DUKE Train

台湾・京都中心に最新のニュースをお届けします

バス停から「ハンケイ500m」の京都紹介 無料誌50号超え

2019年09月28日 | 京都のニュース

「ハンケイ500m」節目の50号の表紙




京都市バスのバス停から半径500メートル圏内で、個性豊かな店や職人気質の人々を紹介する無料マガジン「ハンケイ500m」が、2011年の創刊から8年で50号を超えた。こだわりを持つ大人の京都人を読者に想定し、地下鉄の駅などに配置すると、すぐになくなるほどの人気ぶりという。

 インターネットに載っていない地元の情報を読者に提供しようと、フリーペーパーを製作する「ユニオン・エー」(左京区)が奇数月の10日に発行している。A4判40ページ超で約3万部刷り、市営地下鉄をはじめ市内各地に置いている。

 9月発行の51号では、左京区の「錦林車庫前」周辺を紹介。名物書店「ホホホ座」の移転によって「文化色が色濃くなりつつあるエリア」を取材班が歩き回り、ライブハウスや植物店、紅茶専門店などを豊富な写真とともに紹介した。

 7月に発行した記念の50号では、「四条京阪前」で営業するさまざまなこだわりのある酒場を取り上げた。

 副編集長の呉玲奈さん(44)は「取材するにつれて京都のまちの奥深さを感じる。取材を受けてくれた人の面白さや人間味を伝えていきたい」と話す。バックナンバーは「ハンケイ500m」のホームページで見られる。

京都新聞

コメント   この記事についてブログを書く
« 喫茶店の倒産、最多に迫る 大... | トップ | 「邪気払い」として宗教施設... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

京都のニュース」カテゴリの最新記事