海鳴りの島から

沖縄・ヤンバルより…目取真俊

大浦湾と辺野古側埋め立て区域の様子

2019-08-09 16:43:07 | 米軍・自衛隊・基地問題

 9日(金)午後1時頃、大浦湾の様子を見に行った。ガット船やランプウェイ台船だけでなく、汚濁防止膜を載せるバージ船やクレーン付き台船など、すべての作業船が台風避難で姿を消していた。

 K9護岸やK8護岸、フロートなど特に異常はないようだったが、沖の方はよく見えなかった。

 午後1時40分頃、豊原の高台に行き、そのあと松田ぬ浜に行って、辺野古側の埋め立て区域の様子を見た。ここも特に異常は見られなかったが、K1護岸側のオイルフェンスが一部無くなっていた。見える範囲で浜や護岸に打ち上げられてはいなかった。

 

 

 


この記事についてブログを書く
« 羽地内海に避難するガット船... | トップ | 高度約550メートル »
最近の画像もっと見る

米軍・自衛隊・基地問題」カテゴリの最新記事