DUKE Train

台湾・京都中心に最新のニュースをお届けします

日本、開幕戦快勝 ラグビーW杯、4トライでロシア下す

2019年09月21日 | 京都のニュース

ラグビーW杯の初戦を勝利で決めファンの声援に応える日本フィフティーン
(味の素スタジアム)




アジアで初開催となるラグビーのワールドカップ(W杯)日本大会が20日、東京・味の素スタジアムで開幕した。1987年に始まった4年に1度の祭典は今大会で9回目。9大会連続出場で初のベスト8入りを目指す日本はロシアとの開幕戦に臨み、4トライを重ねて30-10で快勝した。

 試合前に行われた開会式ではグラウンドに映像が投影され、日本の伝統芸能をイメージしたパフォーマンス、和試合前に行われた開会式ではグラウンドに映像が投影され、日本の伝統芸能をイメージしたパフォーマンス、和太鼓の演奏が披露された。国際統括団体ワールドラグビーのビル・ボーモント会長はアジア初開催の日本に向けて「大いに誇りを持ってください。皆さんは歴史をつくった。史上最高のW杯をつくり上げてください」と呼び掛けた。

 日本は開始早々にハイパントの処理をミスして先制トライを許したが、WTB松島(サントリー)が3トライを挙げて突き放した。A組の日本は次戦で世界ランキング1位のアイルランドと28日に静岡・エコパスタジアムで対戦する。

 大会には史上初の3連覇に挑むニュージーランド、優勝2度の南アフリカとオーストラリア、欧州勢で唯一頂点に立ったイングランドなど計20チームが出場する。5チームずつ4組に分かれて1次リーグを戦い、各組上位2チームが決勝トーナメントに進む。

 決勝は11月2日に横浜・日産スタジアムで行われ、優勝チームはトロフィー「ウェブ・エリス・カップ」を手にする。ラグビーW杯は五輪、サッカーW杯に次ぐ規模の国際スポーツ大会で、組み合わせ抽選会は2017年5月に京都迎賓館で行われた。   

 京都新聞  
 

コメント   この記事についてブログを書く
« 地域おこし協力隊員の男性、... | トップ | 狂言師の五世茂山千作さん死... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

京都のニュース」カテゴリの最新記事