晴耕雨読で住まいを造ろう

都会を離れ農的暮らしをしながら、日々住まいについて考え、家造りを家族と共にDIYで実現させた日記・・その後

菜園の災難

2017年05月06日 | 野良仕事や日々の生活
追肥と土寄せも済ませたジャガイモの畝(上の畑)。だいぶ葉も茂ってきて、昨年の長雨による失敗を、ばん回できるかと思いきや、今年初めて獣の被害に会いました。




たぶん、イノブタだと思います。10年ほど前には別な場所で収穫直前のスイカを食べられたことがありますが、あれは別の場所の事件。ここへ来て、数年前から出没する話は近所の方から聞く程度で、我が菜園は山に近くないので、大丈夫と思ってました。

でも年々電気柵とかワイヤーメッシュによるフェンスなどの設置を近所の畑で多く見るようになって、被害が大きくなってきているのかな~と、ぼんやり思う程度でした。

何の対策も取らなかった私が悪いのですが、これからは、そうもいかないので・・

なにか対策を考えましょう。

奴らにも、好みの食べ物があり、イノブタは芋類やスイカの類が好きなようです。
同じ畑で育っている、アスパラ、そら豆、玉葱などには手を付けていませんでした。しかし玉ねぎは少し踏み荒らされているので、やはり問題です。

電気(ショック)柵の設置は、以前仕事に出かけていた 花さじき で経験していますし、効果はあります。でも個人が設置するには、かなりの投資が必要になり、家庭菜園者としては、ちょっと辛いものがあります。それと菜園者などの畑への出入りも面倒になります。フェンスの類も同じこと。

そこで考えたのは、次のようなもの。

【2016の最新バージョン】猫よけ AngLink 動物撃退器 猫 対策 退治 駆除 ソーラー式 防水 超音波とLED強力フラッシュ 害獣 害鳥 犬ネズミ カラス コウモリ 狐アライグマハクビシンげっ歯類などに対応
クリエーター情報なし
AngLink


実は、上の畑は溜池に隣接していて、小さいながらも毎年カモが子育てにきますし、サギがえさ場として利用しているようですので、これらを撃退したくない。
このソーラー式は指向性があるようなので、池を背にして畑側にフラッシュライトのようなものを当てれば、カモたちには迷惑にならないかも・・と考えます。価格も無理しない価格だし。


『家庭菜園』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« メルアドの話の続き | トップ | とりあえず獣対策を »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

野良仕事や日々の生活」カテゴリの最新記事