海鳴りの島から

沖縄・ヤンバルより…目取真俊

資料:『沖縄女性史研究第2号』より

2012-04-02 23:56:29 | 第32軍司令部壕説明板問題
 1978年6月に発行された『沖縄女性史研究第2号 沖縄戦を生き抜いて』(沖縄女性史研究会)に宮城ツルさん(仮名)の「辻から壕へ--戦火をくぐりぬけて--」と題した手記が載っている。 家の貧しさと兄の病院代のために宮城さんは、14歳の時に辻の遊郭に350円で売られた。17歳の夏頃から客を取らされるようになり、1944年の10・10空襲の時には21歳になっていた。空襲の前、宮城さんをはじめ辻の女性た . . . 本文を読む