DUKE Train

台湾・京都中心に最新のニュースをお届けします

南極撮り続けて52年の日本人写真家、台湾の民間団体から表彰される

2018年10月31日 | 台湾ニュース

呂秀蓮元副総統(左)から賞状を受け取る池田宏さん(中央)



(台北 31日 中央社)長年にわたって南極を取材し、現在台北市内で写真展を開催中の写真家、池田宏さん(84)が28日、生命の熱愛を実践する人々に贈られる「地球熱愛生命奨章」を台湾の慈善団体「周大観基金会」から授与された。同基金会によると、池田さんは来年度枠の前倒し受賞だという。

池田さんは32歳の時、アルゼンチンの軍艦に乗船して初めて訪れた南極の美しさに魅了され、南極に足を運んだ回数はその後の52年間で24回に上る。近年では南極に旅行する人が増えたことなどから観光客が無自覚に環境や動物に悪影響を及ぼすことを懸念し、世界各地で写真展を開催。写真と文字を通じ、省エネを実践して地球最後の楽園を守ろうと呼び掛けている。

台湾では「南極先生」と呼ばれる池田さん。約30点の作品が展示される台湾での個展は、南極の旅の途中で台湾人と知り合ったのがきっかけで実現したという。

個展「愛恋南極半世紀」は台北市の1839当代芸廊で来月18日まで。入場無料。

コメント

建築家・隈研吾さん、台湾初の展覧会を台中で 屋外に大型作品も

2018年10月31日 | 台湾ニュース









(台中 31日 中央社)建築家、隈研吾さんの展覧会が11月3日から中部・台中市の中心部にある勤美術館で始まる。隈さんが台湾で展覧会を開くのは初めて。

同美術館は、緑の遊歩道「草悟道」のそばにある。小学校だった場所を改装して造られた美術館で、校舎を再利用した展示スペースのほか、広々とした屋外でも作品の展示を行っている。同展は「隈研吾的材料公園」をテーマに、竹、木、紙、繊維などさまざまなマテリアルにスポットを当て、隈さんの世界各地の建築作品の模型など約40点を展示。中部・苗栗県の竹など台湾の素材を使った作品や、屋外に設置された大型の作品もある。

開幕に先駆け、29日、隈さんを招いての記者会見が同美術館で開催された。隈さんは、台中は緑豊かで、天気も心地よく、他の都市にはこのような緑はないと語る。同展が東京、上海に続いて3カ所目での開催となることに触れた上で、台中の緑に合わせて今回の展示のテーマを「材料公園」としたと話した。

同美術館は隈さんの設計で改築される予定で、同展では完成予想の模型を展示している。環境に溶け込むような「負ける建築」を提唱している隈さん。「勤美の森」をコンセプトに自然と建物の境界をなくし、草悟道周辺の環境を主役に据え、同地の芸術文化や生活との共生を目指す新たな美術館に生まれ変わらせる。隈さんによれば、自身の「負ける建築」を最も代表する作品になるという。

同展は12月30日まで。

コメント

中国から追放のドイツ人学生、台湾支持表明 中国のドイツ紙批判受け

2018年10月31日 | 台湾ニュース

David Missalさん=ツイッターから



(ブリュッセル 30日 中央社)呉ショウ燮・外交部長(外相)のインタビューを掲載したドイツ紙に対し、中国の在ドイツ大使館は26日、同紙の報道に「一中一台」(一つの中国、一つの台湾)を形成する意図があるとして、抗議文を発表した。これを受けて、人権派弁護士に取材をしたレポートをきっかけに今年8月、中国を追い出された元北京清華大ドイツ人留学生のDavid Missalさんは28日、自身のツイッターで、「台湾は事実上、中国から独立しており、民主主義を有する」と台湾を支持する立場を示した。(ショウ=金へんにりっとう)

ドイツ大手紙、南ドイツ新聞は26日付で、呉部長のインタビューを掲載。呉部長は、中国はいまだに台湾の民主化の進展に干渉しており、台湾の民主化の成功は中国の手本になると語った。

