DUKE Train

台湾・京都関連中心に日々のニュースを取り上げています。

国軍、東部海域で訓練=電子戦部隊発足後、初参加

2018年10月16日 | 台湾ニュース

龍潭(桃園市)で行われた「地対空合同作戦」演習の様子
(2018年10月9日撮影)



(台北 15日 中央社)国軍は16日と17日、台湾東部海域への攻撃を想定した陸海空軍による合同訓練を実施する。この訓練には電子戦部隊「国防部(国防省)参謀本部資通電軍指揮部」が昨年6月末の発足以来、初めて参加する。

国軍の軍艦と戦闘機が敵役を演じ、東部・花蓮の空軍基地に所属するF16戦闘機や海軍、陸軍が応戦する。国軍の資料によると、11日と12日、15日に予行演習が実施された。また、15日午前には空襲を想定した訓練も行われた。

『社会』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 日本統治時代建設の厩舎、馬... | トップ | 台鉄のカレンダー、東部の美... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

台湾ニュース」カテゴリの最新記事