DUKE Train

台湾・京都中心に最新のニュースをお届けします

京都の観光名所に野犬多数 住民「群れて怖い」

2019年06月30日 | 京都のニュース






観光名所の嵐山近くの桂川河川敷で野犬が増えている。西京署への通報は3月以降、20件。散歩中に群れを目撃した人もいる。市は、捨て犬が野生化して繁殖したとみている。府警や市は近づかないよう呼びかけている。今月1日にも草むらに置いたおりに雑種らしい子犬が入り、京都動物愛護センター(南区)が預かっている。

 近所の男性は3月上旬、飼い犬の散歩中に何度か野犬を見かけた。「7匹くらいで群れていた。飼い犬じゃないとすぐわかった。あれだけいると怖かった」

 西京署には3月以降、「野犬がうろついている」との通報が相次ぐ。市医務衛生課によると、目撃が集中しているのは、西京区の嵐山東公園や松尾橋近く。昼間は草むらに隠れ、夜になるとエサを求めて動き出すという。

 センターが昨年度、桂川河川敷で保護した犬は42匹。17年度の2匹から急増した。昨年度の捕獲犬は多くが野犬とみられ、子犬が半数以上を占めた。16匹は新たな飼い主が見つかり、渡された。3匹は死んでしまい、人に慣れなかった15匹は殺処分された。8匹については飼い主探しを継続中。今年5、6月にも1匹ずつが捕獲された。

朝日新聞

コメント   この記事についてブログを書く
« G20各国首脳夫人らが京都訪問 | トップ | 祇園祭の魅力や歴史を紹介 ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

京都のニュース」カテゴリの最新記事