中国の在ドイツ大使館は26日の声明文で、「南ドイツ新聞の報道は故意に“一中一台”を形成しようとし、国際社会とドイツ政府の“一つの中国”原則を軽視している」と指摘し、「厳重な不満と断固とした反対」を表明した。また、「“台湾独立派”のドイツでの活動が双方(中国とドイツ)の関係および地域の平和と安定に与える破壊性と危険性をはっきりと認めるべき」とドイツに呼び掛けた。

Missalさんのツイッターの内容に対して、中華民国駐ドイツ台北代表処(大使館に相当)は、Missalさんは中国に言論の自由が一切なく、メディアは共産党政権の代弁者でしかないことを分かっていると言及し、台湾に対する正義感のある発言は「徳は孤ならず必ず隣あり」として台湾が民主主義を守ってきたことを映し出したものだとコメントした。


コメント

「シロクニ」運転再開へ 京都鉄博で1年半ぶり

2018年10月31日 | 京都の鉄道



京都鉄道博物館(京都市下京区)のスター、蒸気機関車(SL)C62形2号機が11月初旬から、1年半ぶりに煙を上げて走り出す。2013年以来の大規模修理を終えた。

愛称は「シロクニ」。全長21・5メートルと国内最大の旅客用SLで、かつて東海道線の特急「つばめ」や函館線の急行「ニセコ」を牽引(けんいん)。アニメ「銀河鉄道999」のモデルにもなった。戦後、49両の同型機が造られたが、現存は5両。うち3両が同館に保存されている。

 2号機は製造から70年が経過した。同型機で唯一、今も自走できる車両だ。黒光りした車体に、銀色のツバメマークが輝く。特急「つばめ」の牽引機の証しであり、現存の5両のなかでも2号機だけの装飾だ。

コメント

一休寺副住職、自分流情報誌「Donuts」創刊

2018年10月31日 | 京都のニュース



 室町時代の禅僧の一休宗純(一休さん)が晩年を過ごした京田辺市の一休寺の副住職、田辺宗弘(そうこう)さん(39)が今月、情報誌「Donuts(ドーナツ)」を創刊した。お気に入りの料理店やパン屋、コラム、お寺に関する情報が掲載され、「発信したいことを詰め込み、好きなようにつくった」という。

 掲載店は、足を運んで味を確かめ、気に入ったところばかり。市内外のイタリアンや洋菓子、そば屋などをカラー写真を添えて紹介している。一休寺の企画展にまつわる裏話や、寺特産の「一休寺納豆」のコーナーもある。

 JR東海の観光キャンペーン「そうだ 京都、行こう。」の舞台に一休寺が選ばれ、創刊を思い立った。

コメント

「あかんやつ」?“焼かないと”有と無しとで大違い

2018年10月31日 | 京都のニュース



客に生レバーを提供したとして焼き肉店の経営者が逮捕された。メニュー表には「あかんやつ」と書かれていた。

 京都市の焼き肉店。店先の看板をのぞくと、「あかんやつ」。クエスチョンマークの上に書かれた謎のメニュー「あかんやつ」とは。そう、今や幻となった生レバーだ。警察は7月、客2人に対して牛の生レバーを提供したとして、焼き肉店経営の本間忠相容疑者(43)を食品衛生法違反の疑いで29日に逮捕した。牛の生レバーは2011年、5人が亡くなった焼肉酒屋えびすの集団食中毒事件や牛の肝臓内部から腸管出血性大腸菌が見つかったことなどを受け、2012年に厚生労働省が提供を禁止している。本間容疑者は容疑を否認。取り調べに対し、こう説明しているという。

 本間容疑者:「『あかんやつ』とは『焼かないとあかんやつ』という意味」

 禁止されているというあかんではなく、焼かないとあかんだったというのだ。しかし、警察によると、本間容疑者は十分な加熱が必要などと客に説明しなかった疑いが持たれている。

ところで、どうしてあかんやつの存在が明るみに出たのかというと実は、警察官がプライベートで店を訪れたことなどで発覚。加熱の指示がないことを確認したという。また、警察は同様の疑いで別の飲食店の経営者2人も逮捕した。逮捕された3つの店で食中毒は確認されていないという。

