外苑茶房

神宮外苑エリアの空気を共有し、早稲田スポーツを勝手に応援するブログです。

早立戦を振り返って

2018-04-24 15:01:02 | 大学野球
リーグ戦では、立教が無傷で勝ち点2を獲得して賜杯争いの先頭に立ちました。

その立教に連敗した早稲田。
ここまでの投打の状況を見てみました。

まず投手陣。

立教戦では、小島主将と早川くんが先発を任されました。

小島くんは、絶好調とはいえない状態だったと思いますけれど、粘り強く無四球で投げきりました。
ちなみに、完投ペースである1イニング当たり15球と比べてみても、及第点でした。

かたや早川くんは、2四球を与える苦しい投球内容でした。
もっとも彼は、クローザーを想定して調整してきました。
先発要員の今西くんが肋骨を痛め、沖縄キャンプに帯同できず調整が遅れてしまったことで、チームの構想に狂いが生じてしまいました。

とはいえ、もう後戻りはできません。
立教戦で登板した面々プラス増田、藤井という陣容で、この先も頑張ってもらいたいです。

打撃陣はまったく精彩を欠いています。
チーム打率 .186は 現時点でリーグ5位。
打撃ベストテンに入っているのは池田くんのみ。
これでは投手陣が頑張って僅差の接戦に持ち込んでも、勝ち越せません。

立教戦では、一塁まで全力疾走しない打者が早稲田に散見されました。
とても残念なことです。

平凡な内野ゴロであっても、全力疾走が内野安打を産み出したり、敵失を呼んだりします。
それが野球だと思うのです。

応援仲間から聞きました。
かつて優勝を懸けた早明戦を目前にして、その年の早稲田の新人監督が「あんな全力疾走しないチームに早稲田が負けるはずがありません」と力強く語っていたと。
その年の早稲田は、明治を撃破してリーグ優勝を果たし、大学日本一まで登りつめました。

きたる明治戦では、選手も学生コーチも まずは全力疾走。
現状の打開は そこから始めましょう。

Comments (3)   この記事についてブログを書く
« ラグビー_日体大に敗れる | TOP | 懐かしい名前 »
最近の画像もっと見る

3 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
同感です。 (Miyo)
2018-04-25 10:08:30
小職マニラ・フィリピン駐在のため、ネット同時中継で見ました。常にフルスウィングを通された故衣笠さんのように全力疾走はしてほしいところでした。明日会議で日本に一時帰国、週末は早明戦には駆け付けたいと考えています。
Re:同感です。 (ay1881)
2018-04-25 11:46:45
フィリピンとの時差は1時間ですから、体調万全で応援できますね。
同感です。 (Miyo)
2018-04-25 12:14:10
卒業後、銀行・商社・現在メーカーと(昨年還暦になりました)20年日本・アジアを往復しておりますが、早稲田スポーツはやはり離れられませんです。

post a comment

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Recent Entries | 大学野球