DUKE Train

台湾・京都中心に最新のニュースをお届けします

台湾発タピオカドリンク「珍煮丹」、渋谷に日本1号店

2019年06月08日 | 臺灣グルメ IN 東京

(シブヤ経済新聞)



「MAGNET by SHIBUYA109」にオープンする日本1号店外観







台湾発タピオカドリンクブランド「珍煮丹(ジェンジュダン)」の日本1号店が6月14日、渋谷駅前「MAGNET by SHIBUYA109」(渋谷区神南1)7階のフードフロア「MAG7」にオープンする。経営は宏勝商事(豊島区)。

2010年、台北・士林(しりん)夜市に1号店をオープンした同ブランド。現在台湾に40店舗以上を展開し、香港や韓国、シンガポールなどにも進出している。店名は、秦の始皇帝が珍珠(=タピオカ)を煮て不老不死の薬「仙丹」を作らせようとしたという台湾の言い伝え「将珍珠煮成仙丹」に由来。「素材にこだわった体にいいものを提供する」という思いを込めている。

 自然素材で添加物を使っていないのが特徴。タピオカは台湾の天然黒糖で作るシロップに漬け込むほか、日本では北海道の牛乳を使う。シグネチャーメニューは「黒糖ミルク」(650円〜)で、アッサムや鉄観音ウーロンなどの「黒糖ミルクティー」(450円〜)、果物の果肉もトッピングするフルーツティー(550円〜)などもラインアップ。氷や甘さが選べ、タピオカ(80円)などのトッピングも用意する(以上税別)。

 営業時間は11時〜23時。


東京都渋谷区神南1-23-10 

コメント (1)   この記事についてブログを書く
« エバー航空、名古屋に就航 来... | トップ | 台湾の10代起業家が違法薬物... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
バブルティー (ハブグレジュンタのマミー)
2019-06-08 08:10:05
こちら(アメリカ中西部)でもタピオカドリンクはバブルティーと言って売られています。店はほとんどの場合、アジア系の人たちによって運営されていて娘も好きです。
半年前だったか、中国で売られているバブルティーがタピオカを使っていないで、古タイヤを切ったもので代替えされていたと書いていたのを見ました。
それを飲んでいた人がレントゲンと撮った時に判明したそうです。まれなケースとは思いますが。なんでもありの中国。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

臺灣グルメ IN 東京」カテゴリの最新記事