テレ朝news

コメント

特急プユマとタロコ、運転席2人体制開始 安全性向上に期待

2018年10月30日 | 台湾ニュース

30日から運転席2人体制が始まる特急プユマ号





(台北 30日 中央社)死傷者200人以上を出した特急プユマ号の脱線事故の再発を防ごうと、台湾鉄路管理局(台鉄)は30日、特急プユマ号とタロコ号で運転席に運転士と助手の2人を乗務させる体制を導入し、2人体制での運行を始めた。列車の安全運行に関する作業を着実に実行し、安全、安心な輸送サービスの提供に取り組む。

2人体制では、操縦を担当する運転士と助手を務める見習い運転士が同時に乗務する。台鉄によれば、免許取得済みの運転士は現在1113人。2人体制実施に合わせ、技能講習中の見習い運転士228人と運転士候補10人が投入される。

台鉄の労働組合からは、人手不足の問題も指摘されている。これについて呉宏謀交通部長(交通相)は30日の立法院院会(国会本会議)で、定年退職から間もない運転士に協力を仰ぐ方針を示した。

交通部(交通省)の祁文中・常務次長は同日午前、台北駅でプユマ号に乗車し、2人体制での運行の状況を視察した。

プユマ号脱線事故発生を受け、台鉄は全面的な点検を実施している。中でも自動列車防護装置(ATP)が焦点となっており、安全が確認されるのを待って、2人体制をひとまず終えるとしている。事故発生時にはATPは切られていた。プユマ号の運転を担当している台鉄の運転士の一人によれば、ATPは故障率が高く、故障の際に支援を要請したとしても、人手不足のため別の運転士が派遣されない場合も多々あったという。

コメント

米海軍作戦部長、台湾海峡における航行の自由「引き続き守る」

2018年10月30日 | 台湾ニュース

米海軍のリチャードソン作戦部長



(マニラ 30日 中央社)米海軍のジョン・M・リチャードソン作戦部長は29日、台湾海峡について、その一部は国際水域だとし、「誰でも航行可能だ」との見方を示した。また、これらの海域は「航行の自由」の基礎となる公共領域だと述べ、同海域において米海軍は「航行の自由を引き続き守る」との方針を示し、台湾は米国を「頼りにしてもいい」と述べた。

リチャードソン作戦部長はフィリピンを訪問。同日午後の記者会見で、台湾海峡の現状などに関する中央社の記者の質問に答えた。米軍は今後も国際法が認める範囲内で作戦行動、航行、飛行を行うと説明。台湾海峡での作戦行動の実施については「それを推測するのは健全ではない」との見方を示しつつ、今後も航行の自由を引き続き主張する姿勢を強調した。

22日、米国の軍艦2隻が台湾海峡を通過。米国は航行について「開かれたインド太平洋への注力を示す」ものだと説明した。総統府の黄重諺報道官は、地域の安全、安定につながる努力を好意的に受け止めるとのコメントを発表した。

コメント

隈研吾さん設計「積木館」、台中花博に ツバキ1200種を展示

2018年10月30日 | 台湾ニュース

隈研吾さんが設計した「台開三角積木概念館」



(台中 30日 中央社)11月3日に中部・台中市で開幕する台中フローラ世界博覧会(台中花博)の后里森林園区に、建築家の隈研吾さんが設計した「台開三角積木概念館」が設置される。来年4月までの期間中、同館では計1200種類余りのツバキを前後して展示し、来場者に建築と花の美しさを紹介する。開幕を前に29日、同館が報道陣に公開された。

同館は企業パビリオンとして、不動産開発大手の台湾土地開発が手掛けた。台中市政府都市発展局によると、同館は積み木をモチーフに、三角形の積み木の構造で子供らしさと創造力を表現した。

開幕初期は第一弾として98種、計369本のツバキを展示する。

隈さんはこれまでにも、台湾土地開発が手掛ける多数の施設の設計に携わっている。

コメント

特急プユマとタロコ、30日からツーマン運転に 交通相「安全を確保」

2018年10月30日 | 台湾ニュース

特急プユマ号



特急タロコ号



(台北 29日 中央社)台湾鉄路管理局(台鉄)は30日から、運転士が2人乗務するツーマン運転を特急プユマ号とタロコ号で開始する。呉宏謀交通部長(交通相)が29日の記者会見で発表した。運転士に運転業務に専念させ、安全を確保するのが目的だとしている。

