海鳴りの島から

沖縄・ヤンバルより…目取真俊

自衛隊内の暴力を放置してはいけない

2012-04-22 17:51:39 | 米軍・自衛隊・基地問題
 4月21日に沖縄市で〈「命の雫」裁判を支援する会 沖縄〉の結成総会があったので参加してきた。 2011年11月21日に自衛隊真駒内基地内で、沖縄県出身の自衛官・島袋英吉さん(享年20歳)が負傷し、意識不明の状態で病院に運ばれ、翌22日に死亡した。自衛隊は遺族に、徒手格闘訓練中の事故による死と説明したが、英吉さんは8箇所におよぶ脳挫傷、肋骨3本骨折、内臓破裂、歯の折損など、ただの事故とは考えら . . . 本文を読む