DUKE Train

台湾・京都中心に最新のニュースをお届けします

警察官が高齢者から金だましとる

2019年06月16日 | 京都のニュース



京都府警察本部の38歳の巡査長が、特殊詐欺の対策で知り合った70代の男性から現金およそ1200万円をだまし取ったとして、詐欺の疑いで逮捕されました。
調べに対し容疑を否認しているということです。

逮捕されたのは、京都府警山科警察署の地域課に勤務する巡査長、高橋龍嗣(38)容疑者です。
警察によりますと京都市伏見区の交番に勤務していた去年11月、1人暮らしの70代の男性から現金1180万円をだまし取ったとして、詐欺の疑いが持たれています。

特殊詐欺の対策として、金融機関の多くは高齢者が多額の現金を引き出そうとした際警察に通報していますが、これまでの調べで、高橋巡査長は去年11月、こうした通報で金融機関に出向き男性と知り合っていました。

警察によりますとその後、男性の自宅に出向き、「預かっておく」などと言って家にあった現金だけでなく改めて現金を引き出させていて、ことし4月に男性から相談を受けた警察が捜査を進めていました。

調べに対して預かった現金について「投資に使った」などと供述する一方、「あとで返すつもりだった」と容疑を否認しているということです。

警察は15日、勤務する山科警察署や自宅を捜索し、さらに経緯を調べています。

京都府警察本部の姫野敦秀 首席監察官は「府民の信頼を著しく損ねるものであり、言語道断。捜査結果などを踏まえ、厳正に対処する」とコメントしています。

NHK

コメント   この記事についてブログを書く
« 京都)囃子方の衣装完成 今... | トップ | 台湾で香港支援のデモ 「中... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

京都のニュース」カテゴリの最新記事