魚道40号線

Flyfishingとランディングネットの製作など

青の池&ブルーリバー

2013年08月05日 | photo

Appleの壁紙に採用されてすっかり有名になった青の池。
以前は気がつかず素通りしてしまうほどだったのが看板が立てられて駐車場も整備された。
前に来たときはかなり歩いた記憶がある。
工事車両が頻繁に出入りしてるから次は遊歩道でも作られるのだろう。


週末は弟を連れて美瑛界隈を散歩してきた。
今回はロッドは持たずにカメラとウエダーのみ。


青の池が青いのはこの池に限ったことじゃなくて美瑛川の色(最近はブルーリバーって言ってる)
上流の地下水に水酸化ナントカの成分がアレしてるのが原因らしい。
ゆえに魚は棲みついておらずボクらフィッシャーはこの流域に入らない。
もちろん釣りをしない観光客も川に入らない。


少し藪を漕いで川へ降りるとそこは幻想的な景色。
川底は真っ白で青く澄んだ水が流れる。
しかし魚はいない。


立ち枯れた木が生える堰堤も年月が経ってるため浅いし魚はいない。


夏日を越える暑さも川に入っているとひんやり心地よいが・・魚はいない。


流速や深みがあり渓流としては最高なんだけどやっぱり魚はいない。
美瑛はアイヌ語でピイェ(川)。意味は「濁って脂ぎってる川」
名前が示すとおり昔から魚は獲れなかったんだろう・・無慈悲なネーミングだ。


すぐ横の支流は澄んでいて岩魚が泳いでいる。


だけど青くない。
コメント (4)