DUKE Train

台湾・京都中心に最新のニュースをお届けします

台湾・高雄の観光プロモーションイベント「嵐山駅 駅ナカスタンプラリー」開催

2019年04月23日 | 京都のニュース



京都・嵯峨嵐山には、毎年台湾からたくさんのお客様がお越しになります。
特に、台湾の高雄市と、もみじの名所・高雄がある京都市右京区とは交流がさかんです。

右京区内を走る嵐電と、台湾・高雄市で地下鉄・ライトレールを運営する高雄捷運股份有限公司(通称「高雄メトロ」)とは、嵐電と姉妹提携関係にある江ノ島電鉄の紹介で、2017年6月8日に観光連携協定を締結、相互PRなどを実施しています。

嵐山駅はんなり・ほっこりスクエアでは、台湾・高雄をもっと身近に知っていただこうと、6月2日(日)まで、高雄市の観光パンフレットの配布やプロモーションビデオの上映、スタンプを集めると高雄メトロのオリジナルグッズなどがもれなく当たる「駅ナカぐるっとスタンプラリー」を開催します。


2019年04月16日(火)~2019年06月02日(日)

初日の4月16日には、来日している高雄メトロの郝建生会長と嵐山保勝会・石川暢之介会長、京福電気鉄道・岡本光司社長とで、イベントスタートのテープカットを行い、高雄市と嵐山のこれまで以上の友好・交流を約束しました。




嵐電も、台湾と京都の交流にさらにいろいろなお手伝いができればと考えています。
嵐山駅にお越しの際には、キモノフォレストなど駅ナカをめぐってスタンプラリーで遊んでいただきながら、高雄のパンフレットなどをぜひ手に取ってみてくださいね。


スタンプラリー









『イベントニュース』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 台湾の警備艇、投石の中国漁... | トップ | 高雄を身近に 京福電鉄嵐山駅... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

京都のニュース」カテゴリの最新記事