外苑茶房

神宮外苑エリアの空気を共有し、早稲田スポーツを勝手に応援するブログです。

山倉和博さん

2010-01-09 10:35:56 | 大学野球
東伏見の練習が、工事のために3月上旬まで見学できないということになり、淋しい週末を過ごしています。
(T_T)

さて、私が大学に入学した時、早稲田には二年生に天才捕手が一人いました。
山倉和博さん(東邦高校-南海ホークスのドラフト指名を拒否-早大-巨人ドラフト一位)です。

強肩・強打・俊足・巧守、そして甘いマスク。

安部球場で練習を見た瞬間に、俊敏かつ力強い、実に格好いい選手だなあと感心させられました。

その頃の大学球界は、同世代に袴田(法政)、堀場(慶応)、中尾(専修)、達川(東洋)、大宮(駒沢)と、その後プロでも活躍する捕手がズラリと揃っている時代だったのですが、天才肌のスターの雰囲気という点では、山倉選手が一番だったと思います。

そして、早稲田における正捕手の系譜を振り返ってみても、現在に至るまで、山倉選手を超える捕手、すなわちドラフト一位指名を受け、プロ一年目の開幕戦でスタメン・マスクを被り、打者としても開幕戦で本塁打を放つというような捕手は登場していません。

今年の早稲田が勝つためには、斎藤主将をはじめとする投手陣が頼みの綱。
彼らが実力を存分に発揮するためには、やはり捕手陣の成長が不可欠です。

山倉選手と、白川、市丸、杉山らの現役捕手を比較するのは、総合力ではレベルが違いすぎて酷な話です。
でも、確実な捕球とリードに的を絞れば、現役たちも、ある程度やれる可能性があると思います。

4月のリーグ戦でスタメン・マスクを誰がかぶるのか。
それが、早稲田の浮沈を左右する重要なカギとなるのは間違いありません。


ジャンル:
モブログ
Comments (4)   この記事についてブログを書く
« Number | TOP | ラグビー大学選手権決勝 »
最近の画像もっと見る

4 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (伊藤)
2010-01-09 18:09:36
この世代だと早稲田は議員したおられた亀岡さん、野球小僧でお馴染みの安部さん、内野手から転向した金森さんもいましたよね?
当時の早大捕手陣 (ay1881)
2010-01-09 20:12:03
当時は、山倉さんの他にも、金森栄治(PL学園)、有賀佳弘(早実)と、後にプロ入りした捕手が二人いる、高いレベルの捕手陣でした。

小倉偉民(現姓・亀岡、作新学院、前衆院議員)も一年生から入寮していた実力者。
加古誠(報徳学園)、野村豊(熊本二高)も強肩でした。

そして高橋広(西条高校、現・鳴門工業監督)、金沢哲男(鎌倉学園、現・横浜商大高校監督)という現在の野球指導者もいました。

私たちのオフ会仲間である安部昌彦さん(早大学院)は、在学中から学院の指導に関わっていらっしゃいました。
当時の捕手補足 (mytochigiotoko)
2010-01-12 16:27:34
山本龍治(岡山東商)さんも山倉さんの同学年にいました。たしか高校では主将で甲子園にも出場した捕手だったと記憶しています。
山本龍治さん (ay1881)
2010-01-12 22:08:01
そうでした。
岡山東商の山本さんもいましたね。

あの時期の捕手層の厚さは凄いです。

post a comment

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Recent Entries | 大学野球

Similar Entries