広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

2017/03/25

2017-03-26 10:59:24 | ひとりごと
仕事に行ったが夕方からは学生時代の友人3人で後輩のお店、ヨッシーズへ。
開店と同時に入店。
当然ビールを堪能。
お料理も美味しく、久しぶりに会ったこともあり、話も弾み長居しすぎてしまった。

またみんなで飲みに行きたいです!
コメント

下流社会 読書2017-10

2017-03-26 10:31:35 | 読書
『下流社会』(三浦 展著/光文社新書)

数年前に話題となった本を読んでみました。

様々な統計、アンケートを元に一億総中流と呼ばれた時代とは違い今の人々が下流の意識を持っていることを述べた書。
何が言いたいのかは結局最後の章の数ページだけという・・・。
多くの統計を使い、数字を示すことによって説得力を持たせていますが、数字が多くて読みづらい。
もっと、下流社会の生き方、これからの世の中のことを、その統計を元に意見してほしかったですね。

10年前の書ですが、この中で述べられているように、2017年に入った今は格差が広がっていますね。

コメント

2017/03/20 春分の日

2017-03-20 22:52:28 | お仕事
会社に行った。
トラブルはあったけれどなんとか乗り切った。
年度末はそれなりに忙しい。そうでもないと売上も伸びないしね。
コメント

お食事

2017-03-19 09:46:13 | おでかけ
甥っ子長男の就職と甥っ子次男の誕生日の名目でお食事をした。
ホテルニューオータニのビュッフェ。
それなりの食事でしたが、みんなで集まれたのは良かったように思う。
時は流れているね。
コメント

2017/03/18

2017-03-19 09:42:34 | ひとりごと
出かける予定があったが朝は走った。
早く帰って来なければいけない意識があったからか早かった。
先週と比べて3分早い78分台。
良い気候です。
コメント

パワー<下>(西のはての年代記(Ⅲ)) 読書2017-09

2017-03-18 22:18:11 | 読書
『パワー<下>(西のはての年代記(Ⅲ))』(ル=グウィン著・谷垣 暁美訳、河出書房新社)

最愛の姉を亡くしたガヴィアは放浪の旅に。

<森の心臓>での生活、そこを追われて自分のルーツである<水郷>での生活。
<水郷>で自分が持っている力を知らされ、その力をさらに引き出そうとするが・・・。

導かれるままに旅に出て、そこで出逢ったのが、シリーズ全2作品の主人公達であった。


自由とは何か?自分の力とは何か?

本、文学とは何か?

コメント

言葉にならない

2017-03-12 15:00:09 | ひとりごと
昨日ばあちゃんが亡くなった。
ずっと元気だったのに突然過ぎて信じられない・・・。

自分の中でちゃんと記憶に残っているのはこの母の母だけだったので寂しすぎます。
小学生の頃は夏休み冬休みになると泊まりに行かせてもらっていろんなものを食べさせてもらったな~。
もう2度と食べられないのか。

十分生き抜けてきたと思うのでゆっくり休んでほしいです。

ご冥福をお祈り致します。
コメント

2017/03/11

2017-03-11 10:25:42 | ひとりごと
朝走った。久しぶりに風が強かった。
そのせいか先週よりも2分遅かったな・・・。

これからお出掛け。
どうなることか。


震災から6年。
復興に関して何が良い形なのかわからない感じがします。
コメント

2017/03/04~05

2017-03-05 22:27:37 | ひとりごと
3月4日(土)

朝走った。出掛けるので80分。
本当はもう少し走りたいところでしたが、出掛けるときは無理しません。
それで正解。でも先週と比べて体が軽かった。実際にタイムも早かった。


3月5日(日)

8時近くまで寝ていた。眠くて仕方ない。
昼寝もした。それでも眠い・・・。

午後から床屋。
のんびりした一日でした。
コメント

星の王子さま 読書2017-08

2017-03-05 10:57:48 | 読書
『星の王子さま』(アントワーヌ・ド サン=テグジュペリ著/池澤 夏樹翻訳)

その場で借りて読んでしまった本。
有名な本ではありましたが、手にしたことはなかった。
単純に童話で、子供向けの本かと思っていましたが全く違いました。
奥深いです。一度読んだだけでは、心の奥底までは入っていかないように思う。
示唆に富む内容です。

飛行機の不具合で砂漠に不時着したボクの前に、王子さまが現れる。
その王子様は、バラとの爭いから自分の星を立ち去って、幾つもの星々を巡り経て地球にやってきていた。


一度読んで心に強く残った言葉は以下の2つ。

「ものは心で見る。肝心なことは目では見えない」

「大事なものは、下に隠れている」

※手元に本がないのでこんな文言だったと思います・・・。


地球に降り立つ前に寄った6つの星で出逢った人たちとのエピソードも考えさせられる。
反面教師になる内容です。

いい本を読ませてもらいました。
何度も読み返したくなる本です。そのうち購入しようかな。

写真はなし。
コメント