GJ 研究所 

AIの時代が来ている ヒトが取り残されている これはいい世界なか 中国とアメリカの独走を阻止できるのか

多元未来への旅立ち 3

2017-08-13 05:19:02 | 日記
   
 ヒカル君の学校の先生の半分は外人で、授業は英語でします、物理のWhite先生は、ヒカル君のパパアについて、
 ”Your father is so famous in Europe , but in Japan it seems not to be popular . Why ? "
 「君のパパは ヨーロッパでは あんなに有名なのに 日本ではそれほどでもない どうしてですか」

 そんなこと分かるわけがない、それでもザカリアの家庭教師は、パパアの名前を聞くとブルブルとふるえるそうだ。

 ホワイト先生、
 「君のパパは フランスやドイツの大学から招聘(しょうへい)されているんだよ」
 それは聞いたことがある、
 「二人の子供は 日本の文化・伝統の中で育ててやりたい 春の桜・夏の花火・秋の白い風・冬の雪 日本人としての体験 これを味あわせてやりたいのです そう言って 断っているそうですよ」

 そうかな、お風呂上り、〇マ〇マを丸出しにして、ブタみたいに寝そべっている、エリーが棒で、
 「ツン ツン」
 「キャアー ヤメテけれ」
 なにが「ヤメテけれ」だ、まったく、恥ずかしい、パパアのこころ、もうひとつ分からないね。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 多元未来への旅立ち 2 | トップ | 多元未来への旅立ち 4 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事