晴耕雨読で住まいを造ろう

都会を離れ農的暮らしをしながら、日々住まいについて考え、家造りを家族と共にDIYで実現させた日記・・その後

落花生の殻の剥き方

2011年03月05日 | 野良仕事や日々の生活
 今朝も霜が降りました。でも室温は15度。
あと数回こんな日を繰り返せば春になるんですよね。
そろそろ沢に生えるセリが気になる頃です。



 さて。

まぁ どうでも良いことだけど、最近発見したので書きたくて・・


くるみ割りとか栗の皮むきなんてのは、それなりの道具を使わないと出来ませんが、出来そうで意外と面度臭いと思っている人の多い落花生の殻剥き。

自家製の落花生を食べ過ぎないように毎日10個程度を食べていますが、殻を割るコツを知ると片手で簡単に剥けます。

まず落花生のここ↓ 丸印のところに注目



えくぼのような凹みがあるでしょう。

ここを親指で押すと



パチッと簡単に割れます。

 なぜ簡単に割れるか?

理科が好きな男の子だったら・・解るよね。



 それと生の落花生。うちでは電子レンジの強で2分+2分くらい・・4~5分というところでしょうか。
パーンと二つ三つ割れるくらいに熱します。

でもすぐには食べられません。
渋皮が剥けないのです。

中の水分を抜くために一晩おくと、豆と渋皮が剥ぎやすくなり、適当な器に入れておいて、思いついたらパチッと割って・・
油脂分が多いのか、食べ過ぎると堪えますね~。

ほどほどに。




にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ ←これは押しても割れません

ピーナッツ なんきんまめ らっかせい (かがくのとも傑作集)
こうやすすむ
福音館書店

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 今朝の冷え込み | トップ | コメリの薪ストーブ(tbi-605A) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

野良仕事や日々の生活」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事