イワナの桃源郷


気温12~28℃
テレメータ水位:???
ターゲット:エゾイワナ
同行者:木村さん・中濱さん・山田さん

林道をアウトドアな車で奥へ奥へ。ここは某有名河川の源流部。
北海道の山岳渓流でこれだけ奥へ入ったのはホント久しぶり。


案内人はボクのネットのオーナーさんでもある木村さん。


餌釣り師の山田さん。
この日はルアー・フライ・餌とタックルも多様。


この日のターゲットのエゾイワナ。
こうしてみるとやっぱりアメマスとは分けて考えるべきだと改めて思う。


水温が少し低いせいもあってドライへの反応が遅く掛が浅い。


いつもお世話になってる中浜さん。


ここまであがると人工物など何もなくてどこを見渡してもゴミ一つ落ちていない。
ゆったりとしていて良い時間でした。


これ、とても使い勝手の良い一眼用防水バック。
ボクもひとついただきましたがすごくいい。
コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

渓流解禁でゲストさまご案内


気温12~28℃
テレメータ水位:354.15と168.60
ターゲット:ニジマスやアメマス
同行者:Shojiさん


今日の釣行の3日前まで東京にいたので地元北海道の川の様子や天気はよくわかってなかった。
しかも今年は観測史上で一番の積雪量だったらしく雪代の状態がまるで読めない。


ハルセミが泣きじゃくり虫もたくさんで季節や空気はすっかり初夏なんだけど
川だけはまだ初春。


そんな歯がゆいときに関東よりshojiさんが遊びにきてくれた。
ボクの案内は今回が2度目でまた来てくれたのがとてもうれしい。



水量が多くて気候が穏やかなため魚の居ついている場所がなんとも難しい。
流れの境目にいるのはわかってるんだけど狙いどころがとにかく狭い。


何も情報のないshojiさんはポンと連れてこられて何が何のことやらだったと思う。
それでも釣果を残してるからこれまた至妙。



ホントは泊まりでもう一日ゆっくりしたかったのだけど
急な仕事で案内できず迷惑までかけてしまった。
秋までにはルアーで楽しめるよい川をチョイスしときます。
またきてくださいね。

shojiさんから見た北海道遠征
コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )

10日間の出張から帰ると・・


長期東京出張が終わり帰りの飛行機で仕事モードからプライベートモード。
娘は元気だろうか?帰ったら忘れられてるかも知れないな。
しかし一番心配なのは水槽だ。

ただいま


さて、10日ぶりに水槽を見て、まず・・藻だらけだな。
そして奥のほうでラミノーズが一匹昇天している。
エビも見当たらない・・・う~・・・ん。
そこで奥様が一言:どう・・ちゃんと(世話)できてるでしょ?
あ・・・ぁ・・ありがとう・・
自分の中の誠意をふりしぼって礼を言った。


まぁ・・全滅していないだけ良かった。
週末は換水と掃除とトリミング。3時間かかったよ。
見当たらなかったエビたちは水草の奥のほうに隠れてた。良かった。
しかしそれはなにかにおびえているようだった。
黒髭藻どもは酢漬けにして溶かしてやった。


涙のせいなのかかすんでおくが見えなかった水も透明に。


トロッとろの油膜が泡を吹いていた水面もウソのようにきれいになった。


ボウボウの水草をトリミングしたらボールいっぱいになった。
さて
出張中は家事に育児に一人で大変だった上に水槽の管理までやってもらったから
今日の夕食はボクがつくるよ。
さぁ採れたて特製サラダだよ。召し上がれ。
コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )