デキタン ドシタン

赤松の吹筒花火のはやし言葉です。こんな調子で日和佐(美波町)の出来事やマイライフを公開します。

ハンカイソウにホタルモドキ

2019-06-19 | 赤松

昨日のお昼のこと、一日前にペットボトルに挿しておいた

ハンカイソウを撮影しようとしたら、葉に黒い虫が止まったのです。

「瞬間にあのホタルだ!」と思い捕まえました。

最初は「ムネクリイロボタル」と思いましたが、よく見ると少し違うかなと・・?

「ムネアカクロジョウカイ」という昆虫かなとも・・?

これがムネクリイロボタルなら赤松に生息種は7種目のホタルとなります。

 

ところで、ハンカイソウも萎れていた葉も水あげしてシャッキリとなりました。

蕾も開花するなら生け花にも使えそうです。

葉の形が変わっていて面白い素材になるかも・・?

コメント (2)

野山の素材に協力

2019-06-18 | 思い出のアルバム

これは発刊記念で頂いた本です。

タイトルは「野山の素材でかごを編む」です。

これには直接私は関わっていませんが、この一つ前に発刊した本があります。

それは、「里山のつる性植物」という本ですが、かごの素材となるツル植物を

私が撮影し紹介したことがありました。(日和佐周辺のみ)

その縁で作者の谷川さんとメール等のお付き合いをさせて頂いています。

今回二冊頂いた中に、母親の名が記されたサインが書かれていました・・!

もう一冊は図書館に寄贈しておきました。

 

 

コメント (2)

不思議な植物

2019-06-17 | 今日の出来事

この変わった植物は何というのでしょうか!

昨日、ブログ仲間の方が投稿していたのですが分からずじまいとなりました。

ネット検索しても中々ヒットしないのです。

日本の植物ではないような気がしますが・・?

グリーン1

グリーン4

コメント (6)

ツチアケビ

2019-06-17 | 赤松

ツチアケビが随分大きくなって花が開花していました。

今年はここと、少し離れた場所に一本だけです。

これもラン科植物で、変化が大変面白い植物の一つなのです。

これからしばらくは花の開花が続き・・・

そのあとで、アケビの実の色が赤くなったような果実をつけます。

 

 

コメント (2)

花火シーズン立ち入り検査

2019-06-16 | 花火

今年の花火工場の立ち入り検査が14日午後よりありました。

花火シーズン到来ですが、既に令和元年の祝賀花火も行われました。

続いて「ひわさうみがめ祭り納涼花火大会」が7月13日(土)にあり

富田病院の夏祭りの花火もあります。

そして、10月5日には「にし阿波の花火」大会にも参加します。

10月13日(日)は赤松神社秋祭り奉納花火と続きます。

忙しいシーズンとなりましたが、大いに張り切って見事な花火披露を致します。

 

コメント (4)

ヨウラクラン

2019-06-15 | 赤松

これも面白いランの一つです。

柿の枝にぶら下がっているのですが

コケ類がぶら下がっているようにも?

サボテンの一種にも?

オオバコの花を逆さまにしたようにも見える花なのです。

ひとつ一つの花弁は小さすぎて撮らえきれません。

コメント (6)

ハンカイソウ

2019-06-14 | 赤松

この花も良く目立ちます。

最近、耕作放棄地や林の中に繁殖しているように感じます。

近所でも三ヶ所に群生しています。

小さい時の葉がヤブレガサに似ていて勘違いされる方が多い植物です。

また、一見ヒマワリにも似ていますが

花瓶などに生けてあるのを見たことがないのです。

 

コメント (4)

ホタルの産卵

2019-06-13 | 今日の出来事

ゲンジボタルが産卵行動をしていました。

13日(木)2:00 快晴 無風 気温14℃

一昨日のこと来客者とホタル見物したときに、ここらで産卵する話をしました。

そこで気になり、目が覚めたついでに自宅前の谷川を覗いてみたのです。

直ぐ、水面から30cmもない苔むす木の根元に、光るものが見えたのです!

それで、一度カメラを取りに帰り、短パンに履き替え、股下までの川中に入りました。

木につかまり片手撮影でしたが、どうにか写っていました。

コメント (7)

野イチゴ

2019-06-12 | 日和佐

草むらの中に沢山の赤いものが見えていました。

それは野イチゴです。

時間があれば摘んで帰りたいほどの数でした。

これならイチゴジャムができますね。

ところで、花ばかりでは面白くありませんので、次は食べれる果実シリーズにでも・・?

コメント (2)

マタタビ

2019-06-11 | 赤松

マタタビの白い葉が見えたので、車を停めて眺めると花が咲いていました。

これも今頃なら葉で特定できます。

ところで、まだ果実には至ってないので採取はできません。

そのうち大きくなった虫こぶの入った果実を焼酎につけて、マタタビ酒を作ろうかと思います。

滋養強壮になるとのことなので弱った体を・・?

 

コメント (7)