21日、北東部・宜蘭でプユマ号の脱線事故が発生。乗客18人が死亡し、200人超が重軽傷を負った。政府は事故原因の調査を進めるとともに、台鉄の抜本改革に乗り出す姿勢を示している。

ツーマン運転を行う運転士の人手について呉部長は、負担可能な範囲内だとし、職員の訓練を今後強化していく方針を示した。

台鉄に関しては、慢性的な人手不足が指摘されている。29日、「台湾鉄路産業工会」など複数の労働組合が交通部に集まり抗議活動を行った。組合側は、業界内の人手不足や過労などの問題を同部が長い間放置したため、公共の安全に影響を及ぼしていると主張している。

同会の蕭農ウ秘書長は脱線事故について、原因は運転士や末端の社員たちにあるのではなく、制度全体の問題だと指摘。台鉄に対し、人手不足の解消を求めた。(ウ=王へんに禹)

コメント

居留証の個人番号、付番規則を身分証と統一へ 外国人の利便性向上

2018年10月30日 | 台湾ニュース

移民署で居留証を申請する外国人ら





(台北 29日 中央社)台湾の在留資格を持つ外国人の身分証明書となる居留証(ARC)に記載されるIDナンバー(統一証号)に、国民身分証と同様の付番規則が適用される見通しが明らかになった。内政部が28日、発表した。台湾は外国人人材の誘致を推進しており、外国人の生活利便性を向上させることで、人材の獲得とつなぎ留めを図る。

現行の居留証に付与される番号は「アルファベット2文字+アラビア数字8文字」の組み合わせになっている。一方、中華民国の国民に与えられる国民身分証の場合は「アルファベット1文字+アラビア数字9文字」。付番の規則が異なるため、インターネット上で買い物や予約、会員登録などをする際に居留証のIDナンバーでは利用できないケースもあり、不便が生じていた。

内政部移民署の官僚によると、実施の具体的な時期は未定。システムの修正に関わるため、早急に各部会(省庁)と会議を開き、協議していくという。

移民署によれば、現在の居留証所持者数は概算で約100万人。内訳は出稼ぎ労働者69万人、ホワイトカラー3万人余り、身分証未取得の「新住民」(中国や東南アジアからの移民)約30万人となっている。

コメント

叡山電鉄が全線運転再開

2018年10月30日 | 台湾ニュース



関西を中心に大きな被害が出た9月の台風21号により、一部区間で運転できなくなっていた京都の叡山電鉄が、紅葉シーズンを前に27日から全線での運転を再開し、29日も観光客が訪れています。

京都市左京区の出町柳と鞍馬をむすぶ叡山電鉄鞍馬線は、京都市北部の山あいの観光地に向かう客が、紅葉の時期を中心に大勢利用しますが、9月4日の台風21号の暴風による倒木で、一部区間で運転できなくなりました。

その後、復旧作業が進み、最後まで運休が続いていた貴船口と鞍馬の間でも27日運転が再開され、およそ2か月ぶりに全線での運転が再開されました。

鞍馬駅の駅前にある天狗(てんぐ)の像には「鼻を長くして待ってたよ」と書かれた漫画の吹き出しが取り付けられ、駅に降り立った観光客が写真に収めていました。

埼玉県から訪れた50代の女性は、「鞍馬に来るのは初めてで、車窓から見ると多くの木が倒れていて、こんなに大きな被害だと知りませんでした。復旧してよかった」と話していました。

母親と一緒に兵庫県から訪れた20代の女性は、「鞍馬に来るには車では時間がかかるので電車が使えると助かります」と話していました。

叡山電鉄によりますと、鞍馬周辺では草木が徐々に色づいてきていて、例年、11月中旬には紅葉が見頃を迎えるということです。

【関係者ら安どの声】
叡山電鉄が全線で運転再開されたことについて、関係者からは安どの声が聞かれました。

叡山電鉄によりますと、運休により、9月と10月の合計利用者数は去年より7万人ほど少なくなる見込みだということですが、11月3日からは、線路沿いの紅葉や神社をライトアップするなどして客を呼び込みたいとしています。

