102号室

すれ違う車はみんな消し忘れのヘッドライトだ。
大きな通りを曲がって3つ目の路地を80m。
一つだけ空いてるスペースへ車を止める。
キョロキョロとゴミ袋を引きずり出すカラスを追い払って
2つあるキーの片方で部屋へ入った。
下がってる電気を上げると懐かしいけど見慣れない部屋。
あんなに狭かったのに何もないとこんなに広いんだ。
残りひとつをまとめるだけの時間だけど寒いからストーブへ火を入れた。
相変わらず瞬発力のないヤツだ。温気を感じるころには
最後のダンボールはテープでギリギリひとつになった。
置き去りは無いかな?あっやっぱり。クローゼット奥の棚に黒い箱が隠れていた。
中身はファイルブック。荷物の上に座って開いてみた。
道の駅のスタンプや温泉街のお土産。
泊まったホテルのパンフに夕食のレシートまで。
カチカチと脳みそが再起動する。これまだ結婚する前のモノだな。
当時は旅行してぶらり歩いた写真や文章を細かく残してた。
帯広の詳細地図にはアホ!と大きく書かれてる。
そうそう、道に迷って大ケンカしたんだ。
記憶の僕らも写真の僕らも若い。
この部屋で色んなことがあった。

2つあるキーの片方をはずして部屋を出た。

コメント ( 14 ) | Trackback ( 0 )

フィールドテスターとダンボール

朝から引きこもり。
今月の末に引越しを控えてるから荷物の梱包やらお部屋の片付け。
子供と奥さんは里帰りしてるからホコリや音を気にせずガシャガシャやってる。
でも古いアルバムや昔書いたラブレターなんかが出てきて作業が進まないんだな。
それでも30箱梱包完了!あと10箱くらいだろうかな?
山積みのダンボールに囲まれてるけどなんだろう、とても落ち着く。
もう2箱梱包してここで寝ようかな。
未練がましく手を付けていない釣り道具一式も梱包してしまおうか・・・どうしよう。

そんな折、フィールドテスターのあっすぃーさんから写真が届いた。
ニジマス・イワナ・アメマス・オショロコマにホウライマスまで。
この時期にどれも尺オーバーだ。
ネットが完成して発送したのは10月の後半だったと思うけど・・・。
■フィールドテスター釣行記事
Fishing Style:2010/10/30
*あっすぃさん、フィールドテスターの記事はもうしばらくしたらサイトへまとめますね。


写真は48cmのホウライマス(♂)
こんなに大きくなるんだなぁ。
さて、こんな写真を見てしまったが釣具の梱包はどうしたもんだろう。

コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )

はじめまして


今まで見たことないとても小さな手だった。
指もちゃんと5本あって爪だってしっかりしてる。
恐る恐る指を近づけるとギュッと握り返してきた。
小さな割に確かな力だったからこの時ふっと肩の力が抜けた。
今日はとても長い一日だった。

10ヶ月間ずーと抱えてきた奥さん、お疲れ様。
最後は22時間もかかって大変だったけど頑張ってくれてありがとう。

はじめまして。これからよろしく。

コメント ( 44 ) | Trackback ( 0 )