広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

きょうは

2009-03-29 18:18:04 | ひとりごと

兄と甥っ子が床屋に来ました。


なので駅まで車で送り迎え。
コメント

読書2009-12 働くということ

2009-03-29 18:11:15 | 読書
『働くということ』(黒井 千次著)

もう25年以上も前に書かれた本。
働くことの意義が述べられております。

結局は
「働くことは生きることであり、
生きるとは、結局、人間とはなにかを
考え続けることに他ならない」
ということで結ばれています。

コメント

ひきこもり?

2009-03-28 17:24:25 | ひとりごと

全く外に出たいと思わない。
それでも近所に買い物には行ってきましたが。

春なのにね。出掛けたいという気持ちが
あんまり湧いてこないんですよね。


そんな訳で今日は自分の部屋の片付けをしました。
本・雑誌が多すぎる・・・。
少しはきれいになりました。


環境の変化に対応しきれていないのかも
しれないですね。
コメント

週末

2009-03-27 21:58:33 | ひとりごと
全く曜日の感覚がない。
以前であればアルバイトが出勤するかしないかで
自ずと曜日を認識していたけど今はそれがないからね。

いろんなことがいまいち………。
コメント

連覇!!

2009-03-24 21:20:35 | ひとりごと
WBC連覇おめでとう!

すごいね。
コメント

全関東学院vsオックスブリッジ

2009-03-22 19:59:26 | ラグビー
全関東学院vsオックスブリッジ 14時~ ニッパツ三ツ沢競技場

横浜開港150年、慶應義塾大学開校150周年、
関東学院大学開校125周年を記念して行われております
日英大学ラグビーの第一戦(第二戦は今度の土曜日慶應vsオックスブリッジ)。

全関東学院はOBメンバーでの構成。
懐かしい顔ぶれがそろいました。
関東学院黄金期を築き上げたメンバーです。

箕内、淵上、久富、山村、神辺、北川、三宅・・・。
錚々たるメンバーでした。

しかしあいにくの嵐。
ちょっとこの状況で試合をさせるのにはかわいそうでしたし
もったいなかったかなと思います。

結局は10-17で敗戦。
カントーらしさは残念ながらあまり見ることが出来ませんでしたね。
コメント

冴えない一日

2009-03-21 15:35:17 | ひとりごと

どうも気分が乗らない。

出掛けようかと考えてもいたんだけど
一歩が踏み出せませんでした。
いい天気だったのにね

午前中は車を点検に出してきました。
その後はちょこっと株のお勉強。
まだやるかどうか考え中。株もなかなか一歩が
踏み出せない。
優柔不断だね・・・
コメント (2)

テンプレート変更 2009春

2009-03-20 23:04:09 | ひとりごと


ちょっと早いんだけど気分転換の意味も込めて
テンプレート変更しました。

たんぽぽ、タンポポ、蒲公英、好きなので迷わず決まり!!

黄色い花、好きなんですよね、何故か。
ひまわりも好きですし。


ちなみに携帯の待ち受けもたんぽぽです。
でもちょっとイマイチな画像なので、
いい写真を撮ってそれに切り替えたいです!
コメント

読書2009-11

2009-03-20 17:53:40 | 読書
『こすもすベーカリー物語』(日本児童文学者協会編)

児童向けに書かれた平和を伝える書物。
児童向けにしては内容は結構難しいかなと思います。
ただ、残酷なシーンはほとんど描かれていないので
お薦めできますね。
大人が読んでも充分読み応えがあります。

「戦争」という言葉を使ってはいけないですよ。
「人と人が殺しあっていいのか」と言うこと。
良いわけがありません。
「人と人が殺しあっていい」ということを
正当化する理由はどこにもありません。




この本は、バイトで働いてくれていた女性が絵を描いているので
読みました。とっても懐かしくて心温まる絵を描くんですよ。



うちの甥っ子にもプレゼントして読ませなければ!!
コメント

読書2009-10

2009-03-20 17:43:55 | 読書
『しゃべれどもしゃべれども』(佐藤 多佳子著)

面白かった!
後半は本当に一気に読みました。

落語家のお話。
二つ目の主人公がひょんなことから
話し方を教える先生となりそこに集まった生徒との
人間模様。

落語発表会での小学生の発表の場面が本当に
面白くて電車の中で寝るのも忘れて読み続けました。


ただ、最後はちょっと意外なというかここで終わっちゃうの?
といいたくなるような終わり方で残念でした。
恋愛の話はそれはそれでいいけど、三つ葉の落語家としての
成長も描ききって欲しかった。

映画をやっていたのも知っていましたが何となく
観に行きませんでした。
国分太一が主人公でしたが自分的にはちょっとイメージが違う気がする。
国分太一のほうが良い人過ぎるように思います。
それよりもNHKの朝ドラ「ちりとてちん」の青木崇高を思い描いて
読み進めました。



 一期一会


コメント