DUKE Train

台湾・京都中心に最新のニュースをお届けします

超激辛 栄児家庭料理 麻婆豆腐 閉店

2008年02月19日 | 激辛 超激辛料理

閉店 板橋区 四川料理
栄児家庭料理  麻婆豆腐




店名:栄児家庭料理 ろんあーる かていりょうり
住所 : 東京都板橋区板橋3-34-12 
TEL : 03-3961-9188
時間 : 11:30 ~ 14:30 / 17:30 ~ 21:00
休み : 日曜
交通・地下鉄・新板橋、下板橋から徒歩8~10分
池袋駅西口から「高島平操車場」行きのバスへ、「板橋区役所」バス停下車







中仙道からかなり奥まった場所にあり、住宅街ど真ん中です。
近くには飲食店は見当たりません。

開店直後に到着、店頭ではお掃除を終えたところ。

IMG_0001_edited.jpg


清潔感漂う店内、まだ11時30分、
この後、立て続けにグループ単位でお客さんが入ってきます。
お店の半分が女性でした。

IMG_0002_edited.jpg



IMG_0003_edited.jpg



本棚から雑誌を手に取るとトップページにこのお店が何ページにもわたり
詳しく取り上げられていました。

麻婆豆腐以外にもお勧めメニューが載っています。

IMG_0006_edited.jpg


IMG_0004_edited.jpg


IMG_0005_edited.jpg



まず最初にサラダと餃子のタレが到着。
サラダはごま油が入っているようで香りが素晴らしい。
野菜の食感がシャキシャキしておいしい。

タレには黒酢が入っているようで少しキツイ香りが鼻をつきます。
私は好きなのでイイ感じ!!



IMG_0007_edited.jpg



本命の麻婆豆腐が来ました、
“辛いですよ、大丈夫?”・・・・・多分ね、と答えたものの噂では半端な辛さではないとの事、

激辛好きな日本人でも残す人が多いという話もあります。

一口目、ラー油の辛さは想定内です、でもかなり辛い!!(ラー油は毎日、手作り)
でも味わった事の無い辛さが感じられます。

唇が辛~~い!!痺れる~!!

これが花椒(ホアジャオ)か?
四川特産の山椒に大量の唐辛子が入っているようです。
舌には強烈には感じないものの唇に痺れが走ります。

強烈に舌に飛び込んでくる辛さのカレーや後頭部を襲う辛さのキムチ。
しかし、唇に襲い掛かる辛さは初めてでした。

しか~~し、辛さの中にコクと旨みが詰まっています。
この痺れを伴った辛さはそのうち慣れてくるんだろうな~、
こいつは癖になってしまいそうです。










その他にも担々麺がおすすめ料理だそうです。

私以外のお客さんはほとんどの人が担々麺でした、

みなさん“辛さほどほどに”との事でした。


辛いのが好きな人は是非!
このほかにも「紅油水餃」と隣の人が食べていた「汁なし坦々麺」もおいしそう。

コックさん、忙しいのにポーズを取ってくれました。

IMG_0010_edited.jpg



オーナでコックさんの丸藤(旧姓・周)さん、おいしい料理が食べたくてお店を探したものの
見つからずご自分でお店をこの地にオープンさせたそうです。


IMG_0011_edited.jpg






『グルメ』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
« 京都のお土産 | トップ | 上野松坂屋「北海道展」 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

激辛 超激辛料理」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

くちこみブログ集(タウン): 栄児 家庭料理 本郷店:ロンアール(四川料理) by Good↑or Bad↓ (くちこみブログ集(タウン)(投稿募集中)by Good↑or Bad↓)
「栄児 家庭料理 本郷店:ロンアール(四川料理)」に関するブログのくちこみ情報で、みんなの参考になりそうな記事を集めています。自薦による登録も受け付けているので、オリジナルくちこみ情報のブログ記事があったら、どしどし投稿してください。