外苑茶房

神宮外苑エリアの空気を共有し、早稲田スポーツを勝手に応援するブログです。

早法戦の戦評

2019-05-21 14:46:25 | 大学野球
法政からの勝ち点によりAクラス確保した早稲田。
3連戦から一夜明けて、早スポが戦評をアップしてくれました。

嬉しいことに、ここまで苦しんできた吉澤くんに脚光を当てた記事もあります。
沖縄キャンプから徳武コーチと懸命に特訓を重ねてきた吉澤くん。
練習は嘘をつきませんね。


東伏見での毎日の練習が始まる時のキャッチボールで、加藤主将が 必ず相手に選ぶのが吉澤くん。
それは、吉澤くんが現3年生部員のリーダーとしてチーム内で期待されている証でしょう。

今季の打撃オーダーをみると、3番 福岡くんから6番 小藤くんまでの4人が揃って4年生。
来年は、その4人が ごっそり卒業するのですから、吉澤くんの打棒がチームの浮沈のカギを握っているといって過言ではありません。
何としても打撃開眼のきっかけを今のリーグ戦で掴み、一日も早くスタメン復帰を果たしてもらいたいと思います。

=======

現時点での打撃成績です。
加藤くんが打率.432でリーグ首位に立っています。
加藤くんは長打率も高いので、彼の打撃の出来がチームの得点力を大きく左右しますね。

また、1番打者の瀧澤くんも打率.370のリーグ8位と健闘しています。
彼の打撃センスは素晴らしいものがあります。
身体のメンテナンスにも気を配っていけば、在学中に首位打者を獲得することも夢ではないでしょう。
瀧澤くんが 更に飛躍するためには、四死球を もう少し選べるようになることが必要でしょうか。

次の週末、早稲田は空き週です。
宿敵 慶応を打倒するために、万全の調整に努めてもらいたいものです。
Comment   この記事についてブログを書く
« 早法3回戦_継投で逃げ切り 勝ち点... | TOP | 広商野球 »
最近の画像もっと見る

post a comment

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Recent Entries | 大学野球