外苑茶房

神宮外苑エリアの空気を共有し、早稲田スポーツを勝手に応援するブログです。

早法1回戦_ 早稲田が先勝

2016-04-30 16:31:13 | 大学野球
好天に恵まれた早法1回戦、打撃戦を継投でしのぎきった早稲田が5対4で先勝しました。

早稲田は当たっている真鍋くん(4年、早実)を一番打者に三倉くん(3年、東邦)を三番に起用。
その打線組み替えが奏功しました。

1回表に法政に先制点を許し、少し嫌な雰囲気が漂い始めました。
しかし、その裏の攻撃で、先頭の真鍋くんが安打で出塁し、二進した後に三倉くんが適時打。
そこから逆転劇が始まりました。

一方、六番打者を任された中澤くんは(4年、静岡)も、ようやく今季の初安打を放ち、打率.000を脱しました。
これも打線組み替えの効果でしょう。
中澤くんは悩み込む性格なのですが、これで甦ってくれるでしょうか。

投手陣では、先発の大竹投手(3年、済々黌)が本来のテンポでの投球が出来ずに苦しみましたが、継投した北濱くん(3年、金沢桜丘)、小島くん(2年、浦和学院)が安定した力を発揮して、法政打線を封じました。

=======

明日は、竹内投手(4年、松阪)の先発起用が有力です。

明日も勝って4勝2敗にしたいですね。
そうすれば、賜杯争いで先行する明治の尻尾を掴むことができます。

ガンバレ早稲田!









ジャンル:
ウェブログ
Comment   この記事についてブログを書く
« 荻窪で飲み会 | TOP | 早法2回戦_守備の乱れから自滅 »
最近の画像もっと見る

post a comment

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Recent Entries | 大学野球