 | 社会全般
明治大学ラグビー部の吉田監督が、対抗戦開幕を前に、恩師・北島忠治さんのお墓をお参りされたそうです。

抜群の運動能力を備えながらもストイックにラグビーに取り組んできた吉田さんは、北島さんが磨き上げた明治魂の忠実な継承者であるといってよいでしょう。

吉田さんは、対抗戦優勝を墓前で誓ったとか。

試合の何日も前からラグビー・ファンが落ち着いていられなくなるような、熱い早明戦を今年こそ期待できそうです。


さて、民主党が補正予算の未執行分を凍結しようとしていることに対して、地方自治体などから強い反発が出ています。

このような民主党の動きは選挙前から予想されていたわけですが、地方自治体サイドがメディアに対してしきりに口にする「行政の継続性」という言葉に、私は複雑な感情を抱いています。

新政権が従来の縦割りの予算配分を見直そうとする限り、もらえるはずだった予算をもらえなくなる人が必ず出てきます。
ですから、民主党が公約を実行しようとすれば、最終的には誰かが泣くしかありません。

かたや、例えばダム建設予定地で既に立ち退きされた住民の方々の憤りなども、至極もっともだと思います。

「悩ましい問題だなあ」と考えていた時に、第二次大戦前に英米との戦争を避けるには、中国などからの完全撤兵しかないという局面のあったことが、頭をよぎりました。

当時の軍部は「ここで撤兵したら、これまでに大陸の権益を守るために血を流された英霊たちに、どうお詫びするのか」と主張して満州などにおける駐留を継続し、結果として英米との開戦を避けられない状況を招きました。
そんな軍部の「継続性の論理」を、ふと私は思い浮かべてしまったのです。

軍部も官僚組織の一つ。
組織の論理、発想は、現在のお役人と何ら変わりません。

彼らが主張する行政の継続性に重きを置いて、直接の当事者たちの憤りを鎮めようとすると、国家百年の計を誤る場合もあり得るということです。

当事者の多様な痛みを十分酌んで、なおかつ国家百年の計を誤らない。
民主党は、大変に難しい舵取りを求められています。

メディアも、現場の混乱をセンセーショナルに報じるだけでなく、大所高所からの報道と国民への問いかけを心掛けてもらいたいと思います。
今は、国民の一人一人が、悩み、考え、決断していく時なのですから。
Comments (3)   この記事についてブログを書く
« 駅名の話題 | TOP | 創価大戦は雨天中止 »
最近の画像もっと見る

3 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
非継続 (hchs21)
2009-09-12 12:51:21
管理人様の御意見に賛同いたします。

今回の選挙、国民の出した答えは、継続ではなくCHANGE、即ち現体制との決別だったのです。民主党の政治家に魅力を感じたりマニフェストをきちんと評価して出した結論というより「このままではいけない!」という本能的な選択だったと思います。ただし、その選択過程において、我々は「政権が変われば全てがよくなる」などと言う甘い夢を見たわけではなく、”現体制との確執”、”継続をしない事による軋轢や混乱”は想定の上、場合によって自分自身も痛みを共有する覚悟があったはずです。
それでも”CHANGE”しないとこの国の将来は無いと結論付けたはずです。

ですから新政権は、軋轢や混乱を恐れる事無く国民のボトムラインが”CHANGE”にある事を信じて行動して欲しいものです。ただし、非継続に対する透明で説得力のある説明は必須ですね。

メディアも大きな方針にブレがあったり、現体制への安易な妥協には厳しいメスを入れて欲しいと思いますが、重箱の隅をつつくような批判や、揚げ足捕りは蜜月のマナーとして控えめにして欲しいとも思います。

私達、国民一人一人の覚悟と忍耐も試されますね。
八ツ場ダム (mytochigiotko)
2009-09-14 14:25:15
9月の初めに八ツ場ダムを
観光バスに乗りながら通りすぎようとしていたとき、添乗員さんがこのあたりのダム建設にかかる長い歴史について話を
始めました。実は私はよくわからなかったのですが途中まで建設中のダムをみて
いつ完成するのか心配になりました。
満蒙は日本の生命線 (dawase86)
2009-09-15 01:10:15
満州駐留の話。全く同感です。
政治とは利害関係の調整でもあります。
反対があるから、もうやってしまったから、そんな
理由で継続してしまえば後生に禍根を残すことに
なりかねません。
満州に拘ったあまり、日本を破滅寸前にまで
おいやり英霊の鎮魂どころか子々孫々にまで
負い目をもたらす結果となっていることを
学ぶべきでしょう。
既成事実を積み重ねるのは官僚。
それを調整するのが政治家。
政治家は決して人気取りであってはなりません。

post a comment

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Recent Entries | 社会全般