DUKE Train

台湾・京都中心に最新のニュースをお届けします

祇園の火災、電気配線ショートで出火の可能性 天井裏激しく燃焼

2019年07月11日 | 京都のニュース

出火元の高橋会館(手前)を調べる市消防局職員




京都市東山区花見小路通四条下ルで8日夜に老舗お茶屋など計5棟が焼けた火災で、出火元は南北に並ぶ5棟のうち真ん中の建物「高橋会館」だったことが10日、市消防局への取材で分かった。出火原因の特定には至っていないが、建物1階の天井裏が激しく燃えているといい、電気配線がショートするなどして出火した可能性もあるとみて調べている。

 市消防局によると、高橋会館は木造2階建て。日本料理店やスナックなど飲食店4店舗が入居していたが、出火当時、厨房などで火気の取り扱いはなかったという。1階天井裏のスペースには電気配線などが設置されていたとみられ、市消防局は、何らかの原因で配線に異常が生じた可能性もあるとみている。

 火災は8日午後9時15分ごろに発生した。高橋会館と隣接する老舗お茶屋「吉うた」や京料理店「美登幸」など5棟の計延べ約600平方メートルが焼けた。火は9日未明にほぼ消し止められたが、建物が崩落する危険性などがあり、市消防局が鎮火を確認できたのは10日午前7時半すぎだった。
 

コメント   この記事についてブログを書く
« 跟著我們一起探訪山城木,看... | トップ |  町家にハードロックカフェ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

京都のニュース」カテゴリの最新記事