外苑茶房

神宮外苑エリアの空気を共有し、早稲田スポーツを勝手に応援するブログです。

茂木くんがFSでも先頭弾!

2017-10-18 17:58:30 | 都立青山高校
楽天の茂木くんがファイナルステージの初戦で先頭打者本塁打を放ちました。
ファーストステージ初戦に続く快挙です。
楽天・茂木が衝撃の先頭打者弾! 東浜から一発、敵地静まり返る | Full-count | フルカウント ―野球・MLBの総合コラムサイト―

物怖じしない この気迫を、現役部員諸君も お手本にしてください。

========

庭球部が12連覇の快挙を達成しました。
【庭球部】アベックで王座12連覇達成!男子部は圧巻の13連覇!~理想の王座を占むる者われ等~ – 早稲田大学 競技スポーツセンター

庭球部も、他の運動部と同じように、制限のある選手獲得条件の下で戦っています。
これをお手本にしなくてはいけませんね。

======

都立青山高校の授業が記事になりました。
女性の社会進出に関するものです。
サザエさんが「働きに出たい!」と宣言したら…爆笑と発見の寸劇授業 - withnews(ウィズニュース)


昔から青山高校には制服がありません。
いわゆる学ランは「標準服」と呼ばれていまして、普段は私服での通学が認められています。

1971年入学の私も、1年生の一学期こそ学ランで登校しましたが、夏休み明けの二学期以降 卒業式まで、ジーパンで通学しました。
現在の青高生たちの私服姿は、私たちの時代よりも垢抜けていますね。

男女の問題に関して思い出されるのは、出席番号です。
当時の青高では、男女の区別なくアイウエオ順で出席番号が付与されていました。
たとえば私のクラスの出席番号1番は男子の青木くん、出席番号2番は女子の青島さんという具合です。

入学前から"自由の青高"と聞いていましたけれど、実際の校風は どうなのだろうかと思っていました。
いざ入学した初日に出席番号の割り振り方法を知った時、小学校と中学校で疑問にも思わなかった"常識"が、実は"常識"ではなかったと気づき、驚きました。
そして、「これが今日から3年間通う青高なんだ」と本当に誇らしく思いました。

ことさように、世の中には知らず知らずのうちに 男女を区別する"常識"が 様々なところに組み込まれています。
それを教えてもらった1971年の春でありました。
Comment   この記事についてブログを書く
« 早法2回戦_痛恨の逆転負け | TOP | 全日本大学駅伝は11月5日 »
最近の画像もっと見る

post a comment

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Recent Entries | 都立青山高校