叡山電鉄総務部の元英輝係長は、「過去にない大きな被害でしたが、再開してほっとしています。沿線のお客や商店主から『待っていたよ』と声をかけられ、よかったと実感しています。まもなく紅葉が美しい季節になるので、秋の京都観光を電車で楽しんでほしい」と呼びかけていました。

鞍馬駅に近い鞍馬寺の門前でつくだ煮店を営む渡邊伊織さん(65)は、「お客がほとんど来ず、最大で10分の1程度にまで減りました。期待するまでにはいきませんが、お客が戻りつつあるので、まずはほっとしています」と話していました。

(NHK)

コメント

紅葉シーズン開幕、山沿いで木々色づく 京都・岩倉実相院

2018年10月30日 | 京都のニュース

色づき始めたモミジ



朝夕の冷え込みが増す中、京都市内の山沿いで木々が色づき始めた。左京区岩倉の実相院では一部のモミジが赤く染まり、紅葉シーズンの始まりを告げている。

 京都地方気象台によると、今月の市内の最低気温は21日に10・0度と11月上旬の気温まで下がったが、その後は平年並みで、11月以降は高めで推移するという。今秋の紅葉について府立植物園の担当者は「夏の猛暑の影響は少ないだろう。今年は秋が2週間ぐらい早く訪れているように感じる。ゆっくりと気温が下がれば、12月中旬ごろまで長く楽しめるだろう」と話す。

 実相院では例年、最低気温が市内中心部より低く、紅葉の始まりが早いという。200本あるモミジのうち、池の周りの先端部分が色づいているが、今後境内全体が順次色づき、11月中旬ごろから見頃になるという。

(京都新聞)

コメント

巨大スギ6分割 台風21号で倒れ

2018年10月30日 | 京都のニュース

競りにかけられた南丹市八木町神吉の日吉神社のスギの大木



台風21号で倒れた京都府南丹市八木町神吉、日吉神社の樹齢約400年のスギがこのほど、京都市右京区京北の北桑木材センターで競りにかけられた。6等分され、最大の丸太(直径1・38メートル、長さ4メートル)を京都市内の業者が342万円で落札した。

 神吉地区でスギの種を取る母樹として長年利用されてきた木で、根元付近は直径1・9メートルあり、1970年に設立された同センターが扱ってきた材木で最大という。

 4メートルの長さに6等分されて競りにかけられ、他の5本も京都市と秋田県、奈良県の業者がそれぞれ落札した。

(京都新聞)

コメント

牛生レバー提供か経営者3人逮捕

2018年10月30日 | 京都のニュース



府内3つの飲食店で、法律で禁止されている牛の生レバーを客に提供していたとして、3つの店舗の経営者が29日、食品衛生法違反の疑いで警察に逮捕されました。

逮捕されたのは、京都市中京区の焼き肉店「ちりとり鍋ごっこや」の経営者、本間忠相容疑者(43)など、焼き肉店や居酒屋3つの店舗の経営者3人です。

警察によりますと、3人はことし7月や8月に、牛の生レバーを十分に加熱するように注意せず客に提供していたとして、食品衛生法違反の疑いが持たれています。

調べに対して、本間容疑者など2人は容疑を否認し、1人は容疑を認めているということです。

牛の生レバーは重い食中毒を引き起こす危険性が高いとして、平成24年から客に出すことが禁止されていますが、ことし、これらの3店舗にたまたま食事に訪れた警察官や一般の客が生レバーを提供していることに気づき、通報しました。

警察によりますと、3つの店舗では、レバーを焼く必要があることを客に説明せずに提供したり、焼くための器具を出さなかったりしていたということです。

これまでのところ、客に健康被害が出たという情報はないということです。

警察は、生レバーを提供し始めた時期など、さらに詳しい状況を調べることにしています。

(NHK)

コメント